エレクトロタップ商品紹介&使い方

【危険】エレクトロタップをetcなどの電源確保におすすめしない理由

エレクトロタップ
この記事は約6分で読めます。

 

 

・エレクトロタップはおすすめしないって聞いたけど本当なの?
・どんなデメリットがあるの?
・エレクトロタップがどういったパーツなのか教えてほしい

こういった疑問にお答えします。

この記事を読めば、エレクトロタップをおすすめしない理由がわかります。合わせてエレクトロタップの正しい使い方も紹介しているので参考にしてみてください。

この記事のテーマ
【危険】エレクトロタップをetcなどの電源確保におすすめしない理由

 

✅エレクトロタップをおすすめしない理由
✅間違った使い方の危険性
✅エレクトロタップの正しい使い方

エレクトロタップの使い方がわかれば、初心者でも作業しやすくなりますし、トラブル回避のきっかけになります。

私自身ももともと知識がなく、エレクトロタップ自体よくわかっていませんでしたが、今ではうまく活用して知識の幅を広げています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E2%9C%85%E5%85%83%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E6%95%B4%E5%82%99%E5%A3%AB-2-1.png

よくある『整備士や豊富な知識がないとできないんでしょ?』という事はないので安心してね。

なのでサクっと記事を読んで、自分でも知識として役立てていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エレクトロタップがおすすめ出来ない理由は接触不良を起こしやすい為!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-02-28T014440.916-1-15.png

まず先に勘違いしていただきたく
ないのですが…

タイトルにある【危険】エレクトロタップをetcなどの電源確保におすすめしない理由。

おすすめ出来ない=使うな
ではないと言うことです。

使うなってことじゃないの?

ここで言う「おすすめ出来ない」って言うのは、知識のない人がエレクトロタップを使うのがおすすめ出来ないと言う事。

それは何故なのか?

理由として挙げられるのが、エレクトロタップが
配線分岐を簡単にできる反面…

使い方を間違えると接触不良を起こしやすいという難点がある為です!

今回は仕組みについて省略するので、

仕組みから知りたい方は【車の配線を簡単に分岐できるエレクトロタップはどんな仕組みになっている?】を先に読むことをおすすめします。

車の配線を簡単に分岐できるエレクトロタップはどんな仕組みになっている?
・エレクトロタップってどんな部品?・どういった仕組みになっているの?・自分でも知っておきたいので詳細を教えてほしいそんな悩みにお応えします。今回の記事を読む事で、エレクトロタップについて理解が深まり、読んだそ...

何故【接触不良】は起こるのか?

ある程度慣れてくれば接触不良なく
取り付けができますが…

初心者の方。特に知識のない方が使用すると、
接触不良が起きてしまいます。

【接触不良】が起こる理由に関係があるのがエレクトロタップ3つの種類!

理由として、配線の太さに合わない
エレクトロタップを使ってしまう事が関係します!

本来エレクトロタップには、
・赤
・白
・青

3種類があり、配線の太さにあわせて
取り付ける事が出来る種類決まっているからです。

エレクトロタップ(赤)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-05-23T154947.580-1.png

0.5〜0.85スケア対応の配線コードになります。

※スケア(sq)は、電線の導体の太さを
表す単位です。

一般的によく使うタイプの
エレクトロタップですね。

社外のナビなどの配線が主に該当します。

エレクトロタップ(白)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-05-23T154903.682-1.png

0.18〜0.36スケア対応のエレクトロタップになります。

あまり使う機会はないかと
思いますが、

ETC機器や一部の電装品の細い配線に
使用する事ができます。

エレクトロタップ(青)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-05-23T154814.774-1.png

1.25〜2スケア対応のエレクトロタップになります。

エレクトロタップの中では
一番大きいサイズですね。

ここまで太いサイズはあまりないかと思いますが、適したサイズで使用します。

間違った取り付けは断線や火災の元

このように、エレクトロタップには
配線それぞれに合わせた種類があるので、

間違った取り付けをしてしまうと断線や火災の原因になってしまいます。

どのような事が原因でなってしまうのか?
それぞれ以下で見てみましょう。

断線する原因になる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-04T143246.621-1.png

まず断線する原因から
見てみましょう。

原因として、配線のサイズに合った
エレクトロタップを使用しない事で起こります。

例えば以下のような例を挙げて
みてみましょう。

・繋げる配線側が0.5Sq 
・使うエレクトロタップは1.25〜2Sq対応の青

繋げる配線側が0.5Sqなのに使うのは
1.25〜2Sq対応。

挟み込んだらどうなると思います?』と
言いたいところですが、

画像を見ていただくとわかりますが
正にこの通りになります。

この状態は、挟み込んだ後から
エレクトロタップを外した状態ですが…

エレクトロタップ側が大きすぎる
ために、

配線が食い込みすぎてしまい中の銅線がちぎれてしまっています。

これでは安定した電気が
流れなくなってしまうので、

電気が伝達できず断線するという訳なんです。

火災の原因になる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-04T143423.493-1.png

もう1つは火災の原因になる事です!

理由としては、配線内の電気の
流れが関係します。

本来、消費電力が多い電装品は、
熱をもちやすい特徴があります。

熱をもつだけならまだいいのですが…

配線がちぎれかけている場合
(断線)は話が別です…

熱をもつ=配線は少なからず負荷がかかります。

これを当てはめると、断線した場合は
電気の流れが悪くなると言う事。

つまり負荷は通常の倍になり、
負荷のかかった配線は

熱をもちすぎて発火する原因を作り出します!

『さすがに発火はないでしょ?』と
思うかもしれませんが、

実際起こる可能性は十分にあります。

なので、使用する場合は正しくサイズを
合わせなければなりません!

逆に原因を理解すれば、デメリットはメリットに変わる!選ぶ場合には作業に合わせて使い分ける

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-04T142009.337-1-2.png

ただし、逆に考えてみてください!

間違った取り付けをすると

・断線の原因
・火災の原因

2つの原因になる訳ですが…

原因の大本となる、配線の太さに合わない
エレクトロタップを使用しなければいい訳です。

つまり、自分の作業に合わせてエレクトロタップを使い分けるといいのです。

以下のようにします。

・0.5〜0.85スケア対応の配線はエレクトロタップ赤を使う

・0.18〜0.36スケア対応の配線はエレクトロタップ白を使う


・1.25〜2スケア対応の配線はエレクトロタップ青を使う

0.5〜0.85スケア対応の配線はエレクトロタップ赤を使う

0.5〜0.85スケア対応の配線コードになります。

※スケア(sq)は、電線の導体の太さを
表す単位です。

一般的によく使うタイプの
エレクトロタップですね。

社外のナビなどの配線が主に該当します。

0.18〜0.36スケア対応の配線はエレクトロタップ白を使う

0.18〜0.36スケア対応のエレクトロタップになります。

あまり使う機会はないかと
思いますが、

ETC機器や一部の電装品の細い配線に
使用する事ができます。

1.25〜2スケア対応の配線はエレクトロタップ青を使う

1.25〜2スケア対応のエレクトロタップになります。

エレクトロタップの中では
一番大きいサイズですね。

ここまで太いサイズはあまり
ないかと思いますが、

適したサイズで使用します。

このように種類によって正しく使い分けることができれば、
おすすめできないという理由はなくなります。

接触不良を起こさない為にも正しく使い分ける事が大切です!

以上、電装品の電源の取り出しにエレクトロタップをおすすめしない理由を紹介しました。

今回の記事のおさらいです。

・おすすめできない=使うなではない
・間違った取り付けは断線や火災の原因
・正しく使うには配線に合ったものが必要

よく聞く、エレクトロタップはおすすめできないという理由。

実際はあまりおすすめができないだけで、
使用できないという訳ではありません。

今回の記事を読んでいただければ
わかりますが、

そもそもの原因は間違った使い方をした場合です!

原因を作らないように正しい
使い方が出来れば、

電源が簡単に取れるという利点を利用して
様々なカスタムに役立てる事が出来ます!

ですので、もし取り付ける場合には
エレクトロタップのサイズや、

配線の太さに注意して取り付けるように
心掛けましょう!

ちなみに、エレクトロタップを正しく取り付けたい人は【【実例あり】エレクトロタップを接触不良なく簡単に取り付ける方法!】を参考にしてみてください。

【実例あり】エレクトロタップを接触不良なく簡単に取り付ける方法!
車のエレクトロタップでお悩みなあなたへ。 当記事では、実際に使用した経験を元に正しい手順と取り付け方法について詳しくご紹介しています。これを見れば(読み終わったその瞬間からでも)知識としてだけでなく、実践できるようになりますよ。どうぞ最後までご覧下さい。

エレクトロタップの関連記事

≫【初心者でも使いやすい】電源の分岐におすすめのエレクトロタップ3選!

(Visited 6,548 times, 4 visits today)
タイトルとURLをコピーしました