車のお得情報エーモン商品車の電源

初心者向け!クルマからアース(ボディアース)を取る方法と探し方!

今回の内容は、『クルマからボディアースを取る方法と探し方が知りたい』と

思う方の悩みを解決できる記事となっています。

なぜなら、私が実際に車に取り付けて実証をした為です!

記事の前半では『アースとは何か?』に
ついてまず解説し、

後半ではアースが取れる場所や
探し方をお伝えします。

この記事でわかる事

ボディアースが取れる場所
✅ボディアースの探し方
✅ボディアースを取るおすすのポイント

記事を読み進めることでボディアースに
ついて理解できるので、

知っておいても損はない記事と言えるでしょう!

スポンサーリンク

ボディアースは車体からマイナスを取る事

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: バッ直電源-2.png

ボディーアースとは、ボディ。つまりは車体に
接続するマイナス線の事です。

車体にアースすることで、簡単に電装品の
マイナスが確保できます。

詳しくは別記事にて紹介しているので、
一緒に読んでみてくださいね。

【電源の基礎知識】自動車のボディアースとは?車体に繋げる必要性や意味とは?

アース(ボディアース)がとれる場所は2つ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-10-06T023829.440.png

そのことを踏まえると、アースがとれる場所は
自然と見えてきます。

先程、『車体全体がアースになっている』
そう言いましたよね?

と言う事は、ボディアースされた
純正のアース線や、

ボディ(車体)の金属部分の2か所が
取れる場所となる訳です!

純正のアース配線

1つ目は純正のアース線ですね。

カプラーやオーディオ裏などから
とる事ができます。

配線の色は車種によって違いますが、
基本の色は黒です!

もし『アース線なのかどうか知りたい』と
いう方は、この方法がオススメです。

検電テスターがプラスだけでなく車のアースも調べられるって知ってた?

アース線自体は繋がっている場合が多いので、
使用する場合は一度配線をカットして

ギボシなどを使い配線を分岐して繋げます。

ボディ(車体)の金属部分

2つ目はボディ(車体)の金属部分
ボディアースして新たに配線を作る事です!

ボディ=車体。アース=接地。

つまり車体に接触させてアースを
とる方法ですね。

車体の金属部分に、クワガタ端子や
丸形端子を使用して、

上からボルトで固定します。

クワガタ端子(M6)スリーブ付 5個入りセットになります。

見本で言えば画像のような感じですね!

車体全体がボディアースなので、
室内・エンジンルームどちらでも取れます。

オススメは、室内なら足元や
ダッシュボード裏の

金属部分でボルト固定がされている場所。

エンジンルームならバッテリーの
マイナスがつながっている側の

鉄板(フレーム)部分ですね。




アース(マイナス)の探し方

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 小見出しを追加-72.png

アースを取る場合には基本的に、
検電テスターと呼ばれる

道具を使用する事で探す事ができます。

配線からアースを探す方法

配線からからアースをとる場合は
検電テスターを使い、

マイナスを調べる方法で探します。

慣れてくれば目視でもだいたい
わかるようになりますが、

慣れないうちはテスターを使用しましょう!

車体から探す方法

車体(ボディアース)からアース
をとる場合は、

画像のように金属部分を探して
アースしましょう。

初めの方でも言いましたが、
ボディ=車体。アース=接地。

となるので、金属部分を探して取り付ける事で
簡単にアースが取れます。

ボディアースを増設したい場合は?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 小見出しを追加-73.png

また、もしボディアースを増設したい。
そう思っている方は、

以下の方法で増設することができます。

アース用端子を使う

1つ目はアース用端子を使用することです。

アース用端子は、1つのアースポイントから
最大4つまでマイナスを取ることができるパーツです。

車の電装品のアースポイントを『簡単1分』で増設する方法と使い方!

『これから電装品を増やしていこう』
そう思っている方には最適です。

アースポイント増設ターミナル

2つ目はアースポイント増設ターミナルです。

アースポイント増設ターミナルは、
最大8本までアースを接続可能なパーツです。

車内・エンジンルームに限らず
取り付けたい箇所に取り付けることで、

電装品を増やすたびにアースの
取り付けに悩まされることがありません!

ボディアースが取れるおすすめのポイント!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 小見出しを追加-74.png

最後に、アースポイントを探すのが
苦手という方のために、

車内と車外でおすすめの
ポイントを紹介します。

車内でアースポイントを探す場合

車内でアースポイントを探す場合、
手っ取り早いのは赤〇の位置です。

何故なら、ナビを取り付ける関係で
マイナス線と連結する為に

全体がボディアースになるからです。

たとえるならプラス電源と同じですね。

プラスも特定の電源と繋ぐことで、
電気が流れるようになります。

電気が流れる事で、繋いだ箇所は
すべてに分散されるようになります。

マイナス線も電源側から繋ぐことで、
ナビ全体にいきわたりボディアースになる訳です!

接触不良なくボディアースする【クワ型端子】の正しいかしめ(とりつけ)方!

なので、『どこからとればいいのだろう?』
そう思った際には是非ナビからとってみましょう。

車外でアースポイントを探す場合

続いて車外でアースポイントを探す場合です。
車外=エンジンルーム。

エンジンルームでアースポイントを探す場合は、
赤矢印のボディ全体がおすすめです。

何故おすすめかというと、バッテリー端子の
マイナスが直接アースされている為です。

マイナス端子が直接アースされることで、
金属部分のボディ全体がアースになる訳です。

この事を知っておけば、電装品を追加
していくたびにアース探しで

悩むことがなくなります。

なので、慣れていない方はぜひ
参考にしてみてください!

電装部品を取り付けるならアース(ボディアース)は必要不可欠!

電装部品にとってアースは
必要不可欠です!

家電ならなくても使用できますが、
クルマのアースはないと

電装部品を光らせる事さえできません!

プラス電源同様光らせる工程で
必要になってくるので、

この機会にアース線のとり方を覚え
是非これからのカーライフに役立ててください!

(Visited 3,459 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました