車のお得情報免許

【知らないと危険】仮免許で路上運転する為に必要な3つの条件とは?

今回の内容は、『仮免許で路上運転するために必要な3つの条件を知りたい』と

思う方の悩みを解決できる記事となっています。

なぜなら、私が実際に車関係にいた際に
学んだ知識。

それに加えて、免許を取る際にも教習所で教わり
実践した経験がある為です!

記事の前半では『仮免許で路上運転するために必要な3つの条件』についてまず解説し、

後半では練習目的以外で使用した場合どうなるのかをお伝えします。

この記事をわかる事

仮免許で路上運転するための3つの条件
練習以外で使用した場合の危険性

仮免許の練習は、運転免許を取得する人なら
だれでも通る道なので、

この機会にぜひ覚えて安全に走行練習を心がけてください!

スポンサーリンク

【仮免許】で路上運転するために必要な3つの条件

仮免許は、第一種免許を受けようとする人が、
練習のために道路で

運転する場合に必要な免許です。

本来の免許と違い、合格した日から起算して
6カ月という有効期限付きですが、

期限を越えなければ路上で練習
することが許可されています。

ただし自由に練習できるわけではなく、
路上練習には3つの条件があります。

家族もしくは免許取得者が同乗して指導を受ける

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-09-14T022045.896.png

1つ目の条件は、家族もしくは免許取得者が同乗
することが挙げられます。

仮免許を取得した人が車を運転する際は、
助手席に運転免許のある人を

同乗させる必要があります。

また、その際に指導を受けながら運転
する必要があります。

なぜなら、仮免許とはあくまで一時的に
走行可能な免許で、

運転免許をもつ同乗者がいる場合のみ運転が可能と道路交通法で決まっているためです!

たとえば、以下のものですね。

仮免許には、普通仮運転免許準中型仮運転免許中型仮運転免許大型仮運転免許がある

それぞれ、適性試験を受けた日から起算して6か月有効であり

路上における運転練習のため、

仮免許を所持して、以下に箇条書きする基準に該当する

運転免許保持者を指導者として
助手席に同乗
させ、

「仮免許練習中」の標識を所定の位置に
装着した自動車で

道路交通法施行規則の定める道路(高速道路・自動車専用道路・
混雑している道路を除く道路)において、路上練習をすることができる。

なので、もし仮免許で運転をする場合には同乗者を乗せることを条件として運転しましょう!

ちなみに同乗できる人は、以下の2つのいずれかを指します。

1.指定自動車教習所の教習指導員
2.自動車を運転できる第一種免許を3年以上受けている人

1に該当する人は通っている
教習所の指導員です。

2に該当する人は、家族や免許取得から
3年以上経っている知り合いです。

仮運転免許証を携帯すること

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-09-14T020003.804.png

2つ目の条件は仮運転免許を携帯することです。

仮運転免許証は、運転免許証を携帯して運転
しないのと同じになるので、

処罰の対象となります!

なおかつ同乗者もいなかった場合、
さらに厳しい処罰が下されます。

たとえば
・仮免許証の不携帯
・助手席に指導者が同乗しなかった場合

仮免許運転違反となるので、

12点の減点に加え、6ヵ月以下の懲役又は
10万円以下の罰金となります。

一見すると、『仮免許なら減点されても問題ないんじゃないの?』そう思う方もいるでしょう。

ですが、仮免許も運転免許同様に対象になるので、減点点数が基準に達すると

免停に…なんてことにもなりかねません。

たとえば、以下は免停になる点数と
日数になりますが…

6~8点30日間
9~11点60日間
12~14点90日間

確認するとわかる通り6点以上が
対象になります。

免許不携帯・同乗者無しなら12~14点に含まれるので、90日の免停に該当します。

路上における運転練習のため、仮免許を所持して、以下に箇条書きする基準に該当する運転免許保持者を指導者として助手席に同乗させ、「仮免許練習中」の標識を所定の位置に装着した自動車で、道路交通法施行規則の定める道路(高速道路・自動車専用道路・混雑している道路を除く道路)において、路上練習をすることができる。

道路交通法にも記載がある通り減点の
対象に該当するので、

免停にならないということはまずありません!

なので、仮免許で運転をする場合には
必ず仮免許証の所持を心がけましょう。

ちなみに、『捕まらなきゃ大丈夫』そう思う人が中に入るでしょう。

しかし、検問や信号無視をした場合には
必ず提示を求められるので、

リスクを考えれば大丈夫なんて
ことは言いきれません…

持っていなければその時に絶対にバレます。

ですので、必ず持ち歩く
ように心がけましょう!

車を運転中に黄色や赤で信号無視をしたらどうなる?違反点数や罰金は?
今回の内容は、『黄色や赤で信号無視をしたらどうなるか知りたい』と思う方の悩みを解決できる記事となっています。なぜなら、私が実際に車関係にいた際に学んだ知識がある為です。記事の前半では『信号無視で捕まると違反点数や罰金はどうなる...

仮免許練習標識を車に取り付ける事

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-09-14T015715.271.png

3つ目の条件として、車両の前後に
仮免許練習標識を取り付ける

というのがあります。

仮免許練習標識は、運転手が仮免許で
あることを示すための標識です。

その際の条件は、
・金属、木、その他の材料を用い使用に十分耐えられるもの

・文字の色は黒色、地の色は白色であることです

また、
・白地のサイズは横30cm以上、縦17cm以上
・文字は黒文字で『仮免許練習中』と記入
・車両の前後の見やすい位置(地上0.4m以上、1.2m以下)にしっかり付ける

この条件がそろって仮免許練習標識と呼べます。

つまり、使用に耐えられるのであれば、
紙に手書きしたものでも

捕まることがありません。

逆に、手書きが苦手な人にはマグネットタイプの
既製品が購入可能なので、

自分で手作りせずに購入する
という手もあります。

ちなみに、【仮免練習中のプレート】なしでも
検問にひっかかると、

免許を取り消されることがあるので注意してくださいね。

練習以外の目的で運転したらどうなるの?

では、仮免許の身で練習以外で使用した場合
どうなってしまうのでしょうか?

以下で詳しく見ていきましょう。

まずおさらいしてみましょう。

仮免許はあくまでも仮に発行される免許証。
1人で運転することは絶対ダメ
✔自動車を運転できる第一種免許を3年以上受けている人

ざっとおさらいするとこうなります。

導き出される答えは、練習以外の目的で運転した場合は【無免許運転】となるです。

また、3年以上同乗資格がある人を乗せずに
1人で運転する行為

または送迎目的での使用は交通違反となります。

最悪の場合、仮運転免許証の取り消し処分
受ける場合もあるため、絶対にやめましょう。

仮運転免許保持者は、公道における路上練習が可能になる。

あくまでも、路上練習のための免許であるため、
この免許で誰か

親類や友人等を送迎するといったことは一切許されない

行った場合(実際に路上練習以外の目的で運転中に、警察に捕捉された場合)は仮免許条件違反となり、

仮免許を取り消されたり、本免許の試験を
受験できなくなる危険がある。

交通法でも記載があるので、仮にした場合
言い逃れはできません!

【仮免許】の意味を知り、正しい方法で練習を心がけよう!

以上、路上運転するために必要な
3つの条件を紹介しました。

その条件とは、

家族もしくは免許取得者が同乗して
指導を受ける

仮免許証を携帯する
仮免許練習標識を車に取り付ける事

3つの項目です。

仮免許はあくまで仮の免許。

1人で運転はもちろんのこと、
送迎や遊び目的で使用することはできません。

実際にやった場合、仮運転免許証の取り消し処分を受ける場合もあるため、絶対にやめましょう。

仮免許の練習は、運転免許を取得する人なら
だれでも通る道なので、

この機会にぜひ覚えて安全に走行練習を
心がけてください!

最後までご高覧頂きありがとう
ございました。

この記事が少しでも皆さんの参考に
なっていただければ幸いです。

(Visited 10 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました