オルタネーター

【たった2分】オルタネーターの作動状況を初心者でも簡単に確認する方法

オルタネーター
この記事は約4分で読めます。

オルタネーターの作動状況を簡単に確認できる方法があるって聞いたけど本当なの?どんなことをすればわかるの?自分でも知っておきたいので詳細を教えてほしい。

こういった疑問にお答えします。

まずこの記事を書いている私は、

元自動車整備士。趣味のカスタムとして合計で10年以上車関係に携わってきました。

その中で、学んだ経験や
実体験を元に紹介しています。

【本記事の内容】
オルタネーターの作動状況が2分で確認できる方法
作動状況からわかる2通りの症状

内容としては初心者の方でも分かりやすく
解説しています。

よくある

整備士でないとできないんでしょ?』と
いう事はないので安心してください。

なのでサクっと記事を読んで、その後は知識と手順を理解して、少しずつカスタムの幅を広げていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オルタネーターの作動確認をするにはバッテリーの端子を抜く事

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-04-21T222956.485-1.png

結論から先に言ってしまえば、

エンジン始動中にバッテリーのマイナス端子を抜くことです。
悩む人
悩む人

え⁉そんな事したらエンジン止まっちゃうんじゃ…

まあ、普通はその反応になるよね。でも、オルタネーターが正常ならエンジンが止まる事はないよ!

何故なら、オルタネーターが
発電機としての役割を持っているからです。

発電機=電気を蓄える機能ですね。

正常に作動すればエンジンはすぐに止まらない

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-04-21T223143.164-1.png

オルタネーターは、本来クランクプーリーと
補機駆動ベルトで繋がっていて、

エンジンによってベルトが回る事で
オルタネーターも駆動されます。

この時、ベルトの回転によって
電気を生み出しだしている訳ですね。

これが発電機としての役割ですね。

なら別にバッテリーがあれば大丈夫なんじゃ?
と思われるかもしれませんが…

バッテリーには電力を得て各種電装部品へ
電気を送る事はできますが、

発電機の機能がないためバッテリーの
電力を使い切ったら自動車は動かなくなります。

そのため、オルタネーターがある訳ですね。

この性質を利用すればオルタネーターか
どうかの確認が簡単にできます。

【簡単2分】で確認できるオルタネーターの作動確認方法!

それでは、次はいよいよその方法に
ついて見ていきましょう!

最短で2分ほどで確認ができるので、
この際に覚えておくといいですよ。

1.エンジンを始動する

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-04-21T224504.047-1.png

まず初めに車のエンジンを
始動させましょう。

2.ボンネットを開ける

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-04-21T224346.739-1.png

エンジンの始動ができたら、
エンジンルームに行き

ボンネットを開けます。

3.バッテリーのマイナス端子を抜く

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-04-21T222956.485-1.png

ボンネットを開けたら、工具を使用して
バッテリーのマイナス端子を抜きましょう。

端子の外し方については、バッテリーの交換方法を参考にしてみてください。

この時、端子を外す際に注意するのは
ショートに気をつける事です!

エンジン始動中でなおかつプラス端子
もあるので、

万が一ショートしてしまうと
ヒューズが飛ぶもしくは

電装部品にダメージを与えてしまいます…

取り外し後は、端子を布などでくるんでおくと防止にもなりますよ!

4.作動状態を確認する

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-04-21T223143.164-1.png

端子が外せたらそのまま作動状態の確認です。

確認といってもそのまま様子を
見るだけなので、

特にこれ以上の作業はありません。

作動状況から分かる事は以下の通りです。

作動状況からわかる2通りの状態!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-04T142009.337-1-18.png

①端子を外してすぐにエンジンが止まった場合

端子を外してからすぐに止まってしまう場合は、
オルタネーターが原因です。

先ほども言ったように、オルタネーターは
ベルトの回転によって電気を生み出し発電する役目。

つまり端子を外してすぐにエンジンが止まるということは、オルタネーターが作動していないことを意味します。

結果、発電能力が機能していない為に
エンジンが止まってしまいます!

②端子を外してから数秒~数分で止まった場合

次に、端子を外してから数秒~数分で止まった場合です。

オルタネーターの機能は発電する事。

つまり数秒~数分かけて止まるという事は、

エンジンが切れた後もオルタネーターだけで作動したという事です!
なので、この場合は正常であると言えます。

手順通りにやればたった2~3分で簡単に確認が可能!

以上がオルタネーターの作動状況を
簡単2分で確認する方法となります。

今回の記事を読んでいただければ
わかると思いますが、

慣れた人なら2~3分。不慣れな方でも5分
あれば簡単に確認が可能です。

作動状況でわかる事は、

・端子を抜いてすぐ止まる=オルタネーターが作動していない
・端子を抜いて数十秒で止まる=オルタネーターは正常

この性質を利用すれば

最近電気が弱くなっている気がする
・エンジンが止まりそうになるけどオルタネーターかも

と気になった時に手軽に確認が
できるので知っておくと便利ですよ!

また、別記事ではオルタネーター交換の
方法についても紹介しているので、

交換が必要になった際の参考にしてみてください。

(Visited 439 times, 2 visits today)
タイトルとURLをコピーしました