イルミ電源の配線分岐や電源確保に役立つおすすめの補助パーツ5選

イルミ電源
この記事は約10分で読めます。

イルミ電源を自分で取ってみたいんだけど。どんなパーツが必要なの?作業に役立てたいからおすすめが知りたいな。

こんな悩みはありませんか?

通常イルミ電源と言えば、スモールスイッチをONにした時に流れる電源。

電気を探すだけなら【検電テスター】を用いれば見つけることはできますが…

電源の確保となると別途で補助パーツが必要となります。

そのためいざ自分で電源確保をと思っても、必要なパーツがわからずについつい車屋さんに任せてしまうこともあるでしょう。

もちろん。任せるのも悪くは無いですが、

・作業工賃を抑えたい
・好きな時間に作業したい

などの理由からデメリットも少なからずあります。

逆に自分で出来るようになれば、好きな時に交換が出来るのはもちろんの事。その都度かかる工賃も抑える事が出来ますよ。

今回の記事では、自分でやりたい人向けに

✅パーツを選ぶポイント
✅おすすめの補助パーツ
✅中でも特におすすめできるパーツ

について順を追ってそれぞれ解説していきます。

今回の記事を最後まで読めば、これから先自分で電源を取るときにスムーズな作業ができるようになります。

パーツを選ぶポイント

それではまずパーツを選ぶポイントについて

いきなりおすすめを紹介してもいいですが…

選ぶポイントを先に知っておけば作業に適したものに出会う確率が上がるので、参考として覚えておくとおすすめです。

ポイントとしては

・どこから電源を取るのか
・どのくらい電源が必要になるのか

最低限2つを参考にしてみましょう。

どこから電源を取るのか

まずどこから電源を取るのかについて。

タイトルの通り電源はイルミ電源ですが…

・ポジションランプ配線
・オーディオ裏配線
・ヒューズボックス

3種類あるのでどんな補助パーツを使うのか変わってきます。

例えばオーディオ裏ならギボシ端子。ヒューズボックスならヒューズ電源と言うように。

どこから取るのかを明確にしておくと選びやすくなります。

どのくらい電源が必要になるのか

2つ目はどのくらい電源が必要になるのかについて。

電源自体は、基本配線を割り込ませて使うので
そのまま増やすと言う事はできません。

例えば電装品を1つ取り付けたいなら電源は1つ。電装品が複数なら数に合った電源を分岐する必要があります。

特に複数必要になった場合には、それに見合った
パーツを使う事がおすすめと言えます。

例にするなら【プラスマイナス分岐ターミナル

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E6%8A%BC%E3%81%97%E8%BE%BC%E3%82%80%E3%81%A8%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%8C%E8%A7%A3%E9%99%A4%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E9%85%8D%E7%B7%9A%E3%82%92%E5%B7%AE%E3%81%97%E8%BE%BC%E3%82%81%E3%82%8B-4-1.png

最大で4つまで分岐ができるパーツ。

大元の電源をイルミ電源とつなげれば、
それぞれに電気が流れ複数分岐が可能となります。

もちろんギボシなどの単体パーツを無理やり分岐させてなどの方法もありますが…

分岐できるパーツがあるならわざわざ作る必要はありませんよね?

そのため、作業に合わせてどのくらい電源が必要になるのかを知っておくと便利なパーツに出会えます。

簡単ではありますが、適当に選ぶよりはいくつかポイントを押さえて選ぶことで購入後の失敗のリスクを減らせます。

おすすめのイルミパーツ5選

それではおすすめのイルミパーツに
ついて見ていきましょう。

値段の安い物から性能を重視した
ものまであるので、

自分に合ったものを選んでみてくださいね。

ギボシ端子 3305

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%B0%8F%E8%A6%8B%E5%87%BA%E3%81%97%E3%82%92%E8%BF%BD%E5%8A%A0-2022-04-07T142141.599-1-1.png

【仕様】
・使用可能電力:
 DC12V車200W以下
 DC24V車400W以下
・適合コードサイズ:AV(S)0.5〜2sq
・材質:
 端子/黄銅(スズメッキ)
 スリーブ/PVC

【内容物】
・ギボシ端子(オス)×8
・ギボシ端子(メス)×8
・オススリーブ×8
・メススリーブ×8

ギボシ端子3305はエーモンから出ているパーツ。

電源を確保する際に電源側のオスまたはメス端子と繋げることで電気の伝達ができるパーツです。

一般的な使い方としては、

・ギボシ端子同士を繋いで電源を伝える
・電源を分岐する

端子を繋いでる間は繋げた電源で電気がながれ、
条件を満たした時のみ遮断する仕組みです。

0.5〜2sqの条件内で配線同士を繋げる場合におすすめできるパーツです。

3305をさらに知りたい場合は、以下記事を合わせて読んでみましょう。

【エーモン】ギボシ端子3305を選んだ理由と気になるデメリット2つ! ≫

【レビュー】ギボシ端子セット3305の気になるメリット・デメリット
当記事では、ギボシ端子3305を使う上で知っておきたいメリットデメリットについて解説していきます。 この記事で解説している事を実践できれば、メリット・デメリットを理解するだけでなく自分のカスタムに本当に必要なのかわかるようになります。 また、記事の後半では口コミと共にまとめた内容についても解説しています。

