純正HIDが暗く感じるのは何故?実例から学ぶ【3つの原因と対策】

ヘッドライト
この記事は約7分で読めます。

純正HIDが暗く感じるのには原因があるって聞いたけど。どんな事が原因なの。対処するにはどうすればいい?

このような悩みはありませんか?

一般的にヘッドライトはハロゲンのイメージですが、グレードや年式などによっては純正で
HIDが使われる場合もあります。

当然ハロゲンよりも明るいので夜間走行でも
安心して使うことが出来ますが…

ふとした時に暗く感じることがあります。

実際過去に私も同じような症状に
陥った経験がありました。

使い始めた当初は明るさも問題なく、
夜間でも視認性に問題がない状態でした。

ですが日に日にライトが暗く感じるようになり、最終的には半分くらいの明るさに。

その時は交換も考えましたが、調べていた時にたまたま3つの原因が元で症状が起きやすくなるという解決策を見つけて実行することにしました。

結果としては明るさの改善ができ、
元の視認性に戻すことに成功。

この記事ではその経験を活かして、考えられる3つの原因や対処方法。防ぐための対策について詳しく解説していきます。

記事を読むことで知識を得ることはもちろん。これから先のトラブル回避にも繋がるので参考にしてみてください。

HIDが暗い原因は3つ!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%B0%8F%E8%A6%8B%E5%87%BA%E3%81%97%E3%82%92%E8%BF%BD%E5%8A%A0-2022-04-03T092657.369-1-3.png

早速ですが、HIDが暗く感じる
原因について見ていきましょう。

まず考えられる原因としては

光軸のずれ
レンズの汚れ
HIDバルブの劣化

3つが関係してきます。

光軸のずれ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-02-14T170343.683-1.png

1つ目は光軸のずれです。

というのも、ヘッドライトは前照灯
とも呼ばれるもので、

照らす工程で光軸を合わせる必要があります。チェックポイント

光軸=レンズの中心と焦点を通る直線の事

光軸を合わせないと照らす方向が変わるので、ライトを交換しても暗い事は変わりません…

たとえば懐中電灯を例に挙げてみましょう。

懐中電灯もヘッドライト同様で、まっすぐ向ければ明るく照らす。

下に向ければどんなに明るい懐中電灯でも暗く感じる。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-08-12T023658.428-1.png

こういった症状に見舞われます…

つまり、光軸がずれると走行車線からズレた方向を照らすので暗くなるという結果になる訳です!

なので、雨の日見えないと感じるなら光軸を調整する事で解決できます。

光軸調整自体は調節ねじを弄るだけなので簡単ですが、どうしても自分で出来ない場合には整備工場やカー用品店などに依頼するのがおすすめです!

レンズの汚れ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-02-14T171924.688-1.png

2つ目はレンズの汚れです。

レンズが汚れる原因は、経年劣化や紫外線で
黄ばむ事が関係してきます。

レンズ汚れが発生すると、次第に曇る事で
ライトが照射しにくくなるので暗くなります。

一度レンズが曇ってしまうと
拭き取らない限り暗いままなので、

もし症状が変わらない場合には曇りを解消することで解決できます。

HIDバルブの劣化

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-08-17T191532.697-1.png

3つ目はHIDバルブの劣化です。

購入した当初は明るいのに
次第に暗くなる。

夜間に暗い場合にはバルブの明るさが落ちていることが多いです。

暗くなった場合の対処方法

続いて暗くなった場合の対処方法です。

対処としては

・光軸を合わせる
・ヘッドライトレンズの黄ばみや汚れを取る
・バルブを交換する

3つを実践しましょう。

光軸を合わせる

1つ目の対策として光軸を合わせる事です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-02-14T161148.627-1.png

光軸調整レンチと呼ばれる専用工具を
使用して調整します。

赤〇のように、光軸調整レンチを使いヘッドライト付近の調整ねじを左右に弄ります。

調整をすると照らす方向が変わるので、走行に合わせて弄ってみましょう。

ヘッドライトレンズの黄ばみや汚れを取る

2つ目はヘッドライトレンズの黄ばみや汚れを取る事です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-02-14T163323.147-1.png

最初の原因でも紹介しましたが、
レンズが汚れる事で暗くなり見にくくなります。

なので、バルブを交換した上でライトの黄ばみや汚れを取り除く事で視界がクリアになり暗くなるのを防ぎます。

バルブを交換する

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2024-01-10T074420.537-1.png

3つ目はバルブを交換する事です。

純正HIDの場合は車種用設計になっているので、
気軽にLEDやハロゲンに交換する事ができません。

そのため、

・純正の同じバルブ
・車外のバルブ(D2R・D2SやD4R・D4S)

に交換するのが一般的です。

※Rはリフレクタータイプ。Sはプロジェクタータイプ。

慣れてくれば交換自体は簡単ですが、自分で出来ない方は整備工場やカー用品店などに依頼するのがおすすめです!

夜間に視界が見えにくくなるのを防ぐ対策

最後は暗くなるのを防ぐ対策について見ていきましょう。

実際になった場合の対策として、

・バルブに合わせて光軸を調整する
・HIDバルブを適度な時期で交換する
・ヘッドライトレンズをコーティングする

それぞれ詳しく見ていきましょう。

バルブに合わせて光軸を調整する

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-02-14T161148.627-1.png

バルブに合わせて光軸を調整する事で
夜間に暗くなることを防げます。

というのもヘッドライトは純正のバルブ状態で合わせて調整してあるものなので…

社外品に替えた場合には多少ながら光軸がズレます。バルブによっては関係ない方向を向く場合もあります。

そのため、バルブ交換をするたびに適度に調整する事が対策となります。

HIDバルブを適度な時期で交換する

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2024-01-10T115321.188-1.png

2つ目はHIDバルブを適度な時期で交換する事です。

バルブは基本消耗品なので、
いつまでも使えるという事はありません。

使うたびに劣化していき次第に暗くなる。
最終的には球切れとなる仕組みです。

そのためある程度適度な時期で交換する事が最適となります。

3~4年程が寿命になるので、それ以前を目安に交換するといいでしょう。

ヘッドライトのコーティングをする

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2024-01-10T122408.462-1.png

3つ目はヘッドライトのコーティングをする事です。

コーティングは簡単に言えば保護剤の事。

通常のヘッドライトはポリカーボネートというプラスチック系統の材料で作られているため、熱や紫外線に弱く黄ばみなどの原因を引き起こしやすくなります。

そのため、レンズの上からコーティングをする事で
熱や紫外線・傷などを抑えて汚れを防ぐ事ができます。

コーティングには自分で作業する方法と業者に依頼する方法がありますが、自分でやる自信がなければプロの業者に任せるのも一つの手です。

ちなみに自分でやるならピカピカレイン ヘッドライト コーティング剤がおすすめです。

厚いバリア層によりヘッドライトを保護して耐久性が上がる事はもちろん。撥水効果により汚れが付きにくく、また落としやすくなります。

このように、対処法だけでなく事前に対策を打っておくことで防ぐ事も出来るので参考にしてみてください。

記事のまとめ

以上、夜間に車のHIDバルブが
暗く見えにくい原因を紹介しました。

今回の記事を簡単にまとめると
以下のようになります。

HIDが暗く感じる3つの原因
・光軸がずれる事で暗く感じる
・ヘッドライトバルブが劣化して見えにくくなる
・レンズが汚れる事で視界が悪くなる
暗くなった場合の対処方法
・光軸を合わせる
・ヘッドライトレンズの黄ばみや汚れを取る
・バルブを交換する
 
対策
・光軸の調整をする
・明るいライトに交換
・レンズをコーティングする

など車の状態によって対策する事で
安心して夜間でも走行が出来る事でしょう。

また、純正のまま明るさをupしたい方は【純正HIDパワーアップキット】が最適です。

純正HIDパワーアップキットって何?

配線の切断や加工が必要なく、バラストとバルブの交換だけで光量upが望める物だね。

一般的には純正HIDバルブの場合HID設計で取り回しがしてあるので、後からハロゲンやLEDに交換をすることができません。同じHIDでも純正交換に対応したタイプでないと取り換える事も出来ません。

そのため純正のまま使い続けるか、交換専用の
バルブに替えるかの2択になります。

ですが、そのままだと選択肢が少ない事で
明るさ問題が改善しないことがおおいです。

ただそんな時におすすめなのが純正HIDパワーアップキットです!

先にも言ったように、配線の切断や加工が必要なく
バラストとバルブの交換だけで光量upが望めます。

例えば55wのパワーアップキットを使った場合。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2024-01-10T061322.114-1.png

純正が2700lmなのに対して、パワーアップキットでは3800lmと約1.4倍の明るさに変化させることができます。

光量upに伴い建物や遠くの路面までくっきり
映せるので夜間の運転も安心してできます。

また、パワーアップキットはただ明るいだけでなくタイプ(プロジェクターやリフレクター)に合わせた設計なので車検にも適合します。

・光量upをしたい
・配線加工の手間がない物がいい
・車検にも適合するものが欲しい

こんな方は【純正HIDパワーアップキット】を選択するのも1つの手です。

(Visited 2,405 times, 1 visits today)