冬に起きやすい

雪の降る車中泊では絶対ダメ!誰もが知るあの行動が危険ってご存じですか?

冬の車中泊をする場合の行動は?と聞かれたら、

ほとんどの方がエンジンをかけたまま
長時間のアイドリングをすると答えるでしょう。

ですが、実はこの行動が危険って知っていましたか?

今回の記事では、危険な理由やそうならない為の
対処方法についてご紹介しますので、

詳しく知りたい方は、ぜひ最後まで
読んでみてください。

スポンサーリンク

雪の降る冬場の車中泊でやってはいけない事はエンジンをかけたままのアイドリング!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-10-27T183347.839.png

結論から申し上げますと、エンジンをかけたままの長時間のアイドリングになります。

特に雪国などの雪が積もりやすい
地域は注意が必要です。

何故なら、長時間のアイドリングが原因で
一酸化炭素中毒になる危険性があるからです。

一酸化炭素中毒とは、酸素が少ない状況になった時に不完全燃焼が起こる事で発生します。

症状としては軽度なら
・頭痛や吐き気
・視力障害

重度なら痙攣(けいれん)や意識障害に陥ります。

また、呼吸停止や心停止を引き起こし
最悪の場合〇亡する可能性もあります。

一酸化炭素中毒は車にも実は
当てはまる症状で、

酸素が少ない状況つまりは車の窓を全て締めきった状態ですね…

この状態の時に、車内に車の排気ガスが
侵入する事で不完全燃焼を起こし

一酸化炭素中毒を引き起こします。

その結果が、最悪の場合〇亡する可能性ですね。

間違った方法は命の危機にさらされる危険も…

悩む人
悩む人

さすがに〇亡は大げさじゃない?

実際にニュースになった事例もあるからそうとも言い切れないんだよね…

↓実際にニュースになった画像

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: sp-044682600s1487854678.jpg

例えばこのニュース記事。

大量の雪でマフラーがふさがってしまい、
排気ガスが車内に侵入した事による一酸化炭素中毒〇。

1日くらいは大丈夫』と軽い考えで
エンジンをかけたまま車中泊をしてしまうと、

取り返しのつかないことになります。

ただし、必ず一酸化炭素中毒が
起きる訳ではなく、

ある条件が重なってしまうと起きてしまいます。

悩む人
悩む人

どんな条件?

車の窓を全部締めきった状態でマフラーに雪が詰まる事だね。

正確には詰まるというよりマフラー
手前で雪が積もり、

雪の空間が出来る事で排ガスが充満して
外気取り入れ口から車内に侵入してなります。

簡単に図にするとこんな感じですね。↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_E4638-1024x438.jpg

たとえるなら、密閉した段ボールを
イメージするといいでしょう。

密閉された段ボールの中は、酸素がほとんどなくなるので酸素が遮断されます。

これを車にたとえるなら、段ボールは車をさします。

車内は段ボールの中で密閉された状態。

そこにドライヤーを差し込むと、
内部に空気が充満。

空気が充満することで密度が高くなり呼吸困難な状態。

結果、一酸化炭素中毒と同じ状態になります。

条件が重なってしまうとこのような
結果になってしまいます。

正しく対処をすれば車中泊も安全にできる!

ですが、あくまで条件がそろって
しまうと起こる訳で、

正しく対策をすれば安全に車中泊を
楽しむ事ができます。

その方法とは以下の2つです。

1.車の窓を少し開けた状態にする。
2.エンジンを切った状態にする。

まず1つ目の方法として車の窓を少し開けた状態にする事です。

雪の日に車中泊をする場合、寒いのでエアコンをつけた状態でいたいのはわかります。

ですが、締めきった状態での長時間のアイドリングは一酸化炭素中毒を引き起こす原因の元です。

悩む人
悩む人

でも窓開けたら寒いし、窓開ける気にはなれないな…

そんな時は、ほんの少しでもいいから車の窓を少し開けた状態にしてみよう。

全開とは言わないので、少しでも開けておけば大丈夫です!

密閉された空間で起きる症状なので、
換気をしっかりすれば防ぐ事ができます。

2つ目はエンジンを切った状態にする事です。

エンジンを切ってしまえばマフラーの排気ガスが
車内に侵入する事もないので、

一酸化炭素中毒を引き起こす事がありません。

この状態なら窓を締めた
状態でも問題ありません。

ですので、もし雪の中で車中泊をする場合には
上記の方法を実践してみてください。

記事のまとめ

以上、雪の降る冬場の車中泊で
やってはいけない事について紹介しました。

雪の車中泊でやってはいけない事は、
長時間のアイドリングになります。

マフラーが雪で詰まった時に、排気ガスが車内に侵入して一酸化炭素中毒を引き起こす恐れがあります。

対策としては、
・エンジンを切る
・窓を少し開ける

この2つを実践することで解決できます!

寒くはなりますが、一酸化炭素中毒を起こす事がないので問題ありません。

ですので、車中泊をする場合には上記の事を
意識して安全に行動しましょう!

最後までご高覧いただきありがとうございました。

この記事が少しでも皆さんの
参考になれば幸いです。

(Visited 80 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました