車の購入・売却車の購入

車を購入前に知っておくべき【7つの必要な書類】と購入するまでの流れ

車の購入・売却
この記事は約7分で読めます。

車を購入するのに必要な書類が7つあるって聞くけど本当なの?実際どんな書類を準備すればいいの?自分でも知っておきたいので詳細を教えてほしい

こういった疑問にお答えします。

この記事を読めば、購入時に必要になる7種類の書類がわかります。合わせて購入までの流れも紹介しているので参考にしてみてください。

この記事のテーマ
車を購入前に知っておくべき【7つの必要な書類】と購入するまでの流れ

✅購入に必要な7つの書類
✅普通車と軽自動車で異なる書類
✅購入までの流れ

必要な書類がわかれば、初心者でも購入前に揃えやすくなりますし、自分の知識を深めるきっかけにもなります。

実際に私自身ももともと知識がなく、どんな書類が必要なのだろう?と疑問に思ったこともありました。

ですが、知識をつけたことで事前に揃えられて無駄な時間をかけることがなくなりました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E2%9C%85%E5%85%83%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E6%95%B4%E5%82%99%E5%A3%AB-2-1.png

よくある『整備士や豊富な知識がないとわからないんでしょ?』という事はないので安心してね。

なのでサクっと記事を読んで、自分でも知識として役立てていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

車の購入に必要な書類は7つ!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-25T083055.803-1-1.png

早速ですが、購入に必要な書類を
見ていきましょう。

必要な書類は全部で

・自動車検査証
・自動車保険証明書
・委任状
・印鑑証明書
・車庫証明
・住民票
・その他(実印)

自動車検査証

自動車検査証は車検証と呼ばれている
ものですね!

主な目的としては車検に適合している
かどうかを証明するもので、

常時携帯が義務づけられたものです。

実際に以下記載があります。

自動車は、自動車検査証を備え付け、かつ、国土交通省令で定めるところにより検査標章を
表示しなければ、運行の用に供してはならない。

国土交通省が定める道路運送車両法第六十六条より

また、車検証は所有者もしくは使用者の
証明にもなります。

自動車保険証明書

自動車保険証明書は自賠責保険の事ですね。

自賠責保険証明書は自賠責保険に
加入すると発行される書類です。

車検証と同じく常時携帯が義務づけ
られているもので、

期限切れもしくはなかった場合に
売却ができなくなります。

委任状

委任状は、名義変更手続きを買取業者に
委任する場合に必要になる書類です。

自分でやる場合には特に必要ありません。

印鑑証明書

印鑑証明書は、押印した印鑑がその人
本人であるかを証明するものです。

盗んだものでない証明とでも
覚えておくといいでしょう。

ちなみに印鑑証明については、【車の購入や売却に必要な印鑑証明書を発行する手順と必要な枚数はどのくらい?】で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

車の購入や売却に必要な印鑑証明書を発行する手順と必要な枚数はどのくらい?
印鑑証明でお悩みなあなたへ。 当記事では、車の売却や購入で必要となる印鑑証明について詳しくご紹介しています。これを見れば(読み終わったその瞬間からでも)知識としてだけでなく、実践できるようになりますよ。どうぞ最後までご覧下さい。

車庫証明

車庫証明は、車を新規で購入する際の
車の保管場所を証明するものです。

車庫証明の取得には、保管場所を管轄する
警察署の窓口で申請を行う必要があります。

申請に必要な書類は、

・保管場所証明申請書
・保管場所標章交付申請書
・保管場所使用承諾証明書または保管場所使用証明書
・保管場所の所在図

4つです。

申請時には約2100円・交付時には
約500円がかかります。

住民票

住民票は、現住所と書類上の
住所が変わっている場合に必要な書類です。

特に違いがなければ用意する必要はありません!

ですが、もし必要になった場合には発行手順があるので、合わせて別記事と一緒に読んでみてください。

ちなみに住民票については、【車の購入や売却に必要不可欠な【住民票】を自分で発行する方法と手順とは?】で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

車の購入や売却に必要不可欠な【住民票】を自分で発行する方法と手順とは?
実際に車の購入の関係で住民票の取得経験がある私が、初心者向けに【住民票】を自分で発行する方法と手順について詳しく紹介しますね。本記事を最後まで読めば、これから先自分で発行しようと考える初心者にとって、住民票はいつ使うのか?どの手順で発行すればいいのかを知る事ができるので是非ご覧ください!

その他印鑑(実印)

印鑑証明書を発行する際に
必要なものです。

印鑑証明書は普通車のみ
必要なものなので、

軽自動車であれば特に準備はいりません。
軽自動車の場合は認印でも大丈夫です。

普通車と軽自動車で購入時の書類は異なる?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-25T115251.482-1.png

ただし全体的に必要な書類はこの7つですが、
購入する車が普通車か軽自動車かによってまた変わってきます。

それぞれ何が必要になるのか
次で見ていきましょう。

普通車の場合

まず普通車の場合です。

普通車を購入する場合

・自動車検査証 1枚
・自動車保険証明書 1枚
・委任状 1枚
・印鑑証明書 1枚
・車庫証明 1枚
・その他(実印) 1本

印鑑証明書は市区町村の役所。

自動車検査証は販売店。

自動車保険証明書は販売店。

委任状は販売店。

車庫証明書は警察署を交付可能です。

軽自動車

軽自動車お購入する場合

・自動車検査証 1枚
・自動車保険証明書 1枚
・住民票 1枚
・委任状 1枚
・車庫証明 1枚
・印鑑(認印でも可) 1本

印鑑証明書は市区町村の役所。

自動車検査証は販売店。

自動車保険証明書は販売店。

委任状は販売店。

車庫証明書は警察署を交付可能です。

軽自動車の場合は、印鑑証明や
実印が必要ない代わりに、

住民票が必要となります。

また車庫証明については基本的に
必要はないものの、

保管地域によっては必要となるので
その都度確認しましょう!

