車のエンプティ(給油)マーク点灯後の走行可能距離とガス欠時の対処法

ガソリン・燃料
この記事は約6分で読めます。

走行中にエンプティ(給油)マークが点灯したんだけど…これってどのくらいまでなら走行できるのかな。

このような悩みはありませんか?

一般的にエンプティ(給油)マークというのは、ガソリンが少なくなった時に運転手に知らせる警告灯の一種です。

主にEラインより下になった時に点灯するもの。

当然ガソリンが少ないことを知らせるので、早めに給油しましょうねという意味が込められています。

ただ、ここでふと疑問に思うのは『これって点灯からどこまで走行できるのだろう。』という事。

点灯したからといってすぐにガス欠になる訳ではありませんが、無視をすれば当然走行できなくなります。

ですが必ずしもタイミングよくガソリンスタンドがある訳でないので、ガス欠の目安を知っておかない事にはこれから先不安ですよね?

そこでこの記事では、もし点灯した場合どのくらいまでなら走行できのかについて詳しくお伝えしていきます。

また、ガス欠になった時の対処方法も合わせて載せているので一緒に覚えてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エンプティマークが点灯したらどのくらい走行できる?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-17-1-1.png

エンプティマークは給油マークとも呼ばれるもので、

燃料が通常の基準値を下回った際に
点灯するチェックランプです。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-16T144934.695-1.png

マーク自体は様々で、オレンジの丸だったり。
給油のマークをしていたりします。

もし仮に点灯しても直ぐにガス欠になる訳ではありません。

ガソリンが残り少ないので注意してくださいね」というサインを意味しています。

つまり完全に無くなる訳ではありません。

なので車種にもよりますが、ザックリ50キロ前後走行が可能と覚えておきましょう。

その目安から、高速道路では50kmごとにサービス
エリアにガソリンスタンドが設置されているのが分かります。

高速道路を走行中に止まらないようにと
配慮がされている訳ですね。

ちなみに、ガソリンの代わりに水を入れれば走行できると思い込んでいる方がいますが、そんなことはないので絶対にやめましょう。

ガス欠後に【水を給油すると車が走行できる】という噂は本当なの?
この記事は、ガソリンの代わりに水で走行できるのかわからない人向けに、車がガス欠の際に水を入れると走行できると言う噂の真相を解説しています。ガス欠防止の対策も同時に紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ただし外車の場合は例外なので注意が必要!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-02-18T155957.943-1.png

ただ、この場合は国産車に限ったことなので
外車に関しては別問題です。

外車に関してはあまり参考に出来ないので注意しましょう。

走行目安がわかるのは国産車に限る

どうゆう事?

外車に関しては少ないから注意って意味じゃないんだよね…

それってつまり…点灯=ガス欠寸前てこと?

そう言うことになるね。だから外車に関しては注意が必要だね。

そう。国産車は燃料が少ないから注意してね。
という合図なのに対して…

外車はほぼ空の状態で点灯…点灯=ガス欠を意味します。

そのため、外車に乗るなら点灯前に
給油することを視野に入れなければなりません。

ここまで読み進めると、

何で外車と国産でこうも違いが出るのだろうか。

そう疑問に思う方が出るでしょう。

しかし理由は簡単です。

日本には法で定められた基準があるためです。

外車と国産車で違いがあるのは法の基準が関係

道路運送車両法の保安基準では、

10L前後で点灯するようにしなければならない。

そう記載があります。

逆に外車の場合は生産国によって基準が異なるため、点灯したら突然止まるということも可能性として無くはないです!