接続コネクター3328

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E9%85%8D%E7%B7%9A%E3%81%AF%E5%A5%A5%E3%81%AB%E3%81%82%E3%81%9F%E3%82%8B%E3%81%BE%E3%81%A7%E6%8A%BC%E3%81%97%E5%BD%93%E3%81%A6%E3%82%8B-6-1.png

【仕様】
・適合コードサイズ/使用可能電力:
 AV(S)0.2〜0.3sq
  DC12V車24W以下
  DC24V車48W以下
 AV(S)0.5sq
  DC12V車36W以下
  DC24V車72W以下
・材質:
 本体/PC
 コンタクト/銅合金(スズメッキ)

接続コネクター3328は、0.2sq~0.5sqの
配線接続に対応したパーツです。

本来であれば、0.2sq⇒0.5sqもしくはその逆で
接続すると過電流の危険性がありますが…

接続コネクター3328を活用すれば安全にサイズの変換ができます。

特に接続コネクター3328とギボシ端子3305を組み合わせれば、0.2sq~2sqまで幅広く使えるようになります。

接続コネクター3328をさらに知りたい場合は、以下記事を合わせて読んでみましょう。

プラスマイナス分岐ターミナル

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-25T045307.844-1.png

【仕様】
・DC12V車専用
・使用可能電流(合計):5A
・使用可能電力:
 DC12V車60W以下
 DC24V車使用不可
・適合コードサイズ:0.12sq〜1.25sq相当(AWG26~16)
・付属コードサイズ:0.5sq×約60cm

【内容物】
・プラスマイナス分岐ターミナル×1
・両面テープ:×1
・ギボシ端子付コード×1
・クワ型端子付コード×1

プラスとマイナスの両方の分岐ができる
ターミナルになります。

インポート側に電源配線を繋げる事で、
アウトポート側で最高4つまで分岐が可能です!

簡単に言えば大本をACC電源につなげるだけで、分岐側それぞれからACC電源が取れるようになります。

プラスマイナス分岐ターミナルをさらに知りたい場合は、以下記事を合わせて読んでみましょう。

プラスマイナス分岐ターミナル2831を車で使った感想とデメリット ≫

【レビュー】プラス・マイナス分岐ターミナル2831のメリット・デメリット
プラスマイナス分岐ターミナル2831にはどんなメリット・デメリットがあるのかを事前に知っておけば、知識として覚えておく事も出来ますし、カスタムとして役立つパーツかを明確に出来ます。また、後半では類似品との比較もまとめているので参考にしてみてください。

エーモン【3336】配線コネクター 赤

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-06-09T050006.891-1.png

【仕様】
・適合コードサイズ:AV(S)0.5〜0.85sq
・使用可能電力:
 DC12V車110W以下
 DC24V車220W以下
・材質:
 コネクター/PA66
 エレメント/黄銅(スズメッキ)
・カラー:赤
0.5〜0.85スケア対応の配線コネクターになります。
 

※スケア(sq)は、電線の導体の太さを
表す単位です。

一般的によく使うタイプの配線コネクターです。

社外のナビなどの配線が主に該当します。

¥550 (2023/01/04 13:40時点 | Yahooショッピング調べ)

ヒューズ電源

画像に alt 属性が指定されていません。 ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-07T085635.177-1.png

ヒューズ電源の特徴は、車のヒューズと差し替える事で簡単に電源が取れる事です。

例えば、20Aのヒューズ電源があるとして、
差し替えるのは同じ20Aです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-29T234324.322-1.png

するとどうなるかというと、差し替えるだけで電源が取れるようになります。

20A=常時電源
15A=イルミ電源
10A=ACC電源

というようにA数に応じて電源が取れます。

※ただし、A(アンペア)数の数値全体でなく、そのうちの半分の電気までしか取れないので注意です!

また、紹介したものは平型ヒューズになりますが、他にもミニ平型・低背ヒューズがあります。

全部書くと長くなるから、詳しくは以下を参考にしてみてね。

車のヒューズboxから電源を取る(10・15・20a)のヒューズ電源おすすめ9選 ≫

車のヒューズboxから電源を取る(10・15・20a)のヒューズ電源おすすめ9選
最適なパーツを事前に理解した上で選べば、ストックとして揃えておく事も出来ますし、購入してからスムーズに作業に役立てる事ができます。また、記事の前半ではパーツを選ぶポイントも解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

5つの中で選ぶならどの補助パーツが最適?

いくつかパーツがあるのはわかったけど、その中から選ぶならどれがいいんだろ?

自分の使い方次第になるけど、ヒューズ電源やギボシ端子+接続コネクターの組み合わせだね。

ヒューズ電源を使った電源確保

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-07T085635.177-1.png

1つ目はヒューズ電源を使った電源確保です。

ヒューズ電源は、特定のヒューズと差し替えるだけで簡単に電源が取れるもの。

たとえば、今回の常時電源であれば20Aが該当するので、黄色のヒューズ電源を使って同じく黄色いヒューズと差し替えると電源確保ができます!

この方法であればショートなどのトラブルになる危険性が少ないので、初心者でも簡単に使いこなすことができます。

【簡単1分】エーモンヒューズ電源を使ってボックスから電源を取る方法】で使い方を解説しているので、参考として読んでみてください。

【簡単1分】エーモンヒューズ電源を使ってボックスから電源を取る方法
この記事では、ヒューズ電源を使う上で知っておきたい。電源を取り出すまでの手順について解説しています。 正しい手順を事前に理解しておけば、実際に作業が必要になった時に読んだその日からでも電源の取り出しができるようになります! また、記事の後半では10A以外にも使えるヒューズ電源の種類も合わせて解説しているのでぜひ最後までご覧ください。

ギボシ端子+接続コネクターの組み合わせ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-06T003245.096.jpg

2つ目はギボシ端子+接続コネクターの組み合わせです。

接続コネクター3328は0.2~0.5sqまで対応のパーツで、画像のように細線と太線でもつなぐ事ができます。

ETC車載機やドライブレコーダーなど。細線を使用している電装品は意外と少なくないので、こんな時に役立てると便利です。

また、接続コネクターにすることで接触不良のリスクを減らすことにもつながります!

実例を使った作業方法については、【【実例あり】配線を0.2⇒0.5Sqに変換してLEDを点灯させよう!】で紹介しているので合わせて読んでみてください。

車の配線を0.2⇒0.5Sqに変換してLEDを点灯させる方法と手順
この記事は、車の配線を0.2⇒0.5Sqに変換させるやり方がわからない人向けに、正しいつなぎ方とLEDを点灯させるまでの手順について解説しています。作業後の確認事項も同時に紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

合わせて知っておくとおすすめな購入方法について

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AE%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F-2-1.png

ここまで読んで、おすすめな購入方法も一緒に知りたいなという方は参考にしてみてください。

購入方法①Amazon

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-30T150617.439-1.png

①つ目はAmazonです。

AmazonはTカードが使えるのでポイントで購入する事が出来ます。

また、購入前にAmazonプライム会員になるかどうかで送料に差がつきます。

例えば

・非会員の場合は500円ほど送料かかる
・会員の場合は送料が無料(¥0)

通常であれば商品+送料(500円)がかかるところですが…

事前にAmazonプライム会員になる事で送料の分が免除になるので、実質商品だけの値段で購入ができるようになります。

・少しでも安く購入したい
・送料をどうにかしたい

・お金の代わりにポイントで買いたい

こんな方にAmazonでの購入はおすすめです。

購入方法②楽天

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-30T150514.489-1.png

②つ目は楽天市場です。

楽天市場の特徴はポイントが付きやすい事。

商品が驚くほど安くなると言った事はありませんが、通常よりも倍のポイントがつく事で購入する際にお得になります。

たとえば

・5と0のつく日は2倍
・楽天会員ポイント1倍
・5と0のつく日+会員+楽天カード決済で5倍

というように変化します。

うまく活用すればポイントを貯めて商品を購入する事も、ポイントで割り引いて安く購入する事も出来ます。

・少しでも安く購入したい
・お金の代わりにポイントで買いたい

こんな方に楽天での購入はおすすめです。

※ちなみに、楽天カードへの新規入会がまだの方は新規入会&利用で5000ポイントがゲットできます。

 購入方法⓷ヤフーショッピング

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-30T151157.702-1.png

⓷つ目はヤフーショッピングです。

ヤフーショッピングは、楽天同様に5のつく日に商品を購入するとお得になります。

5のつく日キャンペーンは毎月5日・15日・25日に開催されてるもので、Yahoo!ショッピングの全ショップでpaypayポイント還元率が5%になります。

まとめると

・公式サイトは5%OFFクーポンがお得
・Amazonはプライム会員で送料が無料に
・楽天は5と0のつく日がおすすめ
・ヤフーショッピングは5のつく日にpaypayポイント還元率が5%に

どの購入方法を選ぶかは人それぞれですが…

自分に合った選択をすることで安くお得に入手する事ができます。

記事のまとめ

以上、イルミ電源が取れるおすすめのパーツを紹介しました。

今回の記事のおさらいです。

おすすめのイルミパーツ5選
結局どれがおすすめなの?
ヒューズ電源を使った電源確保
ギボシ端子+接続コネクターの組み合わせ

記事でもわかる通り、作業に合わせてパーツを
選ぶことで便利に使い分ける事ができます。

実際に私自身も使ったことがあるパーツなので、まずはどんな作業で使うのかを明確にしたうえで選ぶと購入後に失敗するリスクを減らせます。

当サイトでは、他にも電源のおすすめ補助パーツも紹介しているので合わせて参考にしてみてください。

(Visited 1,030 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました