電動(ラジエーター)ファンの交換と取り外しから取り付けまでの手順

ラジエーター&ホース
この記事は約6分で読めます。

・電動(ラジエーター)ファンの交換方法が知りたいんだけど。
・どうやって交換すればいいんだろ。
・手順があるなら今後のために知っておきたいな。

このような悩みを抱いたことはありませんか?

特に現在同じような問題で苦しんでいる方。

なら車屋さんにお任せすればいいのでは?』と思う方もいますが…

依頼すると費用に加えて工賃や時間も制限されるので、自分の都合に合わせたい人には向きません。

かといっていざ作業をしようと車に向かっても、どれから手を付ければいいのかわからない事ってありますよね。

手順を先に知る事は余計な作業を省いて
問題を早急に解決させるため大切な事。

自分では『これだ!』と思っていても、間違った考えのままでは余計なパーツまで取り外して無駄な時間が過ぎるだけです。

実を言うと過去の私も同じ悩みを
抱えていたことがありました。

初心者の頃、ネットなどで検索してもよくわからず手さぐりに作業をして時間ばかりが無駄になっていた時期もあります。

ですが実際に、一から作業を教わりながらしていく中で正しいやり方を学び解決への運びとなりました。

今回はその経験を活かして

交換のやり方や交換後にやる事なども
含めて一緒に解説していきます。

記事を読むことで知識を得る事はもちろんですが、これから先のトラブル解決を自分でできるのようになるで参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

交換する上で必要なパーツについて

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E9%9B%BB%E5%8B%95%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%81%8C%E5%9B%9E%E3%82%8B%E6%9D%A1%E4%BB%B6-4-1.png

まず、交換に必要なパーツについて
みていきましょう。

基本的には

・ラチェットハンドル&ソケット
・冷却水(クーラント)
・ホースクランププライヤー

ラチェットハンドル&ソケット

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%81%AF%E3%81%93%E3%81%93-8-1.png

電動ファンを取り外す場合に使用します。

10mmもしくは12mmのボルト3~4本で留まっているので、交換に合わせて準備しておきましょう。

冷却水(クーラント)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E8%B5%B0%E8%A1%8C%E3%81%A8%E5%85%B1%E3%81%AB%E9%A2%A8%E3%81%8C%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%82%E3%81%9F%E3%82%8B-18-1-1.png

ラジエーターの補充用として使用します。

ホースを抜くと冷却水も一緒に抜けるので、
交換に合わせて準備しておきましょう。

目安として

・軽自動車で5リッター
・普通車で8リッター

と覚えておきましょう。

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥2,328 (2024/06/22 08:38時点 | 楽天市場調べ)

ホースクランププライヤー

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-08-23T145430.115-1.png

ホースクランププライヤーは、ラジエーターホースなどのバンドを取り外すための工具です。

なければペンチでも大丈夫ですが、
作業の1つとして持っておくと便利です。

整備工具のストレート
¥1,960 (2024/06/16 23:19時点 | 楽天市場調べ)

実際の電動ファンの交換方法

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E9%9B%BB%E5%8B%95%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%81%8C%E5%9B%9E%E3%82%8B%E6%9D%A1%E4%BB%B6-5-1.png

それでは準備が出来たら電動ファンの
交換方法を見ていきましょう。

ラジエーターを取り外す

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E2%91%A0-36-1.png

まずラジエーターを取り外しましょう。

車種によっては電動ファンだけでいけるかもしれませんが…

インプレッサのように隙間が狭いタイプは、
1度ラジエーター事外した方がやりやすいです。

ラジエーター自体は上の留め具。

電動ファンは数に応じてコネクターが横あたりについているので、外すと上から引き抜くこと後できます。

ちなみにインプレッサならファンが2個横置きなので、左右に1つづつコネクターがあります。

実際にやる時は車種に合わせて
確認してみましょう。

なお、ラジエーターの取り外し方は以下を参考にしてみてください。

車のラジエーター交換の方法と冷却水の補充後にするべき対策! ≫

車のラジエーター交換の方法と冷却水の補充後にするべき対策!
この記事で解説している事を実践できれば、手順を知るだけでなく自分でも簡単に作業に取り入れる事ができるようになります。また、記事の後半では交換後にする対策についても解説しています。手順を知る事は解決への第一歩です。まずはどんな方法で実践(作業)するのかを明確にした上で、交換後に確認する事項についても学んでみましょう。

ラジエーター裏の電動ファンのボルトを外す

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E7%88%AA-1.png

ラジエーターを取り外すことが出来たら、
あとはファンを外すだけです。

電動ファンは、だいたい上がボルト。下は爪で留まっていることが多いです。

先に上のボルトを取って下に下げる事で爪が外れます。

電動ファンを付け替える

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E7%88%AA-3-1.png

外すことが出来たら、準備しておいた
電動ファンと入れ替えましょう。

用意する電動ファンって中古と新品どっちがいいの?

そう簡単に壊れないから中古でもいいけど、長く使いたいなら少し値は張るけど新品のがおすすめだね。

中古品なら大体1~3万円以内でみつかります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-08-24T085751.655-1.png

新品なら3万円~となります。

新品を探す場合は品番が分かれば比較的すぐに見つかります。

なお、やり方次第ではファンモーターのみ交換という方法もあるので、自分の都合に合わせて準備しましょう。

車体にラジエーターを戻す

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E7%88%AA-2-1.png

最後は車体にラジエーターを戻して一連の作業は終了となります。

手順は逆の方法で、ラジエーターをはめ込む⇒ステーでラジエーターを固定する⇒電動ファンのコネクターをはめ込む

ホース交換後にやるべき事

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E9%9B%BB%E5%8B%95%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%81%8C%E5%9B%9E%E3%82%8B%E6%9D%A1%E4%BB%B6-6-1.png

ホース交換も終わったからこれで終了…と言いたいところですが、抜けた分の冷却水の補充とエア抜きが残っているので最後に作業をしましょう。

抜けた分の冷却水の補充をする

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E8%B5%B0%E8%A1%8C%E3%81%A8%E5%85%B1%E3%81%AB%E9%A2%A8%E3%81%8C%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%82%E3%81%9F%E3%82%8B-18-1-1.png

まずやるべきことは、抜けた分の冷却水の補充をすることです。

ホース類をしっかり締め付けて、
漏れない事を確認した上で補充します。

冷却水ってどのくらい補充すればいいの?

車種によって量が変るから絶対この量とは言えないんだよね。

ただし、目安としては

・軽自動車で5リッター
・普通車で8リッター

とだけ覚えておきましょう。

実際にインプレッサ(GDB)でやった時は8L程だったので、車種や車に合わせて少し多めに用意しておくとなお良しです。

エア抜きをする

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-08-23T141537.145-1.png

補充の後はエア抜きをしましょう。

基本的にエンジンやラジエーターを通る経路は、
クーラント液で満たされています。

この経路に空気。つまり、エアが混入するとクーラント液の循環がうまくいかなくなります。

循環がうまくいかない=温度管理が不十分に
なりオーバーヒートの原因になります。

そのため、エアがたまった場合には抜く必要があります。これがエア抜きという作業です!

エア抜き作業については、以下で解説しているので参考にしてみてください。

【自宅で出来る】冷却水の補充(交換)後にやるエア抜きの方法と手順 ≫

【自宅で出来る】冷却水の補充(交換)後にやるエア抜きの方法と手順
この記事では、車に乗る上で知っておきたい。エア抜きの簡単な手順について解説していきます。正しい手順を事前に理解しておけば、ホース交換やラジエーター交換などで冷却水を補充した後のエア抜き作業が出来るようになります!エア抜きができれば様々な作業で役立てるので、覚えておいて損はありません。また、記事の後半では交換後にやるべき事も合わせて解説しているのでぜひ最後までご覧ください。

エア抜き後は試走行をして水温状況を確認する

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E2%91%A0-35-1-1.png

タンク内の冷却水が問題なければ、走行中の水温を確認してみましょう。

水温がだいたい92~95℃前後で下がれば正常です。

この時、水温が下がらずに上昇するだけならエア抜きが不十分になります。

それでも走行を続けると?

オーバーヒートを起こしてエンジンが焼き付く原因になるね。

 

そのため、水温が上がり続ける場合は無理な走行はせず、早めのエア抜きを再度しましょう。

このようにエア抜き後に対策をすることで、
その後の危険な症状を防ぐ結果にもなります。

なので、エア抜きをしただけで終わらせるのではなく、その後の対策までしっかりやりましょう。

正しい交換方法を理解して自分でも出来るようになりましょう!

以上、電動ファンの交換手順を解説しました。

今回の記事のおさらいです。

交換する上で必要なパーツについて
電動ファンの交換方法
ラジエーターを取り外す
ラジエーター裏の電動ファンのボルトを外す
電動ファンを付け替える
車体にラジエーターを戻す
ホース交換後にやるべき事
抜けた分の冷却水の補充をする
エア抜きをする
エア抜き後は試走行をして水温状況を確認する

電動ファン=交換方法がわからず、初心者の方にとっては難しいかもしれません。

しかし、今回のように正しい知識と手順をつける事で、これから先自分で交換するための知識がつきます。

なので、この機会に電動ファン交換だけでなく、その後にやるべき事も合わせて覚えてみましょう。

また、電動ファン交換に伴いラジエーターを取り外す場合が高いので、もしやる場合にはラジエーター交換のついでにやると手間が省けます。

(Visited 1,942 times, 1 visits today)