車の購入前に知るべき【7つの費用】と上手にお金をためる貯金のコツ

車の購入・廃車・売却
この記事は約7分で読めます。

車の購入には7つの費用がかかるって聞くけどどうなの?実際どんなことにお金がかかるの?自分でも知っておきたいので詳細を教えてほしい

こういった疑問にお答えします。

まずはこの記事を書いた自分は

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E2%9C%85%E5%85%83%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E6%95%B4%E5%82%99%E5%A3%AB-2-1.png

この記事のテーマ
車の購入前に知るべき【7つの費用】と上手にお金をためる貯金のコツ

✅購入に必要な7つの書類
✅上手にお金を貯めるコツ

この記事では、車に乗る上で知っておきたい。購入前に知るべき【7つの費用】について解説しています。

掛かる費用を事前に理解しておけば、実際に購入が必要になった時におおよその費用を算出する事ができます!

また、記事の後半では上手にお金を貯めるコツも合わせて解説しているのでぜひ最後までご覧ください。

ちなみに、今回紹介した車の購入については以下の順番で確認していくとわかりやすいからおすすめだよ。

①【たった一度】の人生の中で車を購入するベストなタイミングはいつ? ≫

②車の購入前に知るべき7つのかかる費用と上手にお金をためる貯金のコツ!👈いまここ

③車購入に必要な【7つの書類】と初心者にも分かる購入までの流れまとめ ≫

スポンサーリンク
スポンサーリンク

車の購入にかかる7つの費用

それでは早速ですが、どのような費用が
掛かるのか順を追ってみていきましょう。

紹介する費用は以下のものです。

・車両本体の費用
・消費税
・リサイクル料
・ナンバープレート代
・車庫証明代
・自動車税代
・代行手数料

購入にかかる費用1:車両本体の費用

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-05T223624.199-1.png

1つ目は車両本体の費用です。

これが一番高い出費になりますが、数十万~数千万まで。車によって様々です。

購入自体はどうにでもなりますが…

後先考えずに購入した場合、
その後の生活に支障が起きてしまいます。

なので、本体費用以外に余分に考える
事が大切となります。

購入にかかる費用2:消費税

2つ目は消費税です。

消費税は車両代にプラスしてかかるもので、
税金と考えればいいでしょう。

たとえば現在は消費税が10%なので、350万円する車を購入する場合。350万×0.10=35万となります。

なので、この場合に支払うべき消費税は35万円となります。

実際は購入する車両によって料金が変わるので、もし購入を視野に入れるなら貯金の際に合わせて
考えておくといいでしょう。

購入にかかる費用3:リサイクル料

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-05-10T153002.217-1.png

3つ目はリサイクル料です。

リサイクル料は所有者が負担する
処分費用の事で、

廃棄処分になる費用をあらかじめ
先に支払うものです。

実際法令で決められているので、
車を購入時に支払います。

費用は以下のように決められています。

リサイクル料金の水準
自動車の種類3品目のリサイクル料金の合計額の水準
軽・小型乗用車(コンパクトカー)
エアバッグ類4個、エアコン有り
7千円~1万6千円程度
普通乗用車
エアバッグ類4個、エアコン有り
1万円~1万8千円程度
中・大型トラック
エアバッグ類2個、エアコン有り
1万円~1万6千円程度
大型バス
エアバッグ類2個、エアコン有り
4万円~6万5千円程度

※加えて、資金管理料金290円(新車購入時、H29.4.1改定)
または410円(廃車時、H29.4.1改定)、

情報管理料金130円(H24.4.1改定)が必要となっています。

産業省による自動車リサイクル法より引用

購入にかかる費用4:ナンバープレート

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E2%91%A0-65-1.png

4つ目はナンバープレート費用です。

ナンバープレートは公道を走行する際に必要なもので、

・新規登録
・名義変更(中古車で県が変わる場合)

この2つの場合でナンバープレート費用が
必要となります。

その際にかかる費用は各都道府県の陸運局。
軽自動車検査事務所で異なりますが、

一般的にはプレート本体が2000円。字光式ナンバーなら5000円ほどかかります。

購入にかかる費用5:車庫証明の手続き

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E2%91%A0-66-1.png

5つ目は車庫証明の手続き費用です。

車庫証明は車を購入する際に必要な
書類のうちの1つです。

新車もしくは中古車を購入する際に、
保管場所の登録としての役割を持ちます。

取得する場合

・申請で2100円
・表彰交付手数料500円

合計で2600円がかかります。

購入にかかる費用6:自動車税

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E2%91%A0-67-1.png

6つ目は自動車税です。

自動車税は毎年5月ごろに請求されるもので、
その料金は車の排気量により異なります。

たとえば

・軽自動車なら10800円
・1000以下なら25000円
・1000~1500なら30500円
・1600~2000なら36000円
・2000~2500なら43600円
・2500~3000なら50000円
・3000~3500なら57000円

というように、排気量により大きく変わります。

購入にかかる費用7:代行手数料

7つ目は代行手数料です。

車の納車を代行で依頼する場合、2万円ほど費用が掛かります。

ただし、この費用はあくまで目安としてなので、
実際には業者により差があります。

また、そのほかに書類も別途で依頼すると
価格が変動するので確認してみましょう。

必要となる書類まとめ

車購入に必要な【7つの書類】と初心者にも分かる購入までの流れまとめ
この記事では、車に乗る上で知っておきたい。購入に必要な【7つの書類】について解説しています。必要な書類を事前に理解しておけば、実際に購入が必要になった時に後から足らなくなって焦る事がありません!結果として、購入までの手続きがスムーズに出来るようになります。また、記事の後半では購入までの流れも合わせて解説しているのでぜひ最後までご覧ください。

上手にお金を貯めるコツ!

続いて上手にお金を貯めるコツについて見ていきましょう。

欲しい車の料金を余分に設定する

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-05T223841.861-1.png

1つ目は欲しい車の料金を余分に設定する事です。
欲しい車があるとして、その料金の価格ピッタリに貯めただけでは足りなくなる可能性が出てきます。
たとえば普通車を購入する際に、100万円の車が
出ていたとします。
その時にそのまま購入すれば購入もできる事でしょう。
しかしその値段を目標に長い間貯めてしまうと、プレミアム価格がついた際に値段に変化が生じます。
特に、珍しい車種は年数の経過とともに
値段が跳ね上がる場合が高いです!
そうなってしまうと、せっかく貯めたお金も
足りずに予算オーバーとなります。
なので、そうならないために予算にプラスの貯金額を設定することをお勧めします。

一括払いとローン払いの両方で考えて貯金

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-11T223606.509-1.png

2つ目は一括払いとローン払いの両方で考えて貯金する事です。

一括払いを目標に貯めるのもいいですが、早めに購入する事を前提ならローンという手もあります。

というのも、人それぞれの収入に差があるため、同じ期間内に購入ができるとは限らない為です!

特に貯金できる金額が少ない方にとって、
長期間ためることは飽きやすいものです。

そうなってくると、途中で断念して貯まる
ものもたまらなくなります。

逆に、設定金額が低いほどモチベーションが上がるので目標金額に達しやすくなります。
なので、ローンと一括どちらも視野に入れて
貯金をするといいでしょう。

上手に貯金して理想の車を購入しよう!

以上、車の購入前に知るべき7つのかかる費用と上手にお金をためるコツを紹介しました。
今回の記事のおさらいです。
車の購入にかかる7つの費用
購入にかかる費用1:車両本体の費用
購入にかかる費用2:消費税
購入にかかる費用3:リサイクル料
購入にかかる費用4:ナンバープレート
購入にかかる費用5:車庫証明の手続き
購入にかかる費用6:自動車税
購入にかかる費用7:代行手数料
上手にお金を貯めるコツ!
欲しい車の料金を余分に設定する
一括払いとローン払いの両方で考えて貯金
それぞれが車を購入する上で必要不可欠となります。

また、【【たった一度】の人生の中で車を購入するベストなタイミングはいつ?】では車を購入するタイミングについても触れているので、これから先車の購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

合わせて車の購入を検討中の方へ

合わせて車の購入を検討中の方は、
参考にしてみてください!

おすすめ①ガリバーを活用して購入

車を他よりも安く購入したい。
そんな方にはガリバーがおすすめです。

ガリバーは豊富な在庫が6000台ある業者で、車を安く購入したい方に最適です!

約500台の中古車が毎日入荷

おすすめ②カーリースを活用して購入

ソース画像を表示
カーリースは、
・頭金がかからない
・毎月お得な値段で新車に乗れる
・車検代や税金がコミコミ価格で乗れる
など。通常かかる費用を抑えてお得な値段で
新車に乗れるのが特徴です。
中でもリーズナブルのカーリースは、
・人気の軽自動車やコンパクトカーに月々6000円台~
・ミニバンに2000円代~

乗る事ができます。

特にミニバンに関しては、家族が多い人にとってはこの値段から乗れるとなればお得ではないでしょうか?

通常購入するとなれば300~400万は
最低でもかかります。

それに加えてオイル交換や車検代など
その他の諸経費がかかります。

逆にカーリースなら月々の値段で
車検代などコミコミなので、

余計な出費を抑えることも可能です!

新車を購入したいけどお金が足りない。費用を少しでも抑えたい。

こんな方にはリーズナブルのカーリースで購入がおすすめです!

車検・自動車税もコミコミ価格
業界最安値の6600円~新車に乗れちゃいます!
(Visited 125 times, 1 visits today)