突然ガス欠を起こした時の対処法

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%81-3-1-8.png

もし、点灯後にガス欠を起こすようなら
以下の手順で対処しましょう。

一般道の場合は路肩に止める。
高速道路の場合は待避所がおすすめ。

一般道の場合は路肩に止める

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2023-04-15T214552.839-1.png

1つ目は一般道の場合は路肩に停める事です。

ガス欠を起こした場合、吹けが悪くなるので
走行不能になりエンジンが止まります。

エンジンが止まりその場で止まると追突の危険があるので、ガス欠を起こした場合は路肩に停める事をおすすめします。

流れは

①路肩に停めてハザードランプを点灯
②車の後ろに三角掲示板を置く
③車屋さんやJAFに連絡

高速道路の場合は待避所がおすすめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2023-04-15T214327.696-1.png

また、高速道路の場合は
路肩ではなく待避所がおすすめです。

路肩はあくまで端に停めるだけなので、
追突の危機もあり安全とは言えません。

逆に待避所なら、決められた範囲のスペースになっているので安全に待機できます。

要は後続車に動けないことを知らせる必要があるのです!

そうでもしないと、相手側からしたら

何でこいつこんなとこ止まってるんだ?」
「進めなくて邪魔」となる訳です。

その後の対応としては、有料覚悟で
JAFに依頼するのも1つの手です。

※ただし、会員でないと別途で料金がかかるので細心の注意が必要です。

もしどのくらいかかるか不安な方は、別記事では料金紹介をしてるので参考にしてみてくださいね。

JAFでかかる料金

【意外と知らない】JAFロードサービスで依頼できる8つの作業内容
どんな作業が依頼できるのかを事前に理解できれば、知識として覚えておく事も出来ますし、実際にトラブルが起きた際に依頼するきっかけを作る事ができます。また、記事の後半ではJAFロードサービスは実際に使えるのかどうかも解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

ガス欠を起こさないためにできる対策

最後はガス欠を起こさないためにできる対策についてご紹介します。

ガス欠を起さないためにできる事

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-04T142009.337-1-19.png

ガス欠はならないことが1番ですが、
実際は気をつけていてもなる時はなります。

でも、急に止まるのは嫌だ…

そんな方のために、ガス欠を起こさないためにできる対策を紹介します。

難しいことでは無いので、
誰でも実践可能です!

どんなことをすればいいの?

給油ランプをこまめにチェックすること!

そんなことでいいの?

うん。数値は結構正確だからこまめにチェックすることで防止ができるよ。

ちなみに、ゲージが1番下まで行くとエンプティマークが付きますが、燃料は少ないけど少しくらいなら走行出来ますよ。って意味になります。

実際は車種によって変わりますが、
目安として覚えておくと安心です!

私が実践しているガス欠防止対策!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-02-18T161742.438-1.png

最後に、私自身が実践しているガス欠防止方法についても紹介します。

と言っても、給油ランプを見ることには変わりないんですが(笑)

実践してることは

・ゲージの半分で給油
・残り2メモリで給油

このふたつです!

よく、もったいないからギリギリ
まで燃料使い切る。という方がいますが…

ガス欠になる確率が高くなるのでおすすめとは言えません。

特に遠出中に限っては、どこにガソリンスタンドがあるのか把握していないと、気づいた頃にはガス欠寸前でスタンドも見当たらない…という状況になりかねません。

逆に余裕をもって給油しておけば、
もしもの時でも安心して走行が出来ます!

ですので、ガス欠を起こさないためにも
自分にあった方法を実践しましょうね。

自分に出来る方法を実践してガス欠を無くしましょう!

以上、エンプティマークに
ついて紹介しました。

今回の記事のおさらいです。

エンプティマークってそもそもなに?
エンプティマークは給油ランプの事
点灯後は車種にもよるがザックリ50キロ前後
ただし外車の場合は例外なので注意が必要!
走行目安がわかるのは国産車に限る
外車と国産車で違いがあるのは法の基準が関係
突然ガス欠を起こした時の対処法!
一般道の場合は路肩に止める
高速道路の場合は待避所がおすすめ
ガス欠を起こさないためにできる対策
ガス欠を起さないためにできる事は給油ランプをこまめにチェックすること

私が実践しているガス欠防止対策はゲージの半分で給油・残り2メモリで給油

エンプティマークとは燃料の残りを知らせるランプです。

残りが少なくなったので注意しましょうね」という意味で、

点灯してからザックリ50kmほどの走行が可能です。

詳しい距離は車種によって変わりますが、エンプティマークを元にこれから給油をする目安にしてみてください。

(Visited 382 times, 1 visits today)