【PROXES R1R】ってどうなの?口コミや使用した感想を元に性能を検証!

タイヤ
この記事は約7分で読めます。

PROXES R1Rってタイヤがあるって聞いたけどどんなタイヤなの?どんな性能があるの?自分でも知りたいので詳細を教えてほしい

そんな悩みにお応えします。

まずこの記事を書いた自分は

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E2%9C%85%E5%85%83%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E6%95%B4%E5%82%99%E5%A3%AB-2-1.png

この記事のテーマ
【PROXES R1R】ってどうなの?口コミや使用した感想を元に性能を検証!

✅ プロクセスR1Rについて
✅ 雨天時と晴天時の違い
✅ おすすめな人とおすすめでない人

この記事では、車のタイヤを選ぶ上で知っておきたい。PROXES R1Rの性能について解説しています。

タイヤの性能を事前に理解しておけば、実際に購入する前にどんなタイヤなのかを知る事ができるので、購入後に失敗するリスクを減らせます!

また、記事の後半ではどんなひとにおすすめなのかも合わせて解説しているのでぜひ最後までご覧ください。

PROXES R1Rってどんなタイヤ?

まず、『PROXES R1Rって何?』
という方のために先にご紹介しますと、

PROXES R1Rは、トーヨー製のタイヤで
特徴として以下のものがあります。

特徴1.特殊な溝で排水性をUP!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: FF%E8%BB%8A%E3%81%AF%E3%83%87%E3%83%95%E3%81%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%8C%E7%89%B9%E5%BE%B4-66-1.png

アローヘッド型グルーブと呼ばれる、
斜めカットされた特殊なパターン形状により

高い排水性を実現しています。

特徴2.グリップ力の向上

ひとつのブロック面積を大きくする事で、
強烈なグリップ性能を生み出します。

また、タイヤの温度上昇が早いため
グリップ感を直ぐに得ることが可能です。

サーキットやジムカーナなどを
メインにする人にはお勧めのタイヤですね!

タイヤサイズ一覧

タイヤサイズに関しては以下のサイズがあります。

タイヤサイズ

15~16インチ

195/55R15 85V・205/50R15 86V
195/50R15 82V

205/50R16 87V・205/45ZR16 83W

17~18インチ

215/45ZR17 87W・225/45ZR17 91W
235/45ZR17 94W・245/45ZR17 95W

235/40ZR17 90W・245/40ZR17 91W
255/40ZR17 94W

225/40ZR18 88W・245/40ZR18 93W
255/35ZR18 90W・265/35ZR18 93W

19~20インチ

285/35ZR19・285/35ZR20 100W

実際に使用したサイズは17インチ

その中でも、実際に私が使用しているのは
17インチサイズですね。

車種はインプレッサ。

サイズは235/45R17インチです。

235/45R17の在庫確認はこちら

雨天時と晴天時の性能

性能についてですが、
以下の違いがあります。

雨天時

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-16T113553.069-1.png

このサイズでお手頃な値段なら『雨の日は滑りやすいんじゃないの?』と思われがちですが…

アローヘッド型グルーブと呼ばれる特殊な形状の溝が彫られているためその心配もありません。

雨でも問題なく走行ができるので安心して走行できるタイヤです。

晴天時

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-16T113621.044-1.png

逆に晴天時では雨天時以上のグリップ性能を発揮します。

ハイスチールサイドプライの採用により
コーナーでも安全にグリップします。

ハイスチールサイドプライってなに?

ハイスチールサイドプライは簡単に言えば、コーナリング時の変形を抑えるための機能だね。

変形するのを抑える事で、コーナー侵入時でも安全に走行ができます。

他のハイグリップタイヤとの違いは?

他のハイグリップタイヤとの違いについてですが、以下で見てみましょう。

国産ハイグリップタイヤ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: FF%E8%BB%8A%E3%81%AF%E3%83%87%E3%83%95%E3%81%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%8C%E7%89%B9%E5%BE%B4-62-1.png

例えば、アドバンのネオバや
ブリジストンのポテンザ。

グリップ率・排水性性能はいいですが、
減りはプロクセスより早いです。

また、16インチ以上になると値段の方が一気に高くなります…

海外製ハイグリップタイヤ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: FF%E8%BB%8A%E3%81%AF%E3%83%87%E3%83%95%E3%81%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%8C%E7%89%B9%E5%BE%B4-63-1.png

他には海外製の激安タイヤATR-KスポーツやナンカンNS2-Rなど。

値段の安さやグリップ率としてはいいですが、
排水性や乗り心地に劣るのでオススメができません。

また、グリップ率に関してもですが…
半分ほど使うと一気に性能は落ちますね。

逆にPROXES R1R(プロクセス・アールワン・アール)の場合

海外製に比べれば値段はしますが、
ドライ路面だけでなく

ウェット路面でも安定した走行ができます。

実際に使用した感想

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: FF%E8%BB%8A%E3%81%AF%E3%83%87%E3%83%95%E3%81%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%8C%E7%89%B9%E5%BE%B4-64-1.png

私自身インプレッサ(GDB-G型)にて
17インチを使用しました。

使用したのは235/45R17というサイズですが、ドライ(乾いた路面)やウェット(濡れた路面)でも安定した走行を実現できました。

タイヤの減りが少し早いのが難点ですが、その事を除けばロードノイズも気にならない程度で値段もお手頃なので、私個人的には満足のいくタイヤです。

中にはオススメできない人もいるが…

ですが、町乗りがメインの方にはオススメとは言えません…

何故なら、ハイグリップタイヤであるために減りが早いという難点があるからです。

確かに性能面では、ハイグリップタイヤという事で効果を発揮してくれますが、町乗りではただ減りが早いというだけのタイヤになってしまいます…

PROXES R1Rはこんな人にこそおすすめ!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-04T142009.337-1-9.png

では、逆にどんな方にオススメのタイヤなのか?

それは、

・国産ハイグリップタイヤで値段を抑えたい方
・初めてハイグリップタイヤを使用したい方

サーキットなどで使用する為、ネオバやポテンザなど。国産タイヤでグリップ率の高いタイヤが欲しいけど、値段が高くて買う事ができない方。

もしくは海外製のハイグリップタイヤでは性能が不安で国産がいい!という方にはプロクセスR1Rがオススメです。

安心の国産タイヤでネオバなどには劣りますが、高いグリップ性能と安定した走行を実感する事ができます。

また、初めての方でハイグリップタイヤ選びで失敗したくない方におすすめです。

安心の国産タイヤなので、グリップ性能や走行安定性に優れます。

自分も国産ハイグリップタイヤとして初めて買ったのはプロクセスR1Rでした。

人それぞれ価値観が違うので絶対におすすめとまでは言えませんが、実際に自分で使用してみると性能について理解する事ができます!

PROXES R1Rの性能を理解してカーライフに活かそう!

以上、PROXES R1Rについて紹介しました。

今回の記事のおさらいです。

PROXES R1Rってどんなタイヤ?
特徴1.特殊な溝で排水性をUP!
特徴2.グリップ力の向上
タイヤサイズ
195/55R15 85V・205/50R15 86V
195/50R15 82V
205/50R16 87V・205/45ZR16 83W
215/45ZR17 87W・225/45ZR17 91W
235/45ZR17 94W・245/45ZR17 95W
235/40ZR17 90W・245/40ZR17 91W
255/40ZR17 94W
225/40ZR18 88W・245/40ZR18 93W
255/35ZR18 90W・265/35ZR18 93W
285/35ZR19・285/35ZR20 100W
雨天時と晴天時の性能
雨天時は問題なく走行ができる
晴天時は雨天時以上にグリップ力を生かせる
他のハイグリップタイヤとの違いは?
国産ハイグリップタイヤ
・グリップ率・排水性性能はいいが減りはプロクセスより早い。

海外製ハイグリップタイヤ
・値段の安さやグリップ率としてはいいが排水性や乗り心地に劣るので海外製はあまりオススメができない。
実際に使用した感想
減りが早いため中にはオススメできない人もいるが…
PROXES R1Rはこんな人にこそおすすめ!

今回の記事を読むとわかる通り、

PROXES R1Rは

・特殊な溝で排水性をup
・グリップ性能の向上

2つの効果を体感できる国産
ハイグリップタイヤです。

その半面でタイヤの減りが早いというデメリットがありますが、お手頃な価格で購入できるともなれば最適と言えます!

PROXES R1R 235/45R17に興味のある人向け

ここからは、PROXES R1R 235/45R17に興味のある人向けの紹介します。
 
PROXES R1R 235/45R17を探しに行くのが面倒な人はネットショッピング(楽天やAmazon)でも手軽に購入ができます。
 
その際に、会員やお得になる日を知っておくと損をせずに購入ができます。
 
お得なポイント
・楽天市場⇒毎月5と0のつく日はポイント5倍!

 

※購入の際に楽天カード会員になっておくと、初回登録のみ5000Pゲット。 カード利用の場合はその都度貰えるポイントが通常時でも2倍(本来は1倍)になります。

・Amazon⇒Amazonプライムデーは対象商品がお得!

※購入の際にAmazonプライム会員になっておくと、通常500円かかる送料がその都度無料になります※

・Yahooショッピング⇒毎月5のつく日はTポイント還元1%&PayPayボーナスライト4%の合計5%還元!

4本セットも確認したい方は以下がおすすめです。

(Visited 12,082 times, 1 visits today)