車のお得情報プラグ

スパークプラグの交換を怠ると危険!素人が知るべき『3つの症状と交換時期』

今回の内容は、『スパークプラグを交換しないとどうなるの?』と

疑問に思う方の悩みを解決できる記事となっています。

なぜなら、私が実際に車関係にいた際に
遭遇した事がある為です!

記事の前半では『交換しないとどうなるのか』に
ついてまず解説し、

後半では交換しなかった場合に起こる症状をお伝えします。

この記事でわかる事

✅交換しないと起こる危険な3つの症状
交換しないまま走行をした場合の危険性
✅事前にできる対策

記事を読み進めることで、なぜ危険なのか?

また、交換しないことでどうなって
しまうのか詳しく知ることができます。

スポンサーリンク

スパークプラグを交換しない事で起こる3つの危険な症状!

スパークプラグは、主にガソリン車に
取り付けられた部品で、

エンジンを始動させる際に必要不可欠な部品です。

というのも本来ガソリン車は、

ガソリンと空気を混ぜた混合気が爆発
することでエンジンが始動しています。

ですが、混合気だけでは爆発する
事ができません。

混合気にスパークプラグの火花を
あてる事によって、

爆発を故意に引き起こしています。

つまり、スパークプラグの役割は
点火させた火花を混合気にあてる事です。

混合気に火花をあてる事で、
故意に爆発を引き起こさせる

きっかけを作っている訳ですね!

そのため、長い間交換を怠ってしまうと
距離数と共に劣化が始まり、

プラグホールにスラッジ(汚れ)が
たまる事でプラグが失火。

その結果、着火する事ができなく
なってしまいます。

順番で言えば

①スラッジ(汚れ)がたまり失火↓
②爆発を引き起こせなくなる↓
③エンジンが不調になりエンスト

の通りになりますね。

その結果起こる症状が以下の3つです。

1.エンジン出力の低下

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-46.png

まず1つ目として、エンジン出力の
低下が考えられます。

スパークプラグの初期症状になります。

出力の低下=パワーの低下と言えます。

出力が低下する事で、加速の悪化や燃費が悪化
2つの事が起こります。

加速が悪くなる。つまりは、
アクセルを踏んでいるのにいつもより加速しない…

こんな症状がまさにそうですね。

加速が悪くなると当然アクセルを
いつもより多めに吹かしますよね?

そうなると当然燃費も悪くなる。

加速の悪化や燃費が悪化するのは
こういった事が関係するわけです!

2.エンジンのかかりが悪くなる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-47.png

2つ目の症状として、エンジンの
かかりが悪くなります。

エンジンを始動した時に2~3回目くらいで
エンジンがやっとかかる状態ですね。

この症状の厄介なところは、
時間の経過とともに悪化するところです。

初めのうちは分かりにくく、
『バッテリーが原因かも』と思いがちです…

その際に気付く事が出来ればいいのですが、

時間がててば立つほど症状はさらに
悪化してしまいます。

車のエンジンが掛からない【7つの原因】と症状から導き出せる対処方法!

3.エンジンがかからなくなる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-48.png

3つ目の症状として、エンジンが
かからなくなる事です。

キーをひねってもエンジンが
掛からない状態ですね。

場合によっては息継ぎのような
状態になり、アクセルをあおらないと

エンジンが止まってしまいます。

例に例えるなら、信号待ちでアクセルを
離した状態で回転数が落ちる。

回転が落ち、そのままエンストなどがそうですね。

実際に交換しないで走行を続けるとどうなるの?

では、実際にスパークプラグの交換を
しないまま走行を続けてしまうと

どうなってしまうのか見てみましょう。

例えばだけど、旅行に行くために車を使用すると仮定するね。

うんうん。

この時、症状は前から出ていたけど、気のせいだと放置する。

しばらくは問題なく走行できたけど、ある症状が出てくるようになった。

①回転数が不安定でアイドリング不調。
②信号待ちなどでエンジンが止まりそうになる。
③エンスト(エンジンが止まる)を繰り返すようになる。

症状を理解している人や、不安な人は走行を続けないと思うけど、

もしこのまま走行するとどうなると思う?

悩む人
悩む人

ん~走行できなくなるとか?

そう!最終的にエンジン停止して、キーをひねってもエンジンが掛からなくなるんだ!

結果的にエンジンがかからない
ことになりますが、

どのような過程を得て起こるのか?
順を追って詳細をみていきましょう。

①回転数が不安定でアイドリング不調

まず初めに起こることは、
アイドリング不調の症状です。

アイドリング不調が起こると、
走行に支障が出て加速が鈍くなります。

例えるなら、冷間時に暖気をしないまま
発進した時と同じ状態ですね。

エンジンが温まっていない状態で走行をすると、
重苦しく加速しにくい状態になりますよね?

それと同じで、アクセルを強めに踏んでも
いつも以上に進みにくくなります。

②信号待ちなどでエンジンが止まりそうになる

②つ目は信号待ちなどでエンジンが止まりそうになる症状です。

アイドリング不調の症状が悪化すると、
今度はエンストが起きやすくなります。

エンストはエンジンストールの略称で、
エンジンが止まる事を言います。

主に減速をした際に回転数が下がり、
そのままエンジンが止まるという訳です。

ただしこの場合は、アクセルを踏み続けることで
回転数が下がらなければエンストは免れます。

③エンスト(エンジンが止まる)を繰り返すようになる

つ目はエンスト(エンジンが止まる)を繰り返すようになる症状です。

アクセルを踏み続けても、
回転数が下がらない場合に起こります。

この状態になると手遅れなので、
交換する以外に改善する手段がなくなります。

結果として、症状を知らなかったために
最悪の事態になる訳です。

せっかくの旅行も台無しになってしまいますね…

そうなってしまうとこの時間って
勿体なくないですか?

この事がなければ、今でも楽しく旅行を
続ける事ができたのに…

なんて事になったら嫌ですよね?

ですので、時間を無駄にしない為にも
交換時期や事前に似たような症状がでたら

きちんと適切な交換をする事を
おすすめします。




症状が起きた際の対処方法

もし走行中に、
・アイドリング不調
・信号待ちでエンスト
・エンジンがかからない

いずれかの症状が出た場合には
以下の方法を実践してみましょう。

対処法1.路肩に停車する

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-09-25T224722.714.png

1つ目は路肩に停車することです。

駐車場などの広い場所に停車できれば問題ないですが…

必ずしもそうなるとは限りません。

なのでもし運転中になった場合には、
路肩の邪魔にならないスペースに移動させましょう。

その際に、追突事故防止のために三角掲示板やハザードランプの点灯をしておきましょう。

その後、状態次第で自走で帰宅。
もしくはロードサービスを利用しましょう。

自走できる場合には、カー用品店で
交換してもらうといいでしょう。

対処法2.JAFロードサービスを活用

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-09-25T225913.117.png

2つ目はJAFロードサービスを活用することです。

エンジンがかからなくなって走行ができない…
そんな時はJAFを利用しましょう。

JAFロードサービスは、緊急時に依頼をすることで
その場で修理。もしくはレッカーをしてくれます。

プラグの場合はその場で出来ないので、
一度レッカー移動になります。

移動になる場合は会員かどうかで料金が
大きく変わるので、

できる限り会員になっておいた方が得です!

会員=15000円前後
非会員=距離次第で無料

JAF会員登録はこちらから

トラブルを回避するためにできる対策!

適切な交換時期とは、

①交換時期で交換する
②症状で交換する

2つの事になります。

①交換時期で交換

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 小見出しを追加-21.png

基本的には軽自動車なら1万キロ
普通車なら2万キロ

目安に交換するといいでしょう。

覚えておくのが苦手な方は、メーターに装着されている
トリップメーターで計測しながら走行するといいですよ!

ただ、最近ではNGK プレミアムRXプラグのように、

交換時期が
・普通車12万㎞
・軽自動車6万km

などというものもありますが…

着火性、燃焼効率、耐汚損性、耐消耗性、スパークプラグに求められるあらゆる性能を濃く次元で凌駕した高性能スパークプラグ。

早めに交換する事で症状が出る前に
対処ができるので、

早く交換しても損はありません。

②症状次第で交換

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 小見出しを追加-20.png

2つ目は症状で交換する方法ですね。

エンジンのかかりが悪くなって来たり、
アイドリングが安定しない

という状態になった場合には一度点検をして
状態によって交換しましょう。

交換時期に関しては画像を見て
いただくとわかりますが、

片方は黒ずんでいますよね?

この状態がオススメとする交換時期です。

ここからさらに黒ずんでいくと
エンジンが掛かりにくくなるわけですね…

なので、間違ってもエンジンが止まるように
なってからの交換はやめましょう。

最悪の場合、手遅れになってしまうので
自分は大丈夫だからと過信して

交換を先送りにしてしまうと、
後々後悔する事になります…

ですので、そのようにならない為にも
交換時期や症状がではじめた

初期症状のうちにスパークプラグの
交換をオススメします!

また交換時期以外ですと、
乗り方次第で変わってくるので

定期的に点検や交換を心掛けましょう。

スパークプラグをDIYで交換して車の症状を改善しよう!

記事のまとめ

以上がスパークプラグの交換を怠ると
危険な理由になります。

初心者の方にとっては大した事ないように
思われがちですが、

スパークプラグは、エンジン始動をする上で
重要な部品の1つです。

場合によっては、
・加速が悪くなる
・エンジンのかかりが悪くなる
・エンジンが掛からなくなる

3つの症状を引き起こします。

このように走行状態によっては危険度が増すので、
無理な走行はせず

早めの交換を心がけましょう!

(Visited 5,509 times, 7 visits today)
タイトルとURLをコピーしました