☆彡車種別関連記事☆彡GDB(インプレッサ)

GDB₋F/G型のラジエーターを純正→BLITZの社外品に交換する方法!

今回の内容は、『純正ラジエーターから社外品に交換する方法が知りたい』と
疑問に思う方の悩みを解決できる記事となっています。
なぜなら、実際に私がGDBを使用して
取り付けまでを自分でやったからです!
記事の前半では『選んだきっかけ』を解説し、後半では実際の交換方法をお伝えします。

この記事を読み終えれば、
実際の取り付け方法や

取り付け後の効果についても
わかる事でしょう!

購入しようと思った経緯は?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-31-7.png

まず、何故BLITZ/ブリッツレーシングの
アルミラジエーターを購入しようと

思ったかと言いますと、

値段と性能の2つに惹かれたからですね。

元々は純正ラジエーターを使っていたが…

元々は、インプレッサにて純正ラジエーターを
使用していましたが、

性能の低下で熱対策が追い付かなくなったのが原因でした。

インプレッサに乗ってる人ならわかると思うけど、エンジンの構造上熱をもちやすいのが難点だよね。

悩む人
悩む人

確かに、夏場なんて100℃近くいくときあるよね…

そうそう。それでいて、ラジエーターの性能低下に…なんてなった日にはオーバーヒートの原因にもなるからね…

純正新品を買った所で熱対策が追い付かない…
かといって社外のラジエーターは高い…

購入に至った理由は、値段が安く車屋さんにオススメされたから

ならどうするか…といった時に車屋さんに
オススメされたのが、

ブリッツのアルミラジエーターでした。

悩む人
悩む人

でも、普通車のアルミラジエーターって高いイメージが…

確かにアルミラジエーターって聞くと、7~10万前後のイメージあるから高そうに感じるよね。

悩む人
悩む人

そうそう。高いから欲しくてもなかなか手が出せないんだよね。

そこでオススメなのがブリッツのアルミラジエーターなんだ!

他のが7~10万かかる所を4万以内で購入できるんだ。

そう。アルミラジエーターは、
通常7~10万かかるのが一般的です。

ですが、ブリッツのレーシングラジエーター タイプZSなら、

4万以内で購入できるからオススメなんです。

値段以外にも性能が大きく関係!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-32-2.png

ただ、値段が安いだけでは購入
しようとは思えません。

それ以外に性能が一番大きいですね!

さっき、車屋さんにオススメされたって言ったよね?

それには値段以外に性能が関係してるんだ!

悩む人
悩む人

例えばどんな性能があるの?

・新型の42mm厚コアと大容量タンクになった事で、

大幅な冷却UPを実現

新型のアウターフィンを採用する事で放熱性を高める。

効果が大きいのはこの2つだね!

通常は34mmくらいが一般的ですが、
ブリッツは42mm。

つまり厚さを倍のサイズにすることで、
その分冷却性能が大幅に上がる訳ですね!

また、アウターフィン(ラジエーター外側のフィン)の

形を従来のものとは違うものに変える事で、

放熱性(熱を逃がす力)を上げています。

ブリッツレーシングラジエーターは、
値段が安いだけでなく

性能も申し分ないので、インプレッサの熱対策としては理想と言えますね!

実際にラジエーターの交換をしよう!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-32-3.png

ラジエーター交換にあたり必要な物

では次はいよいよ交換へと入りますが、
その前にまず必要な物を先にご紹介します。

交換前に揃えておくことで、
作業がスムーズにできます。

①ラチェットハンドル&ソケット

ラチェットハンドルとソケットで
組み合わせて使用します。

単体で使用する事はできないので、
セットで揃えておくといいですよ。

オイル交換やタイヤ交換など。様々な用途で使いやすい工具セットになります。

また、使用するソケットは10㎜になりますが、
これからも色々作業をしたいという方は

工具セットを1つ
持っておくと便利ですよ!

③ホースクランププライヤー

ホースクランププライヤー 160mmは、ホースやプラグソケットの脱着に最適なプライヤーで先端と中央の2ヶ所で挟み込める構造になっています。

ホース類のバンドを外す際に使用します。
ない場合にはペンチでも大丈夫です。

④ラジエーター

今回使用するBLITZのレーシング
ラジエーターになります。

F型G型用なので、それ以外は
取り付けできるかどうかは不明です。

※丸目(A・B型)・涙目(C~E型)
で取り付けをする場合は、

適合するかどうかを確認してください。

ちなみに【A・B型専用】で取り付けたい場合は
以下のラジエーターです。

⑤クーラント

ラジエーター交換でホース類を抜くことになるので、補充用のクーラントが必要になります。

実際に私が交換した際にはインプレッサで
8リッター程必要でした。

なので、5リッター入りのクーラントが
2つあると丁度いいです。

また、さらなる冷却効果を期待したい方には、
ラジエーター交換と一緒に

ワコーズのヒートブロックがおススメです。

おすすめのクーラント10選!一般的な冷却~競技でも耐える効果のあるものまで!
今回の内容は、『おすすめのクーラントが知りたい』と思う方の、悩みを解決できる記事となっています。なぜなら、実際に私自身が使用して検証したことがある為です!記事の前半では『おすすめのクーラント』についてまず解説し、後半で...

他にも用途に合わせて使い分けると効果を
さらに実感できます!

BLITZレーシングラジエーターへの交換

それでは、準備ができたら
交換の方に移ります。

交換手順については以下の通りです。

①ボルト類を外す
②カプラーを抜く
③ホース類を外す
④ラジエーターを取り外す
⑤ラジエーターファンを付け替える
⑥ラジエーター取り付け交換後にエア抜き

①ボルト類を外す

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 見出しを追加-15.png

まず初めにラジエーターを固定している
手前のステー2本(赤〇)を外します。

ボルト2本を10㎜のソケットで外すことで
ステーの取り外しができます。

②カプラーを抜く

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 見出しを追加-14.png

ボルト類が外せたら、
ラジエーターファン用の

2つのカプラーを抜いていきます。

ラジエーターファンのカプラーは、
左右にそれぞれ1つづつあります。

場所が狭いので少し外しづらいですが、
頑張って抜いていきましょう。

③ホース類を外す

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 見出しを追加-12.png

最後にアッパーホース・ロアホース
ラジエーターにつながる

ホースを全て外します。

赤矢印のホースと床側のホースですね。

このホース類全般を外さないとラジエーターが
取り外せないので、

忘れずに取り外しましょう。

④ラジエーターを取り外す

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 見出しを追加-6.png

ホース類が外せたらラジエーターを
外していきます。

簡単には抜けませんが、
上に引き抜くようにすれば比較的簡単に

外すことができます。

⑤ラジエーターファンを付け替える

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 見出しを追加-7.png

取り外すことができたら、

純正のラジエーターファンを
ブリッツのラジエーターに付け替えます。

⑥ラジエーターを取り付けクーラントを補充

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 見出しを追加-8.png

ラジエーターファンの取り付けが終わったら、

取り外した時と逆の手順で
ラジエーターを取り付けていきます。

取り付ける場合は、配線の巻き込みに
注意して取り付けましょう。

全ての部品の戻しが終わったら、

抜けた分のクーラントを補充
していきます。

交換後にエア抜きをしよう!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 見出しを追加-9.png

ラジエーター側に満杯まで、
サブタンクに半分ほど補充します。

補充ができたらエア抜きをします。

エア抜きは交換をする上で
必要な作業ですが、

交換をしない場合どうなるかわからない方は
以下を参考にしてみてください。

【初心者必見】クーラント液のエア抜き理由としないと起こる症状とは?
今回の内容は、『クーラントのエア抜きの必要性がわからない』と疑問に思う方の悩みを解決できる記事となっています。なぜなら、実際に私も初心者の頃に同じように思い、実際に交換しなかった際にひどい目にあった経験があるからです。記事の前半で...

エア抜きについてですが、インプレッサの場合
ラジエーターと加圧タンクの2つあります。

この場合、両方ではなく加圧タンク側の
キャップを開けてエア抜きしましょう。

エア抜きは通常ファンが2回回れば終了だけど、EJエンジンの場合はそれ以上だから要注意だよ!

悩む人
悩む人

2回じゃダメなんだ…

2回だけだと、エア抜き不十分でオーバーヒートの原因になるから、

4~6回を目安に続けようね!

補足として、エアをうまく抜くコツは
エンジンを始動させながら

空ぶかしで回転数を上げたり
ホースを揉んだりすることです。

交換後にすべき事(エア抜き後の確認)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 見出しを追加-10.png

エア抜きが終わったら走行前の状態と
走行中の状態で車の水温を確認してみましょう!

確認は純正の水温計でも問題ありませんが、
理想は細かく数値の分かる

社外の水温計があるといいですね!

※社外の水温計については、
以下の記事でオススメをご紹介しているので

参考にしてみてください。

車好き初心者にオススメの水温計5選!【選ぶならどれがいい?】 | 元自動車整備士正樹のブログ
クルマに取り付ける事で現在の水温を把握する事ができる水温計。 純正の水温計では見る事ができない細かな温度も見る事ができるので、 水温の上がり過ぎによるオーバーヒートを事前に把握する事もできます。 そのため、車好きの方なら取り付けている方も多いかと思います。 しかし、初心者の方で実際に取り付けようと思った時 どの水温計を...

走行前の確認

エンジンを始動させ10分程アイドリングの
状態で様子を見てみましょう。

もしエア抜きが不十分の場合なら、
ファンが回っても水温が上がり続けます。

社外の水温計なら100度近くまで。
純正の水温計なら針が半分より上を示します。

走行中

アイドリング状態で問題がなければ、
走行でも確認してみましょう。

①一時的に水温が上がる
②ファンが回る事で水温が下がる

この状態になればエア抜きは成功です。

もし水温が下がらずボンネットから
煙を吹くようなら、

危険なのですぐに路肩に止めてエンジンを切り水温を下げましょう。

その後水温が落ち着いたら一度帰宅し、
再度エア抜きをしてエアを抜き切りましょう!

エア抜きをする事で安全に走行が可能!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-30-9.png

完全に抜けきるまでは上記の繰り返し
になります。

エア抜きをきちんとする事で、
安全に走行が可能となります。

また、しっかりと抜けきる事で
レーシングラジエーター

本来の性能を発揮する事も可能です!

『所詮はラジエーター』と思う方もいる
かと思いますが、

熱対策が出来てこの値段で購入できると思えば
損はないと思います。

なので、『夏場はどうしても水温がきつい』
という方は実際に使って効果を実感してみてください!

最後に下記に改めてリンクを張っておくので、
同じ悩みで困っている方は確認してみるといいですよ!

記事で紹介した商品

オイル交換やタイヤ交換など。様々な用途で使いやすい工具セットになります。

ホースクランププライヤー 160mmは、ホースやプラグソケットの脱着に最適なプライヤーで先端と中央の2ヶ所で挟み込める構造になっています。

(Visited 65 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました