ナンバーの封印(再発行)に必要な2つの書類と申請までの流れ

封印
この記事は約6分で読めます。

・ナンバーの封印を再発行したいんだけど。
・何が必要なのかな。
・申請までの手順は?

このような悩みはありませんか?

一般的に封印と言えばナンバー横に
取り付けられた蓋のようなもの。

ナンバープレートに付けられた【封印】の目的と外した場合の危険性
車に乗った事があるなら一度は目にする封印。名前くらいは聞いたことがあっても、使い道や目的についてはいまいちと言った方も多い事でしょう。記事ではそんな方向けに、使用目的や意味。取り外した場合の危険性など詳しくまとめています。

この記事の詳細はこちら

基本的には簡単に外れないような構造をしている訳ですが、紛失などで意図せず無くなってしまった場合。

この場合、公道走行が出来なくなるため
再発行手続きが必要となります。

ただ再発行と言っても、自分でやった事がないと正直どんな書類を揃えればいいのか。

どこで申請手続きを済ませればいいのか。分からないことの方が多いですよね?

かくいう私も過去同じように悩んだ経験があります。

何となくで知ってはいたものの、やった事がないので分からずじまいというように。

ですが実際に教わりながら書類集めから申請まで自分でやることで、一連の流れを学ぶことが出来ました。

この記事では、その経験を活かして

✅再発行に必要な書類
✅再発行ができる場所
✅再発行までの流れ

それぞれ順を追って解説していきます。

記事を最後まで読む事で知識を得ることはもちろん。

これから先、紛失した場合に自分で対処ができるので参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

再発行に必要な書類は2つ

それではまず初めに再発行に必要な書類から。

必要な書類は主に以下2つ

・車検証
・再封印申請書

車検証

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-12-28T161159.050-1-1.png

1つ目は車検証です。

車検証は車検を取った車それぞれに発行される書類。

主に所有者の名前・住所やその車の情報が詳しく記載されています。

つまりは本人が所有しているという証になる訳です。

車検証は基本的に車内に保管されている事が多いですが、もし紛失などにより見つからない場合は以下を参考に再発行が出来ます。

車の車検証を紛失した場合の対処法と再発行に必要な3つの書類
車検証を受け取るまでの手順を事前に理解しておけば、知識を深める事にもつながりますし、実際に自分で再発行する際にスムーズな取引が出来ます。車検証=公道走行する上で重要な書類の一つなので、紛失が元で違反をしないために是非とも覚えておきましょう。

この記事の詳細はこちら

再封印申請書

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%8D%B0-1-1.png

2つ目は再封印申請書です。

再封印申請書は封印を再発行するために必要となる書類です。

主に住所や再封印を受ける理由などを記入する為の書類。

一般的に封印はナンバープレート横に取り付けられているため自然に外れる事はありませんが…

盗難や事故などで破損した時に元に戻す事が出来ない。そんな場合に必要となります。

一般的に封印がない状態で公道走行はできないので、車検証や再封印申請書を準備した上で再発行手続きをしましょう。

封印はどこで再発行すればいい?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2024-01-17T161556.729-1.png

続いて封印の再発行場所について。

書類についてはわかったんだけど、再発行ってどこでやればいいのかな。

基本的には運輸支局や自動車検査登録事務所で出来るよ。

運輸支局

1つ目は運輸支局

運輸支局は各都府県に一つずつ必ず設置された場所。

主に車検やナンバー登録など一般的な手続きが出来る場所です。

自動車検査登録事務所

2つ目は自動車検査登録事務所。

自動車検査登録事務所は各都府県に
一つずつという訳ではありませんが…

車の登録数が多い都府県に設置され、
運輸支局の仕事を補助する役割が有ります。

スポンサーリンク



再発行(申請)までの流れ

ここからは再発行(申請)までの流れを
簡単にご紹介していきます。

流れとしては

①申請書を書く
②記入した再封印申請書を提出して印が押された申請書を受けとる
③ナンバープレート交付窓口で必要書類を提出する
④封印台座の購入
⑤専門の係員に封印を取り付けてもらう

申請書を書く

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%8D%B0-1-1.png

まず再封印申請書を書くところから始めましょう。

再封印申請書は

・運輸支局の販売所で購入
・国土交通省ウェブサイトからダウンロード

2つの方法から入手が出来ます。

ちなみにウェブサイトからダウンロードを事前にしておくと、費用やその場で書く手間を省けるのでおすすめです。

ウェブサイトからダウンロードしたい方はこちら
申請書の書き方が知りたい方はこちら
ナンバー封印の再発行に必要な再封印申請書の書き方と2つの入手方法
ナンバープレートの封印の再発行に必要となる再封印申請書。申請書には正しい書き方があり、事前に知っておくことで再発行の申請がスムーズに出来ます。記事では入手方法を含めて詳しくまとめています。

記入した再封印申請書を提出して印が押された申請書を受けとる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%8D%B0-2.png

記入が出来たら再封印申請書を提出。

提出後に経由印が押されたのを
確認して申請書を受け取ります。

ナンバープレート交付窓口で必要書類を提出する

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-12-23T154432.493-1-1.png

その後はナンバープレート交付窓口で必要書類を提出するだけ。

必要書類は先ほどの

・再封印申請書
・車検証

封印台座の購入

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2024-04-20T164743.183-1.png

再封印申請書や車検証を提出
後は封印台座の購入をしましょう。

費用はだいたい70円ほど。

専門の係員に封印を取り付けてもらう

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2024-04-20T165140.986-1.png

最後は専門の係員に封印を取り付けてもらう事で完了となります。

これって自分で封印つけちゃダメなの?

交通法で自分でつけてはいけない旨が記載されてるから、基本は係の人にお願いする事になるね。

自動車の所有者は、前条の規定により自動車登録番号の通知を受けたときは、当該番号を記載した自動車登録番号標を国土交通大臣又は第二十五条の自動車登録番号標交付代行者から交付を受け、国土交通省令で定めるところによりこれを当該自動車に取り付けた上、国土交通大臣(政令で定める離島にあつては、国土交通大臣又は政令で定める市町村の長。以下この条(次項第三号及び第三項を除く。)において同じ。)又は第二十八条の三第一項の規定による委託を受けた者(以下この条において「封印取付受託者」という。)の行う封印の取付けを受けなければならない。

道路交通法第11条より

内容としては道路交通法11条。

注目するのは【委託を受けた者の行う封印の取付けを受けなければならない。と言う項目。

簡単に言えば封印取付受託者でないと
取り付けてはいけませんよ。と言う記載があります。

そのため、必ず係の人に取り付けてもらうようにしましょう。

申請の流れとしてはこれで完了となります。やり方自体も難しくはないので、もしこれから先紛失などにより使えなくなった場合は同じように申請して再発行しましょう。

必要な書類や申請の流れを理解してもしもの時に役立てよう

以上、ナンバーの封印(再発行)に必要な2つの書類と申請までの流れを解説しました。

今回の記事のおさらいです。

再発行に必要な書類は2つ
車検証
再封印申請書
封印はどこで再発行すればいい?
運輸支局
自動車検査登録事務所
再発行(申請)までの流れ
①申請書を書く
②記入した再封印申請書を提出して印が押された申請書を受けとる
③ナンバープレート交付窓口で必要書類を提出する
④封印台座の購入
⑤専門の係員に封印を取り付けてもらう

記事でもわかるように、再発行には車検証や
再封印申請書2つの書類が必要となります。

車検証については車内に保管。再封印申請書は運輸支局や事務所窓口もしくはダウンロードで入手可能。

提出後は封印台座の購入⇒係の人に封印を
付けてもらうという形で完了となります。

流れとしても決して難しくはないので、これから先再発行が必要になった場合は同じように申請をしてみましょう。

(Visited 378 times, 1 visits today)