お悩み解決&基礎知識

車検はどうやって受ける?意外と知らない2つの選択肢と安く済ませる方法

お悩み解決&基礎知識
この記事は約6分で読めます。

車検を受けるのに2つの方法があるって聞くけど本当?2つのうちならどっちが安く済むの?自分でも知っておきたいから詳細を教えて

こういった疑問にお答えします。

この記事を読めば、車検を受けるにはどんな方法があるのかがわかります。合わせて費用を安く抑える方法も紹介しているので参考にしてみてください。

この記事のテーマ
車検はどうやって受ける?意外と知らない2つの選択肢と安く済ませる方法

✅車検を受ける2つの方法
✅費用を安く済ませる方法

方法がわかれば、初心者でも実践しやすくなりますし、本来かかる費用を安く済ませるきっかけにもなります。

実際に私自身ももともと知識がなく、どんな方法があるのだろう?と疑問に思ったこともありました。ですが、実際に実践した事で費用を抑える事が出来ました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E2%9C%85%E5%85%83%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E6%95%B4%E5%82%99%E5%A3%AB-2-1.png

よくある『整備士や豊富な知識がないとわからないんでしょ?』という事はないので安心してね。

なのでサクっと記事を読んで、自分でも知識として役立てていきましょう。

車検を受ける方法は2種類

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%EF%BC%88%E8%A9%95%E5%88%A4%EF%BC%89%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88-2-1-1.png

車屋さんに依頼する方法

1つめの方法は車屋さんに依頼することです。

・カーディーラー
・カー用品店
・最寄りの車屋さんなど。

車検ができる場所に依頼する事です。

車検自体は車検場に持っていくことになりますが、車屋さんに依頼する事で代行として作業をしてくれます。

自分で車検を受ける方法

2つ目は自分で車検を受ける方法です。

いわゆるユーザー車検と呼ばれるものですね。

自分で受けに行くのが特徴で、
検査官がやる以外は全て自分でやります。

どちらがお得なのかはその人次第

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-04T142009.337-1-20-5-7.png

続いて気になるのはどちらが
お得なのかです。

悩む人
悩む人

もし選ぶならどっちがお得なの?

結論を言えばその人次第だね

結局はその人の価値観次第で決まるので、
どうしてもと言うなら

・安心感
・かかる費用

2つの条件で決めるといいですよ!

安心感で選ぶなら車屋さん

まず安心感です。

値段が高めになっても車検後は安全に走行できるなら。という場合には車屋さんがおすすめです。

悩む人
悩む人

どうして車屋さんだと安心なの?

車検に必要なことを一通りやった上で車検に臨んでくれるからね。

ちなみに、『車屋さんに依頼すると値段が倍になるんだけどどうして?』と疑問に思っている方。

その理由に関しては

代行費用・予備検査の2つがあるからです。

代行費用は代わりにやってもらうための費用。
代行費用に関しては大した金額ではありません。

大きくなるのは予備検査で
交換する部品代ですね。

悩む人
悩む人

そんな事しなくても車検通るし安く済むでしょ?

部品によってはそうかもしれないけど、今後も安全に走行したいならやって損は無いよ。

そもそも車検というのは安全に走行できる
車である証でもあるので、

危険なリスクを回避するために必要な工程です。

かかる費用で選ぶなら自分で

続いて費用面です。

・費用を最小限に抑えたい
・安く受かれば大丈夫

こんな方には自分(ユーザー車検)で
やるのがおすすめです。

自分でやれば代行費用もかからない。予備検査として自己責任でやるので費用は抑えることができます。

ただ、自分でやる場合だとデメリットも少なからずあるから注意しようね。

悩む人
悩む人

どうして?

自分で受けに行くってことは、車検に通すための項目も自分で把握しないといけないからね。

結果としてよくあるデメリットは

・1発で車検に受からない
・仮に受かっても後日トラブル(故障)が起こる

特に1発で車検に受からない場合。

再度また直した後に行かなければならないため手間と時間が余計にかかります。

ただしあくまで慣れていない人の場合なので、手順と項目さえ理解してしまえばユーザー車検の方が最適とも言えます。

先程言った費用を抑えることこともひとつですが、日にちや時間を選べるというのも利点ですね。

2つのパターンをまとめて比較すると

【車屋さんに依頼する場合】
・費用は高くなるが安全性が保てる
・車検に1発合格になりやすい
・代行費用や予備検査費用がかかる
・車検の日にちや時間は必ずその日にならない

【ユーザー車検の場合】
・費用を抑えることが出来る
・1発合格はその人次第
・代行費用や予備検査費用がかからない
・事前検査は自己責任で
・日にちや時間は自分で選べる

このように任せるか自分でやるかはその人次第となるので、自分に合った方法がおすすめです!

2つの方法以外で業者に依頼するのも1つの選択肢

また、それ以外の方法で安く車検を受けてくれる業者もひとつの手段です。

自分では出来ないけど、割高になるから車屋さんもなぁ…

そんな悩みの方は【ニコニコ車検】がおすすめですよ。

中でも安く済ませるならニコニコ車検が最適

悩む人
悩む人

ニコニコ車検てなに?

車検を専門とした安く受けられる業者だね

特徴としては

・国産車の基本料金を11000円に固定
・本当に必要な追加交換部品以外は費用がかからない
・自社(指定整備工場)で車検ができるため安く済む

3つの観点から費用を安く車検に
臨むことができます。

たとえばタント系の軽自動車を例に
すれば以下の通り。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%EF%BC%88%E8%A9%95%E5%88%A4%EF%BC%89%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88-5-1.png

自賠責保険・重量税・印紙代の3つは
どうにもなりませんが…

基本費用を11000円とする事で、
最安値の38830円で済みます。

一般的には40000〜60000円ほどかかる所をこの値段で済むので、お得なのは一目瞭然です。

実は車検後にはアフターサービスも受けられる

他にも車検後のアフターサービスが
充実してるのも魅力的と言えます。

簡単に書くと

・オイル交換2年間無料
・ガソリン代2年間5円割引
・車検後2年間整備保証
・12月点検時に無料タイヤローテーション
・6ヶ月点検無料実施
・18ヶ月点検無料実施

普段点検とかしないから無料でしてくれるのはいいね

中でもガソリン代が2年間5円引きっていうのは結構大きいよね。

通勤や遠出で車を使う機会が多い人にとって、
ガソリン代を安くしたいと思う方は少なくないはずです。

特に今のご時世、ガソリンの高騰で今まで以上に値段も上がり出費が余計に増えます。

そんな時に5円引きともなれば、同じ値段でも
給油量は増えてお得さが増します。

他に無料点検によって、これから先起こるであろうトラブルも事前に回避できるので、

安全性も保たれます。

\地域最低価格/

ニコニコ車検

まずは無料(最短30秒)で見積もりをしてみましょう。

自分に合った方法で車検をお得に受けよう!

以上が車検を受ける2種類の方法でした。

今回の記事を読むとわかる通り、

・車屋さんに依頼する
・ユーザー車検

2つの方法が分かります。

車屋さんに依頼する場合は、割高になるけど
その後の安全性まで保たれる。

ユーザー車検は自分で受けに行くことになるが、
費用面や時間が自分で調整できる。

ただし、1発で受かるかどうかはその人次第。

それぞれメリット・デメリットがありますが、
自分に合った方法を選択することでお得に車検を受けることができます。

またもうひとつの選択肢として、【ニコニコ車検】というのもあります。

固定費用を11000円として2〜3万円ほど安く車検を受けられる業者です。

自分で受ける自信はないけど、安く車検を依頼したい。そんな方に最適な業者です。

車検を受けられる県が限定されるというデメリットはありますが、2つの選択肢以外でどうにかしたい方にはおすすめです。

車検後も様々な恩恵が受けられるので、2つの選択肢以外に3つめの選択肢として視野に入れておくのもいいですね!

(Visited 17 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました