エレクトロタップ商品紹介&使い方

車の配線を簡単に分岐できるエレクトロタップはどんな仕組みになっている?

エレクトロタップ
この記事は約4分で読めます。

・エレクトロタップってどんな部品?
・どういった仕組みになっているの?
・自分でも知っておきたいので詳細を教えてほしい

そんな悩みにお応えします。

今回の記事を読む事で、エレクトロタップについて理解が深まり、読んだその日からでも実践できますよ。

私自身は今は退職しましたが、

・車の整備士
・趣味のカスタムとして

合計すると10年以上は車の作業に携わってきました。

その中で、エレクトロタップについても実際に取り付けた経験があります。

ただ最初に言っておきますが、自分本位で
適当に作業する事はおすすめとは言えません。

理由は簡単で、作業時もしくは作業後に
失敗をするリスクが高くなるためです。

たとえばよくあるのが

接触不良です。

接触不良=電気が流れなくなる。

電気が流れないと電装品が作動しないので、
繋げる意味がなくなります。

しかし、事前に正しい仕組みを知れば取り付け後の
失敗のリスクも大きく減らせますよ。

よく聞く

整備士だからできるんでしょ?

と言う事はないので安心してください。

なので、皆さんもこの機会に正しい手順を覚えて実践に役立てていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エレクトロタップは電装品を取りつける際に便利な部品!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-04T142009.337-1-20-5-12.png

エレクトロタップは、

配線分岐
・配線から電源を取り出す際に

使用されるコネクターになります。

エレクトロタップの便利なところは、
配線から電源を取る際に

被膜を剥く。はんだ付けをする。
と言った手間を必要とせず、

手軽に配線分岐ができることです。

エレクトロタップの構造と仕組み

簡単にエレクトロタップについて
説明しましたが、

これだけ見れば『被膜を剥く必要がない?

はんだ付けも必要ない?

ならどうやって取り付けるものなの?と
なると思います。

なのでここからは構造に迫っていきましょう!

エレクトロタップの構造と仕組み

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-04-19T225930.627-1.png

と言っても難しく考える必要は
ありません。

何故なら理由は簡単で、エレクトロタップとは
そもそも配線に割り込ませて、

電源を分けてもらう部品だからです!

仕組みとしては、挟み込む事で
ペンチの圧でエレクトロタップが押され、

配線に切り込みが入ります。

この切込みが入る事で電気が
伝達する事になります!

例えば、ギボシ端子を例に
話をしましょう。

ギボシ端子を取り付ける場合は、
電気を伝達させるために

被膜を剥いて銅線を端子に接触
させるように取り付けますよね?

実はエレクトロタップも仕組みと
しては同じです。

エレクトロタップの場合は、
配線に切り込みが入る事で

中間の刃が銅線と接触して電源側の電気をもう一方に伝達する形になります!

被膜を剥くことやはんだ付けをする

2つの工程を必要としない理由は
ここにあります。

ただし、間違った使い方をすると接触不良の原因になる?

ただし、使い方を間違えると
接触不良の原因になります。

それは何故か?

その理由として挙げられるのが、
被膜を剥く必要がないと言う事です。

エレクトロタップは本来被膜を剥く。
はんだ付けをする。

と言った手間を必要としない代わりに、
配線を挟み込む事で電気を

伝達させる部品です。

つまりこの挟み込む工程こそが
使い方次第で接触不良を引き起こします…

せっかく取り付けても、接触不良になったら
元も子もないですよね?

なので、まずは正しい選び方を
するのが大切です。

正しく使用するには種類ごとに使い分けることが大切!

その選び方とは、種類ごとに
エレクトロタップを使い分ける事です!

エレクトロタップには、赤・白・青と
サイズごとに色分けがされています。

エレクトロタップ(赤)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-07-22T150905.546-1.png

0.5〜0.85スケア対応の配線コードになります。

※スケア(sq)は、電線の導体の太さを
表す単位です。

一般的によく使うタイプの
エレクトロタップですね。

エレクトロタップ(白)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-07-22T164203.892.png

0.18〜0.36スケア対応
配線コードになります。

あまり使う機会はないかと
思いますが、

ETC機器や一部の電装品の細い配線に
使用する事ができます。

エレクトロタップ(青)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-07-22T164033.555.png

1.25〜2スケア対応
配線コードになります。

エレクトロタップの中では
一番大きいサイズですね。

ここまで太いサイズはあまり
ないかと思いますが、

適したサイズで使用します。

このように、種類によってどの電装品の
電源を取るかで使い分けが可能となります!

もちろん間違った使い方をすればそれなりの
リスクを負う事にはなりますが…

仕組みや構造を理解したうえで
正しく使用すれば、

あなた自身のカスタムにおいて
多大なる効果を発揮してくれる事

間違いないでしょう!

正しく使って自身のカスタムに役立てよう!

以上、今回紹介したエレクトロタップは
電装品の電源を取る際に便利な商品です。

使い方を覚えてしまえば初心者でも
使用可能なので、

是非覚えて自分だけのカスタムに
役立ててみてください!

エレクトロタップの関連記事

≫エレクトロタップの使用をetcなどの電源確保におすすめしない理由とは?

≫【実例あり】エレクトロタップを接触不良なく簡単に取り付ける方法!

≫【初心者でも使いやすい】電源の分岐におすすめのエレクトロタップ3選!

(Visited 288 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました