夏に起きやすい

夏に車を運転中に起こりやすい【5つの危険】なトラブルと対処方法!

今回の内容は、『夏に起きやすい車のトラブルが知りたい』と
思う方の悩みを解決できる記事となっています。

なぜなら、私が実際に自分の車で
実証をした為です!

記事内容としてはトラブルを
順にお伝えし、

その都度対処法についても
解説していきいます。

これからの夏安全に過ごすためにも
知っておいて損はないでしょう。

スポンサーリンク

【5つの危険】なトラブルと対処方法!

早速ですが、夏に起こりやすいトラブルには
・エアコン
・バースト・パンク
・バッテリー
・オーバーヒート
・車内温度

5つのトラブルがあります。

どれも夏の間に起こりやすく、
正しい対処ができないと

危険なトラブルばかりです。

もし起こってしまった際に
対処ができるように、

これから先覚えておいて損はない
ものと言えるでしょう!

トラブル1.エアコン

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: +-5.png

夏といえばエアコンが原因の
トラブルが一番多いのではないでしょうか?

特に、暑い日には車内を涼しくするために
エアコンをつける方が多いと思います。

使用頻度にもよりますが、エアコンも
機械なので使う度機能が低下していき、

・臭いの発生
・効きの悪さ
・異音の発生

など様々な原因を引き起こします…

エアコンが元で起こる臭いの発生

臭いの発生には、主にエアコンフィルターに
ほこりが詰まる。

カビが発生する2つの原因が
元で引き起こされます。

エアコンフィルターは、簡単に言えば
外気からきたほこりやごみを受け止める装置ですね。

エアコンには、車内で空気を
循環させる内気導入。

外から空気を取り入れる
外気導入があり、

外気導入をする事で空気と一緒に
ほこりやゴミが侵入するのをフィルターで防いでいます。

このごみやほこりが蓄積される事で、
時間の経過とともにカビや臭いの発生を

引き起こしている訳です。

①エアコンをつける
②フィルターに付着した臭いの元がエアコンの風に乗って車内に広がる。
③エアコンをつけると臭うの順番でなる訳ですね!

対処方法としては、エアコンフィルターを
清掃又は新品交換する事で改善されます。

車のエアコンフィルターの交換時期や交換する事で得られる【4つの効果】とは?
今回の内容は、『エアコンフィルターを交換する事で得られる4つの効果が知りたい』と思う方の悩みを解決できる記事となっています。なぜなら、実際に私自身が車関係にいた際に学んだ知識がある為です!記事の前半では『交換後の4つの効果』...

エアコンが元で起こる効きの悪さ

エアコンの効きが悪くなるのには、
ごみやほこりが付着して

フィルターが詰まる事でもなります。

またもう1つの原因として、
エアコンガスがなくなる事でもなります。

その場合には、エアコンガスを充填
することで改善する事ができます。

エアコンが元で起こる異音の発生

異音は、【カラカラ】【キュルキュル】
といった症状が多いですね。

症状は部位によって様々ですが、
よくあるのが

エアコンベルトやコンプレッサーの故障です。

どちらもエアコンに関係する部品で、

どちらか一方が故障しても
冷房は効かなくなります…

症状を見分ける方法としては、
異音を聞き分ける事です。

・カラカラ→コンプレッサー

・キュルキュル→エアコンベルト

対処方法としては部品を交換する事で
改善できますが、

面倒だからと交換しないといつまでたっても
症状が治る事はありません。

ですので早めの交換を心掛けましょう。

トラブル2.タイヤのパンクやバースト

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: +-6.png

タイヤのパンクやバーストも夏に
起こりやすい症状ですね。

パンク

主にタイヤに異物(くぎやガラスの破片など)が
刺さり空気が抜ける症状ですね。

タイヤのパンクはなぜ起こる?知らないと危険な2つの原因と対処方法
今回の内容は、『タイヤがパンクした際に対処する方法を知りたい』と思う方の悩みを解決できる記事となっています。なぜなら、私が実際に車関係にいた際に経験した知識がある為です!記事の前半では『タイヤがパンクする原因』についてまず解...

刺さり具合によって抜ける
度合いが変わるので、

穴が小さい場合すぐに気づく
事が出来ません…

バースト

バーストは、パンクよりも重い症状で、

パンクの症状が悪化した場合に
起きやすい症状です。

タイヤのバーストを侮ってはダメ!特に高速道路では早めの対処法が必要?
・タイヤのバーストは危険って聞いたけど本当かどうかわからない・バーストが何かわからない・自分でも知っておきたいので詳細を教えてほしいそんな悩みにお応えします。確かに初心者からしてみれば、『バーストってなんだろう?』となりますよね。...

また、タイヤの溝がなくなり
ワイヤーがでる事でも起こります。

トラブル3.バッテリー

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: +-7.png

バッテリーのトラブルは冬に多い
と思われがちですが、

夏場でも同じくらい多いのが現状です。

ただし、夏と冬では発生原因は異なります。

冬は寒さが原因でバッテリー上がりを
起こすのに対して、

夏場は電気使用量。特にエアコンを使用する頻度が
高いほど上がりやすくなります…

バッテリーが弱っている時
などは特にですね。

エアコンは電気の使用量が多いので、

その分弱ったバッテリーには
負荷が大きくなります!

なので、早めに交換する事が最適と言えます。

バッテリーおすすめ10選!車に取り付けると寿命が伸びる物~性能向上まで厳選
今回の内容は、『おすすめのバッテリーが知りたい』と思う方の悩みを解決できる記事となっています。なぜなら、私が実際に車に使用して実証をした為です!記事の前半では『交換する理由』についてまず解説し、後半では実際にオススメのバッ...

ただ、症状によっては充電する事で
済む場合もあります。

また外出先か自宅かで対処できる
方法は変わってくるので、

その時に合った対処を心掛けましょう!

トラブル4.オーバーヒート

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: +-8.png

オーバーヒートは、何もエンジンの熱が
上がり過ぎた時のみで起こる訳ではありません。

外気温が高すぎるために、
冷却性能が追い付かず

起きてしまう場合もあります…

冷却水が少なくなっているときは
特に要注意ですね!

ただ、症状が起きた場合水温や警告灯の
点灯で発見は可能ですが…

もし気づかずに走行を続けてしまうと、
エンジンに大きなダメージを与える結果になります…

そうならない為に正しい対処が必要です。

オーバーヒートの対処方法については
別記事にてご紹介しているので、

参考にしてみてください!

【オーバーヒートが起こる3つの原因と対処】症状からわかる本当に危険な車のトラブル
今回の内容は、『オーバーヒートがわかる3つの原因と対処方法が知りたい』と思う方の悩みを解決できる記事となっています。なぜなら、私が実際に車関係にいた際に経験した知識がある為です!記事の前半では『オーバーヒートの3つの原因』に...

トラブル5.車内温度

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: +-9.png

最後になりますが、忘れてはいけないのが
車内トラブルですね。

特に炎天下の車内では、50℃以上になる事も
少なくありません…

そのような状況でプラスチック
などの溶けやすいもの。

又は関スプレーなどの噴出物を
置いておくことは危険です。

特にスプレー類の噴出物は破裂する恐れがあるのでケガの原因になります。

また高温の車内では、物に触れた際に
熱で火傷をする恐れもあります。

そのため、対策として極力噴出物や
溶けやすいものは置かず、

サンシェードなどで熱対策を
しておくと安全ですね!

夏の対策グッズ5選!炎天下の暑い車内を快適にするおすすめの商品!
今回の内容は、『車内温度を下げる方法が知りたい』と思う方の悩みを解決できる記事となっています。なぜなら実際に、どれが最適なのかを使用したことがある為です!記事の前半では『何故温度が上がるのか』についてまず解説し、後半では便利なグッ...

事前に点検(メンテナンス)を心掛ける事で危険は回避できる!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: +-10.png

車は機械で出来ている為に熱に弱い構造。

つまりは夏の暑い日には様々な
トラブルを起こしやすいです。

ですが、事前にトラブル箇所を
把握する事で、

日頃のメンテナンスは可能です。

結果として外出時でも安全に
走行が可能なので、

普段からのメンテナンス(事前点検)を
心掛け、突然のトラブルを回避しましょう!

(Visited 31 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました