車の電球(灯火類)ウインカーお悩み解決&基礎知識車の電球

ウインカーをLEDに交換してハイフラ(高速点滅)になる2つの原因と対策

車の電球(灯火類)
この記事は約9分で読めます。

・ウインカーが高速点滅するって聞いたけど本当なの?
・なぜ高速点滅するか知りたい
・ウインカーが高速点滅した場合の対処方法や対策を教えてほしい

そんな悩みにお応えします。

今回の記事を読むことで、高速点滅する②つの原因と対策を理解する事ができます。

結果として自分でトラブルを回避
する際の目安となります!

私自身は今は退職しましたが、

・20歳から車の整備士として
・趣味のカスタムとして

様々な作業に携わってきました。

ただ、初心者の方の場合『どうして高速点滅するのだろう』となり、

なかなかDIYでは実践できないですよね?

でも大丈夫です!この記事を最後まで読めば、
今日からでも実践して活用する事ができます。

私も最初はド素人な状態から始めて今があるので、この記事を見ている皆さんでも大丈夫です!

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

車のウインカーが高速点滅する原因は2つ!

結論から先に申し上げれば、

・ウインカーの球切れ
・ウインカー球をLEDに変えた

2つが原因だからです。

球切れを起こしたことが原因

1つ目の原因として球切れがあります。

ウインカーは本来前後左右で2つあり、
このうちのどれか1つでも切れると

※高速点滅(ハイフラ)となります。

※ハイフラはハイフラッシャーの略称で、
高速点滅する現象の事を言います。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-08-16T191025.436.png

ではなぜウインカーの球が切れると
高速で点滅するのか?

それは、ウインカー球が並列回路
になっているからです!

並列回路がわからない方の為にも
ご説明しますが、

学校でやった理科の実験って
覚えていませんか?

こんな画像のです。画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-09-17T130034.909.png

直列回路の場合、本来スイッチを
ONにした時に電気が流れると、

横一列になった電球が2つ点灯します。

この電球が1つでも切れるともう1つ
の電球は点灯しません。

逆に並列回路の場合、スイッチを
ONにした時に電気が流れ、

並列になった電球が2つ点灯します。

ですが、

異常が起きた場合は1つの電球が切れてももう1つは点灯します。

その理由は元々の場所に電気が
流れなくなるため、

消費電力が変わるからです。

この症状を車のコンピューター側で
判断し高速点灯する事で、

運転手に異常として知らせています。

その結果がハイフラ(高速点滅)
なるわけですね!

LEDに交換した場合でもハイフラになる?

また、ウインカー球が切れる以外でも

LEDに交換する事でハイフラの原因になります。

最近の車ではほとんどがLED化され
ハイフラにならない車もありますが、

それ以前の車の場合標準が
ハロゲン球となっています。

ちなみにLED球とハロゲン球の違いですが、
簡単にまとめると以下のようになります。

✅ハロゲン球
・発熱量が高く雪がつきにくい

・値段が安い
・交換が簡単
・ハイフラにならない
✅LED球
・発熱量が少なく長寿命
・値段が比較的高め
・抵抗器がないとハイフラになる

さらに詳しくは別記事を参考にしてみてください。

ハロゲンとLEDの違い

【4つのポイントで比較】ウインカーに使われるハロゲンとLEDは何が違う?
・ウインカーのハロゲンとLEDは違うって聞いたけど本当かどうかわからない・点灯や見た目にはどんな違いがあるの?・自分でも知っておきたいので詳細を教えてほしいそんな悩みにお応えします。今回の記事を読むことで、ウインカーのハロゲンと...

ウインカーが高速点滅したままの走行は危険?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-10-28T080812.712.png

では、もし高速点滅(ハイフラ)
になったまま走行した場合、

どのような危険があるのか?
以下で見てみましょう。

1.追突事故になる可能性がある

まず1つ目は追突事故の可能性ですね。

・ウインカーが切れている方は点灯しない。
・切れていない方は高速点滅する

たとえば、今こんな状況だったとしましょう。

ウインカーが点灯しない
という事は、

公道を走行中に曲がりたい時に
ウインカーがでないと言う事。

つまり後続車や対向車に知らせる
事ができません!

特に後続車に知らせる事ができないと、
ブレーキで減速するタイミングがつかめません。

もしこれが信号発進の場合なら
どうにか防げますが、

走行中の車線変更の場合は

追突事故を起こしてしまう
恐れがあります…

せめて自分だけの場合ならいいですが、
相手も巻き込んでしまうと大変ですよね?

なので、追突事故を防ぐ為にも
ハイフラは早めに直す事が先決です!

2.整備不良の可能性

2つ目は整備不良の可能性ですね。

症状が起きたまま走行を続けた場合、
整備不良で捕まる場合もあります。

道路交通法により、ウインカーなしの
右折や左折は違反になります。

実際に以下道路交通法施行令に
記載があります。

右左折するとき

・その行為をしようとする地点(交差点においてその行為をする場合にあつては、当該交差点の手前の側端)から30メートル手前の地点に達したとき。

その行為をしようとする時の三秒前のとき。

第21条 法第53条第1項に規定する合図を行なう時期及び合図の方法より

※違反した場合、点数原点に加え
7千円の罰金にもなります。

違反理由は、上記の通り後続車に追突される
危険があるためですね。

自分にはわかっても、外からだと点灯しないので
後続車は把握する事ができません。

ですので、症状が出始めた際に早めの
交換が必要となります。

高速点滅した場合にやるべき対処方法!

なのでもし、症状が出た場合には以下の
方法を試してみてください!

ウインカー球が切れた場合

球切れが原因の場合、新品のバルブに
交換をする事でハイフラを解消する事ができます。

新品のバルブに交換

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-09-17T145608.923.png

純正がハロゲンの場合はハロゲン球に。

純正でLEDの場合はLED球に交換
することで解決できます。

もしそれでも治らないという場合には、
電球ではなく

ウインカーにつながる途中の配線が断線
している場合があります…

断線は配線が千切れかけている事で
接触不良を起こし点灯しない事も考えられます。

こうなってしまった場合には、
2つの方法で治すことができます。

方法1.千切れかけている部分をはんだ付けする方法

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-08-16T193223.976.png

ちぎれかけた場合は、きれいにはんだ
付けをする事で解決できます。

その後は、ショート防止のため
収縮チューブでカバーをしましょう。

※はんだ付けをする場合には、
はんだが溶け込みきらないと

接触不良の元になるので注意しましょう。

方法2.ギボシを使ってつなぐ方法

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-08-16T193500.937.png

もう1つの方法として、ギボシを使って
配線同士をつなぐことです。

ギボシにはオスとメスがあり、
つなぐことで

断線した場合でも治すことができます。

つなぎ方については別記事で紹介しているので、
詳しく知りたい方は参考にしてみてくださいね。

ギボシのかしめ方

【絶対失敗しない】初心者も簡単に出来るギボシ端子の正しいかしめかた
ギボシ端子のかしめが今いちわからないと感じるのは、正しい手順を知らない為です。当記事では分かりやすく解説しているので、知識と手順を自分なりに吸収して実践(カスタム)に役立てて見ましょう!

正しい方法を実践すれば、初心者の方でも
簡単に取り付けができます。

LEDに交換してハイフラになった場合

LEDに交換した事でハイフラになって
しまった場合には、

消費電力をハロゲンと同じくらいに
する事で解消する事ができます!

ハロゲンと同等にするには、

・ハイフラ抵抗内臓のウインカーに交換する
・ハイフラ用の抵抗器を間にかませる
・ICウインカーリレーに交換する

選択肢はこの3つです。

ハイフラ抵抗内臓のウインカーに交換する

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 車のウインカーが高速点滅-する原因とは?-1.png

1つ目はハイフラ抵抗内臓の
ウインカーに交換する事です。

ウインカー事態に抵抗が内蔵
されているので、

そのまま取り付けてもハイフラに
なる事がありません。

その分少し高くなるのが難点ですが、
交換するだけでハイフラにならないと思えば

値段分の価値はある事でしょう!

≫ハイフラ内臓LEDウインカーを確認してみる

ハイフラ用の抵抗器を間にかませる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-08-16T194030.872.png

2つ目はハイフラ用の抵抗器を間にかませることです。

ハイフラ抵抗は、画像のように
ウインカーの配線に噛ませて使用します。

ウインカー1つにつき1個(前後なら4つ)使用するために
少し手間ではありますが、

ハイフラを直せると思えば楽な方でしょう!

取り付けに関してですが、
抵抗器には極性があります。

赤がプラス・黒がマイナス
となっています。

取り付ける際には極性があるので、
配線に詳しい方や

専門的な知識のある方でないと
危険な場合があります。

もし自分で取り付けをする場合には、
ショートに注意して取り付けましょう!

≫ウインカーハイフラ防止抵抗器を確認してみる

ICウインカーリレーに交換する

また、この場合ですと前後に1つづつ取り
付けが必要となるので手間がかかります。

そこで詳しくない方でも簡単に取り付けが
したいという方は、

ICタイプのウインカーリレーを
取り付けましょう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-08-16T194521.999.png

3つ目はICウインカーリレーです。

ICウインカーリレーは、差し込むだけ
なので電装系が苦手な方でも

場所さえわかれば簡単に取り付ける
事ができます。

ICウインカーリレーにする事で
得られる最大のメリットは、

1つのウインカーですべての
ハイフラ防止が可能と言う事です!

組み合わせ次第では前がハロゲン
後ろがLEDのようにする事もできるので、

ウインカーリレーに交換する
事もいいですね。

≫ICウインカーリレーを確認してみる

高速点滅を起こさないために対策できる事!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 見出しを追加-21-7.png

最後に高速点滅(ハイフラ)を起こさないためにはどうすればいいのか?

以下でいくつか紹介します。

交換時期でバルブを交換する

まず1つ目は交換時期で交換する事です。

バルブの寿命が尽きることで
ハイフラになる訳ですから、

その前に交換することで対処ができます。

ただ、必ずこのくらいという決まりがないので、

目安としてハロゲンの寿命が約300~500時間
LEDが1500時間~2000時間ほどです。

目視としては、暗くなったと感じた時に
交換をするといいでしょう。

別記事ではおすすめのバルブに
ついても紹介しているので、

参考にしてみてください。

おすすめのLEDバルブ

T20ウインカーバルブおすすめ5選!LEDの中でもハイフラ防止抵抗内蔵のものを厳選!
車のウインカーバルブでお悩みなあなたへ。 当記事では、ハイフラ防止抵抗内臓の人気のT20ウインカーバルブについて詳しく紹介しますね。これを見れば(読み終わったその瞬間からでも)DIYで活用できるようになりますよ。どうぞ最後までご覧下さい。

ハイフラ防止用のパーツをとりつける

2つ目はハイフラ防止用のパーツをとりつけることです。

この場合はハロゲン球からLEDに
そのまま交換した人前提ですが、

いずれかに交換もしくは一緒に取り付ける
ことで事前な対策が出来ます。

原因を明確にして、焦らず対処する事を心がけよう!

以上が車のウインカーが高速点滅した際に
考えられる原因と対処方法についてでした。
今回の記事をまとめると以下の通りになります。

【ハイフラになる原因】
①電球切れによる不良。

②LED化による誤作動での不良。
【ハイフラの対処方法】
①切れた電球を交換する。

②LED化する場合には、ウインカーとの間に抵抗器をかませる
③ICリレーをハイフラ対応のに交換する。

この事からハイフラは、危険を感知
した時に警告として高速点滅をする

という事がわかるかと思います。

なので、症状が出た場合には交換
をオススメします。

また、公道を走行する際にも後続車に
追突される危険性があるので、

安全に走行する為には早めの
対処をしましょう!

ウインカーの関連記事

≫車のウインカー球に使われるハロゲンとLEDは何が違う?交換してわかるそれぞれの特徴

≫ウインカーを【ハロゲンからLED】に交換をして愛車をドレスアップ!

≫T20ウインカーバルブおすすめ5選!LEDの中でもハイフラ防止抵抗内蔵のものを厳選!

≫S25ウインカーバルブおすすめ5選!LEDでも高速点滅しない抵抗内蔵のものを厳選!

(Visited 4,166 times, 2 visits today)
タイトルとURLをコピーしました