お悩み解決&基礎知識工具商品紹介&使い方検電テスター

検電テスターがプラスだけでなく車のアースも調べられるって知ってた?

お悩み解決&基礎知識
この記事は約5分で読めます。

検電テスターはマイナスを調べられるって聞くけど、本当なの?どうやって使うものなの?自分でも知っておきたいので詳細を教えてほしい

こういった疑問にお答えします。

この記事を読めば、検電テスターでアースを調べる方法がわかります。合わせておすすめの検電テスターも紹介しているので参考にしてみてください。

この記事のテーマ
検電テスターがプラスだけでなく車のアースも調べられるって知ってた?

検電テスターを使ったアースの調べ方と手順
アースを調べるおすすめの検電テスター

アースを調べる方法がわかれば、初心者でも作業しやすくなりますし、時間短縮をして電装品を取り付けるきっかけになります。

私自身、もともと知識がなく電装品を取り付ける事自体苦手でしたが、今ではうまく活用して知識の幅を広げています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E2%9C%85%E5%85%83%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E6%95%B4%E5%82%99%E5%A3%AB-2-1.png

よくある『整備士や豊富な知識がないとできないんでしょ?』という事はないので安心してね。

なのでサクっと記事を読んで、自分でも知識として役立てていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あらためて検電テスターとは?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-07T171530.708-1-5.png

検電テスターの基本は電源を調べる事

まず初めに、検電テスターの基本から
おさらいしていきましょう。

検電テスターとは、本来ワニ口部分をアースに。

先端をプラスにあてる事で、探している
電源又は電気の流れを調べる事ができます。

テスター自体もボディアースする理由は、

検電テスターも1つのLEDに
なっているからですね。

LEDはプラスとマイナスが
つながる事で初めて点灯しますよね?

それと同じで、テスターもワニ口側で
アースをとる事で、

初めて電源側にさした時に中の
LEDが反応する訳です!

つまりワニ口側をアースしない限り、

どの電源にさしても車体側の
電気は反応しないわけですね。

今回は詳しくは説明しないので、【【正しく使えばショートしない】検電テスターの安全な使い方と注意点】を参考にしてみてください

【正しく使えばショートしない】検電テスターの安全な使い方と注意点
検電テスターを使うのが難しいと感じるのは、正しい知識と手順を知らない為です。当記事では分かりやすく画像付きで解説しているので、知識を吸収して実践(カスタム)に役立てて見ましょう!

何故プラス以外にアース(マイナス)も調べられるのか?

これがプラス側の電源を探す際の
検電テスターの使い方になります。

じゃあ、この手順で逆のつなぎ方をするとどうなると思う?

光らないかショートするんじゃないの?

正解はマイナスが調べられるようになる!

ちゃんと光る事もできるし、ショートもしないんです!

何故なら、LEDには極性のないもの【無極性】と呼ばれるものが中には存在し、

検電テスターはこの無極性に
含まれるからです!

無極性
極性自体はありますが、通常のLEDと構造が異なり回路内を電流が循環するように作られている『極性を持たないタイプ』のLEDを指します。

つまり、逆の使い方をすればマイナスを
調べる事もできると言う訳ですね!

マイナス線を調べられるようになれば、
マイナスコントロールを取るときに便利です!

マイナスコントロールについては、【マイナスコントロールとは?言葉は聞いた事あるけど意味や使用例は?】を参考にしてみてください。

【正しく使えばショートしない】検電テスターの安全な使い方と注意点
検電テスターを使うのが難しいと感じるのは、正しい知識と手順を知らない為です。当記事では分かりやすく画像付きで解説しているので、知識を吸収して実践(カスタム)に役立てて見ましょう!

検電テスターを使ったアース(マイナス)の調べ方

そんなマイナス線の使い方は
以下の手順ですね。

使用方法もそれほど難しくないので、
今のうちに覚えておくと便利ですよ!

①ワニ口で常時電源を挟む

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-04-03T170155.091-1.png

まず初めに、テスターのワニ口部分で
電源を挟みましょう。

本来ならマイナスとして
ボディーアースをとる部分ですが、

今回はマイナス線を調べるために
プラスを挟みます。

先ほども言ったように、検電テスターは無極性。

調べる方法が逆になっても
ショートになる事はありません。

②絶縁テープで巻く

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-04-03T165853.906-1.png

プラスを挟む事が出来たら、ショートを避けるため絶縁テープで巻き付けましょう。

この時、ワニ口部分はむき出し
状態のプラスになっているので、

場合によって全体的に絶縁テープを巻いておきましょう。

理由としてはショートを防止するためです。

悩む人
悩む人

むき出し状態のプラスだもんね。

そうそう。周りはボディアースになっているから、いつ触れてもおかしくない状態だからね。

なので、面倒ではありますが安全性の為に巻いておきましょう。

③マイナス線に反応した場合色が点灯

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-04-03T165632.049-1.png

プラス側の挟み込みと絶縁処理が終わったら、

テスター先端をマイナス線に
あてましょう。

マイナス線にあてた時にLEDが
点灯した場合は、

その線がマイナス線という
事になります。

逆に反応しなかった場合は、その場所は
マイナスが流れていない事をさします。

最近の検電テスターでは色別で
分けてくれたり、

デジタル表示で数値で知らせて
くれるものもあります。

うまく活用すると調べやすいです。

アースを調べるのに最適な検電テスターはこの2つ!

最後に、アースを調べる際に
最適な検電テスターを2つご紹介します。

プラスマイナス極性検知検電テスター

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-02-23T195348.293-1.png

1つ目はプラスマイナス極性検知検電テスターです。

プラスは赤。マイナスは緑というように、
極性に合わせて色を変化させます。

極性で色が分かれているので、『この部分はマイナス電源が流れているんだな』と一目見てわかるようになります。

デジタル検電テスター

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-02-23T195516.799-1.png

2つ目はデジタル検電テスターです。

デジタル検電テスターは、
その名の通りデジタル表記されたテスターです。

画像のようにプラスであれば12.4V。
マイナスであれば0V表記になります。

0Vと表記された場合のみアースが
流れているので、

ボディアースを取る目安となります!

アース(マイナス)も調べられるのは極性が関係ある為!

以上が検電テスターが、マイナス線を
調べられる理由についてでした。

検電テスターがプラスだけでなく
マイナス線も調べられるのには、

無極性と呼ばれる、極性のないものに
分類されているからです。

そのため、逆で繋ぐことでショートせずに
マイナスを調べられるという訳です。

使い方さえ知っておけばどちらにも
使用できるので、

是非覚えて活用してみてください。

両方の使い方をマスターすれば、知識の幅は
ぐっと広がること間違いなしです!

合わせて読みたい

今回の記事を読んだ方は、プラス電源に続き
マイナス電源もこれでばっちりです!

それに加えておすすめの検電テスターを理解すれば、検電テスターを完全に使いこなせることができます。

≫おすすめの検電テスター5選!車の整備や電源の取り出しに最適なものを厳選
(Visited 3,709 times, 2 visits today)
タイトルとURLをコピーしました