車の購入までの流れ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-25T115401.542-1.png

最後になりますが、車を購入する
流れを見ていきましょう。

車を購入する場合、

・購入する車の予算と条件を決める
・車選び~問い合わせ
・店舗訪問~現車確認
・見積もり
・必要書類の作成
・代金の支払い
・納車

7つの手順が流れです。

購入する車の予算と条件を決める

事前に決まっていればいいですが…

車を購入にあたって条件を決めないと、
予算オーバーになります。

たとえばただ車を購入と言っても、
消費税や保険など様々料金がプラスされます。

そのため、無理のない範囲で購入するのが
理想的な選び方といえます。

別記事【車の購入前に知るべき7つのかかる費用と上手にお金をためる貯金のコツ!】では費用についても解説しているので、
合わせて読んでみてくださいね。

車の購入前に知るべき7つのかかる費用と上手にお金をためる貯金のコツ!
購入にかかる費用でお悩みなあなたへ。 当記事では、車の購入に向けてどのくらい費用がかかるのかを詳しく紹介しています。これを見れば(読み終わったその瞬間からでも)自分の知識として役立てる事ができますよ。どうぞ最後までご覧下さい。

車選び~問い合わせ

問い合わせは車屋さんの業者オークションで依頼したり、検索サイトなどで自分の条件に合う車を確認しましょう。

車屋さんの場合なら、
自分で条件を言って探してもらう。

検索サイトならガリバーなどの在庫確認

簡単に見積もる。試乗予約など
自分の条件を問い合わせてみましょう。

店舗訪問~現車確認

問い合わせ後は実際に店舗訪問して
現車確認をしましょう。

現車確認はとても大切なことで、確認するどうかで購入後の状況が大きく変わります。

たとえば中古車を選ぶ場合、

・見た目だけでは車の状況はわからない
・側は良くても中身がダメ
・購入後に故障が起きる

いずれかの事が起きます。

なので、中古車を検討している場合は
購入する前に細かくチェックしておくことが大切です。

見積もり

購入する車が決まったら見積もりです。

法定費用や販売店手数料を決め、見積もりを出してどのくらいかかるのかを見ます。

法定費用についてはどの販売店でも
変わりませんが、

販売店手数料については購入する店舗によって変わります。

必要書類の作成

見積もりに納得ができれば、
契約のための必要書類作成です。

契約書類は基本的に店側で
準備をしますが、

中には自分自身で準備する書類もあるので
スムーズに進行する為に準備をしておきましょう。

代金の支払い

すべての契約書類に目を通して、
問題がなければ代金の支払いとなります。

支払い方法としては

・現金一括払い
・クレジット払い
・自動車ローン

3つから選ぶことができます。

支払いに余裕があるなら現金一括。
分割払いでもいいなら自動車ローン。

後々の事を考えるなら現金一括がおすすめです!

納車

購入手続きが終了したら、
後は納車を待つのみです。

新車なら人気状況にもよりますが、
1~2か月を目安にするといいでしょう。

中古車の場合は、1~2週間が目安となります。

記事のまとめ

以上、車を購入する際に準備しておきたい7つの書類を紹介しました。
今回の記事を読むとわかる通り、
・自動車検査証
・自動車保険証明書
・委任状
・印鑑証明書
・車庫証明
・住民票
・その他(実印)
7つの書類が購入時に必要な
ことがわかります。
そのほかにも軽自動車と普通車で
書類が異なります。

普通車を購入する場合

・自動車検査証 1枚
・自動車保険証明書 1枚
・委任状 1枚
・印鑑証明書 1枚
・車庫証明 1枚
・その他(実印) 1本

軽自動車お購入する場合

・自動車検査証 1枚
・自動車保険証明書 1枚
・住民票 1枚
・委任状 1枚
・車庫証明 1枚
・印鑑(認印でも可) 1本
なので、もし実際に車を購入する際には、
今回の記事を参考に必要な書類を
事前に準備して、スムーズに車の購入をしましょう。

車の購入に関連するおすすめ記事

他にも購入に関連する記事を読んでみたい方は、以下を参考にしてみてね。

≫車の購入前に知るべき7つのかかる費用と上手にお金をためる貯金のコツ!

≫たった一度しかない人生の中で【車を購入するベストなタイミング】はいつ?

≫【初心者必見】中古車選びで失敗しない6つのポイントとおすすめの方法

≫【頭金なしで車を購入】できると噂のカーリースの仕組みや契約内容は?

≫人気のカーリース5選!初心者も安心の車に乗れるおすすめサイトを紹介

≫車の購入や売却に必要不可欠な【住民票】を自分で発行する方法と手順とは?

≫車の購入や売却に必要な印鑑証明書を発行する手順と必要な枚数はどのくらい?

(Visited 14 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました