ギボシ端子

ギボシ端子

【作業で役立つ】電工ペンチでかしめられる6つの端子の種類まとめ

この記事では、電工ペンチでかしめる事が出来る端子の種類についてまとめています。
ギボシ端子

【エーモン】ギボシ端子・ギボシ端子ダブルの違いとそれぞれの活用法

2つにはどんな違いがあるのかを事前に知っておけば、知識として覚えておく事も出来ますし、実際に作業で使う場合に役立てることが出来ます。また、記事の後半ではそれぞれの活用法もご紹介しているので参考にしてみてください。
ギボシ端子

ギボシ端子ダブル×接続コネクター3328を使って細線⇒太線に変換するやり方

ギボシ端子ダブル3307と接続コネクター3328の2つを組み合わせる事で配線の変換が出来ます。特に細線から太線に変換して電装品を取り付けたい。こんな方に今回のやり方はおすすめです。
ギボシ端子

エーモン防水ギボシ端子3343・3344の違いとそれぞれの活用法

防水ギボシ端子の2つのパーツの違いについて事前に知っておけば、知識として覚えておくことも出来ますし、実際に作業で使う場合に役立てることが出来ます。また、記事の後半ではそれぞれの活用法も解説しているので参考にしてみてください。
ギボシ端子

圧着端子・ギボシ端子の違いと作業毎に役立つそれぞれの便利な活用法

どちらがおすすめなのかを事前に知っておけば、知識として覚えておくことも出来ますし、実際に作業で使う場合に失敗するリスクを避けられます。 また、記事の後半ではそれぞれの活用法についても紹介しているので合わせて参考にしてみてください。
ギボシ端子

【防水ギボシ端子とギボシ端子】作業で使うならどっちを選ぶべき?

防水ギボシ端子とギボシ端子どちらがおすすめなのかを事前に知っておけば、知識として覚えておくことも出来ますし、実際に作業で使う場合に失敗するリスクを避けられます。 たかだか配線ごときでと思うかもしれませんが、抜けたら接触不良やショートの原因にもなるのでこの機会に参考にしてみてください。