【意外と知らない】スペアタイヤの種類と走行できる制限速度や距離!

スペアタイヤ
この記事は約4分で読めます。

スペアタイヤについて聞きたいんだけど。使われるスペアタイヤの種類や走行できる距離は?

以上の内容についての疑問をお答えします。

まずこの記事を書いた自分は

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E2%9C%85%E5%85%83%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E6%95%B4%E5%82%99%E5%A3%AB-2-1.png

この記事がおすすめな人

✅スペアタイヤについて知りたい
✅スペアタイヤの種類が知りたい
✅距離や速度が知りたい

この記事では、車に乗る上で知っておきたい。スペアタイヤの種類と走行できる制限速度や距離について解説しています。

スペアタイヤの性能を事前に理解しておけば、実際に走行として取り付けた場合に制限速度や距離を守って走行する事ができます!結果として、スペアタイヤが元でトラブルを起こすことがありません。

ちなみに、今回紹介する内容については以下の順番で確認していくとわかりやすいからおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スペアタイヤについて

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-05-24T233538.151-1-2.png

まずタイトルにあるスペアタイヤについて。

スペアタイヤは、走行中車のタイヤがパンクした際に応急用として使用されるタイヤの事をさします。

スペアタイヤは普段履いているタイヤとは異なり、

・軽自動車や普通車はトランク。
・ミニバンなどは車体の下にしまわれています。
スポンサーリンク

スペアタイヤの種類について

続いてスペアタイヤの種類についてです。

スペアタイヤと一括りに言っても、

・スペアタイヤ
・スペア(テンパー)タイヤ

2種類があります。

スペアタイヤ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-10-07T133643.481-1.png

スペアタイヤは、車に標準装備されているタイヤと同じサイズのタイヤを示します。

標準装備されているタイヤと同じサイズなので、
タイヤ交換した場合には問題なく走行できます。

(例)
装着タイヤが235/45R17ならスペアタイヤも235/45R17。

スペア(テンパー)タイヤ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-10-07T134425.396-1.png

逆にスペア(テンパー)タイヤはテンポラリータイヤとも呼ばれ、ノーマルタイヤよりも幅が細く径も小さいのが特徴です。

幅が細く径も小さいので、走行距離や最高速度に制限があります。

車で装備されているものの多くはテンパー
タイヤになります。

テンパータイヤの速度や走行できる距離について

テンパータイヤの速度

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-10-07T135337.064-1.png

テンパータイヤの速度に関しては80km/h前後となります。

どうして80 km/h前後なの?

幅や径が小さいことで安定感が無くなるからだね

本来であれば、車に合わせてタイヤの径が設計されているのでスピードを制限されることはありません。

しかし、テンパータイヤはあくまで応急としてのタイヤ。

走行を前提としていないのでタイヤ幅や径が細く、スピードの出しすぎで安定感が無くなります。

走行できる距離

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-09-28T075609.108-1.png

また、走行できる距離についても制限があります。距離としてはおおよそ100km。

必ず100kmとは言いませんが、ノーマルタイヤより耐久性がないので無理に使えばゴム部分が劣化していきます。

ゴムが劣化=釘や突起物が刺さりやすくなり、
パンクやバーストの原因になります。

このように、スペアタイヤと言ってもテンパータイヤに関しては速度や距離に制限があるので、緊急時に備えて正しく使い分けましょう。

正しい使用方法を理解してカーライフに役立てよう!

以上、スペアタイヤの種類と走行できる制限速度や距離を解説しました。

今回の記事のおさらいです。

スペアタイヤについて
走行中車のタイヤがパンクした際に応急用として使用されるタイヤの事
スペアタイヤの種類
・スペアタイヤ
・スペア(テンパー)タイヤ
テンパータイヤの速度や走行できる距離について
・制限速度は80km/h
・連続走行距離は100km。

スペアタイヤには普段通りに走行できるタイヤと緊急時のみのテンパータイヤがあるので、正しい使用方法を理解してカーライフに役立てましょう!

当サイトでは、他にも危険性についても解説しているので合わせて参考にしてみてください。

(Visited 576 times, 1 visits today)