ヘッドライトをLED・HID化した後の車検と落ちる3つのパターン

ヘッドライト
この記事は約6分で読めます。

車に乗っていると、純正(ハロゲン)のバルブでは暗く感じる事からLEDやHID化を検討している方も少なくないことでしょう。

しかしLEDやHID化にも車検問題が関係してくるため、ただ交換しただけでは車検に落ちる危険性もあります。

そのため、ある程度知識をつけた上で交換する必要があります。

ただ、いきなり車検問題と言っても何に気をつければいいのか分からないですよね?

そこで今回の記事では、

✅3つの車検問題
✅落ちるパターン
✅車検に通すためにできることなど。

それぞれ詳しく解説していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヘッドライトをLED・HID化した場合の車検問題

まず、タイトルにあるLED・HIDヘッドライトについて。

LED・HIDでも車検には通る

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-05-24T233538.151-1-2.png

結論を言えばLED・HIDでも車検には適合します。

理由は簡単で、特にLED・HIDは
ダメという規定がないためです。

ヘッドライトはあくまで色や明るさなど一般的なことを基準としているだけなので、LEDでもHIDでも問題ありません。

ただしなんでもいい訳では無い

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-09-01T002549.047-1.png

とはいえ、LED・HIDだからといってどれでもいい訳ではありません。

・光量が足らないもの
・爆光すぎるもの
・赤色や青・黄色などのLEDバルブ

いずれかに当てはまるものはまず通らないと思ってください。

光量が足らない=基準に引っかかる

特にヘッドライトは専用のテスターを使って
ライトの光量を測定します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-08-28T004059.646-1.png

光量には合格ラインがあり、基準を満たせなければ通ることはありません。

また、光量不足でカットラインと呼ばれる光の線が綺麗に出にくくなる結果にも繋がります。

光量不足は夜間走行にも影響を及ぼすので、
明るいLEDやHIDを選ぶ必要が出てきます。

爆光=迷惑がかかる。

なら逆に明るければと爆光過ぎるのもダメですね!明るすぎるものは対向車の目くらましになり危険です。

また、明るすぎると基準を超えるので逆の意味で車検に適合しない危険があります。

赤色や青などのバルブ=交通法で色は白色と決まってている。

色の基準に白色と決まりがあるので、赤色や青・黄色などのバルブは基本NGとなります。

ただ、黄色に関しては例外もあるので【車のイエローヘッドランプは年式で車検NGって聞くけど実際の真相はどうなの?】を参考にしてみてください。

年式で通らないと噂のイエローバルブは今の基準で車検に通るのか?
一般的にヘッドライトと言えば白色のイメージ。ただ、年式によっては通るものもあるし逆に通らない場合もあるという噂も聞きます。正直どっちが正しいの?と疑問に感じる方もいることでしょう。この記事では、そんな方向けに詳しくまとめています。

検査で落ちるパターン3選

続いてLED・HIDヘッドライトの検査で落ちるパターンです。

落ちるパターンとしては

・レンズのひび割れ
・ヘッドライトの色
・光量やカットライン

レンズのひび割れ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-09-01T002809.231-1.png

1つ目はレンズのひび割れです。

意外と見落としがちですが、レンズの
ひび割れも車検に関係があります。

小さな日々程度(擦り傷並)ならいいですが、穴と分かるほど大きいものは基本的NGです。

理由として

・水の侵入で電気系統が漏電すること
・割れから光が漏れて認識しない

2つがあります。

なので面倒ではありますが、ひび割れには十分注意しましょう。

見つけた場合は接着剤など補習でもいいですが、それでもダメならレンズ自体を交換することもおすすめです。

新品ならディーラー取り寄せ。中古品なら
ヤフーオークションなどで購入可能です。

ヘッドライトの色

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-09-01T003018.643-1.png

2つ目はヘッドライトの色です。

ヘッドライトの色は白色であることが条件なので、それ以外では通りません。

また、白であっても色が青く見える物についてもNGになるので注意しましょう。

光量やカットライン

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-08-28T015422.925-1.png

3つ目は光量やカットラインです。

先にも言ったように、専用のテスターで
ヘッドライトを検査する項目があります。

その時、光量やカットラインを測るわけですが、基準値に満たなくて落ちるというパターンが少なからずあります。

特に安物のバルブに交換した場合。

安物はとにかく明るさをメインに作っているので、光量はクリア出来ても、カットラインが全然出ないなんてこともあります。

逆にカットラインは出ているのに
光量が…なんてこともあります。

その場合は、大人しくハロゲンに戻すか。メーカー品のLEDやHIDに交換するかして
対処ができます。

車検に通すために出来ること

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-04T142009.337-1-1.png

最後に車検に通すためにできることを解説します。

と言っても難しいことでは無いので簡単に見ていきましょう。

ヘッドライトの基準を事前に理解する

1つ目はヘッドライトの基準を事前に理解することです。

上記でも言ったように、ヘッドライトには色や明るさ・割れ具合など基準があります。

それぞれの項目で見合った条件があるので、
詳しく理解しておきましょう。

ダメなパターンも調べてみる

2つ目はダメなパターンも調べてみることです。

実際に何がダメで車検に落ちたのかを知っておくことで、自分で受ける際の参考になります。

まずは車検項目を理解した上でダメなパターンもしり車検に望むようにしましょう。

車検項目を理解して1発合格を目指しましょう!

以上、ヘッドライトをLED・HID化した後の
車検と落ちる3つのパターンを解説しました。

今回の記事のおさらいです。

ヘッドライトをLED・HID化した場合の車検問題
LED・HIDでも車検には通る

ただしなんでもいい訳では無い
・光量が足らないもの
・爆光すぎるもの
・赤色や青・黄色などのLEDバルブはNG
検査で落ちるパターン3選
レンズのひび割れ
ヘッドライトの色
光量やカットライン
車検に通すために出来ること
ヘッドライトの基準を事前に理解する
ダメなパターンも調べてみる

LED・HIDヘッドライト=車検に通るか分からずに初心者にとっては難しいかもしれません。

しかし、今回のように内容を理解出来れば
今後に役立つ知識が身につきます。

内容としては決して難しくは無いので、是非
知識を吸収して車検に活かしましょう。

なお、当サイトではヘッドライトの車検基準についても解説しているので以下と合わせ参考にしてみてください。

LED・HIDヘッドライトについて

今回の記事を読んで、

・ハロゲンからLEDに交換したい
・どんなLEDバルブがあるのかわからない
・安全なバルブが知りたい

そんな方は以下のポイントを参考に選んでみましょう。

まず車検に適合する物を選ぶことが重要です。

ヘッドライトと言えど車検項目に含まれるので、
どれでもいいという訳ではありません。

赤や青など。他の灯火と被りやすい物は基本NGです。

最低限白色である事。明るさを確保できるものを目安として。

ちなみにどのヘッドライトバルブがいいとかあるの?

実際に使った中でよかったのは日本ライティング 【ハイスペックモデル】だね。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-08-31T235028.905-1.png

ハイスペックモデルは標準モデルの次に性能が高いバルブで、標準モデルより光量が多いハイパワーLEDチップを採用することで光量UPに繋がっています。

ハイスペックモデルは、ワンランク上の明るさ求めている方に最適です!

サイズは

・H4
・HB3/HB4
・H8/H9/H11/H16より選べます。
(Visited 329 times, 1 visits today)