タイヤお悩み解決&基礎知識タイヤ

スペアタイヤを使い続ける危険性!間違った使用で起こる症状とは?

タイヤ
この記事は約3分で読めます。

走行中車のタイヤがパンクした時などに
応急用として便利なスペアタイヤ。

実は走行可能な距離や速度が決まっていて、
使い続けると危険って知っていましたか?

スペアタイヤは応急用として便利な
ものではありますが、

間違った使い方をしてしまうと
事故の元です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スペアタイヤは応急用で使用するタイヤ

走行中車のタイヤがパンクした際に、

応急用として使用される
タイヤの事をさします。

普段はトランクなどにしまわれている

スペアタイヤは、普段履いている

タイヤとは異なり、

 

軽自動車や普通車はトランク。

 

ミニバンなどは車体の下に

しまわれています。

年式によっては、パンク修理キットになっている物も

では、すべての車種に

スペアタイヤが装着されているのか?

 

と言われるとそうでもなく、車によっては【パンク修理キット】

 

に代わっている場合もあります。

 

主に年式が比較的新しめな車種ですね。

 

それ以前ならほとんどの車種に

スペアタイヤが装備されています。

スペアタイヤを普段使いする事は絶対ダメ!

装備されているからといって、

普段使いで使用する事はできませんが…

 

あくまで応急用という形で

装備されています。

 

ではなぜ普段使いで使用が

出来ないのか?

普段使いできない理由1.走行を前提に作られていない

それは、スペアタイヤが走行を前提に

作られていない設計だからです。

 

スペアタイヤは一般のタイヤ

よりも細いため、

 

安定した走行をするために空気圧を高めに設定しています。

※普通のタイヤが空気圧210〜240kpaなのに対して、

スペアタイヤは420kpa

普段使いできない理由2.バーストの症状の危険がある

高めに設定する事で安定はしますが…

 

その代わりに空気圧が高いと、タイヤが衝撃を吸収しにくくなってしまい、

 

外部からの衝撃やダメージに弱くなるというデメリットが生じます。

 

つまり、落下物を踏んだ際に

バースト(破裂)しやすくなる訳です…

 

そのため、走行可能な最高速度80Km・走行可能連続距離100Kmと決められています。

 

普段使いできない理由はここにあります。

それでもなお、スペアタイヤを採用する理由は重量に関係がある!

コストだけが理由じゃない! スペアタイヤに標準装着のタイヤ&ホイールを採用しない理由 | 自動車情報・ニュース WEB CARTOP

では何故、そうまでしてデメリットまである

応急タイヤを採用するのか?

 

それは、標準タイヤにするより

重量を軽くできる

 

と言う利点があるからです。

 

車は、本来走行するにあたりハンドリングや

その他性能において

 

重量の影響が大きく関わって来ます。

 

そのため、極力軽量化する

必要があります。

 

重くなればその分、減速時にブレーキの効きが悪くなったり

 

燃費の悪化といった事が生じます…

 

軽量化する事で、重量や性能の安定化

だけでなく、

 

緊急時の対処として走行を

可能にできるわけです。

 

また移住空間を広めにするためには、

 

どうしても標準装着のタイヤではスペースの問題が生じます。

 

大きく重量のあるタイヤでは、

スペースも重量も解決する事ができない…

 

そこで導き出された答えが

スペアタイヤと言う訳です。

 

幅を細く径を小さくする事で、

 

スペースの確保と軽量化両方を

可能にしました。

 

連続走行距離・最高速度が決まっていてもなおスペアタイヤを採用するのには、

 

こういった理由がある訳ですね!

まとめ:スペアタイヤはあくまで緊急時に使用する物!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 87c379f1c86487600143df6fadfbd368-2-1024x682.jpg

このように、スペアタイヤはただ単に装備

されているだけでなく

 

きちんとした意味をもって

存在している訳です。

 

また、使用する面であっても、

・標準装着のタイヤより幅が細く径が小さい

・走行可能な最高速度80Km

・走行可能連続距離100Km

という条件付きなタイヤなため、あくまで

緊急時の一時的な手段

 

として用いられているので、

 

もし、使わざるを得ない状態に

なってしまった場合には、

 

長時間の走行に使用はせず、

早めに交換をする事を心掛けましょう!

(Visited 114 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました