車の電装品未分類

ギボシ端子の間違った取り付けで起こる本当に危険な2つの症状と対策

今回の内容は、『ギボシ端子の間違った取り付けで起こる症状が知りたい』と

思う方の悩みを解決できる記事となっています。

なぜなら、私が実際に車関係にいた際に
経験した知識がある為です!

記事の前半では『失敗した際に起こる2つの症状』に
ついてまず解説し、

後半では失敗しない為の対策をお伝えします。

この記事を読み終わる頃には、
自分でも失敗せずに

かしめる事が出来るでしょう。

スポンサーリンク

間違った取り付けで起こる本当に危険な2つの症状とは?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-10-09T220858.838.png

結論から先に申し上げれば、

接触不良やショート
引き起こすことですね…

接触不良

1つ目の症状として接触不良があります。

接触不良は取り付けが不十分で、
ギボシ同士が接触せずに

不良を起こしてしまう症状ですね。

初心者の方や慣れていない方に
起こりやすいです。

ショート

2つ目はショートの症状です。

ショートは、『バチっ』という音と共に
金属同士が触れて火花が散る症状ですね。

ショートは異なる極性同士が触れて
しまった時になります。

簡単に言えばプラス端子とマイナス端子
が触れてしまう事で起こります。

症状を引き起こす原因になるものは?

何故このような症状が起きてしまうのか?
それは、ギボシ端子本来の構造にあります。

ギボシ端子は、オス型とメス型の
端子の組み合わせで

取り外しを可能にする
端子の事です。

繋いだ金属部分が接触する事で、配線に電気が流れ
電装品へと送られる構造です。

そのため、以下の③つの事をしてしまうと

接触不良やショート
引き起こしてしまいます…

①ギボシのつめが被膜にかかり電気が流れない

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 銅線が見えるように被膜はしっかり剥く-5.png

どのような状況かといいますと、
画像のように

被膜の部分に2箇所ともかしめてしまい
電気が流れずに接触不良

起こしてしまう事です。

パッと見た感じは取り付けができている
ように見えますが、

端子部分に被膜を剥いた配線が
接触していないので

不良を起こしてしまうという訳です。

また、かしめが不十分だとギボシから
配線が抜ける

場合があるので注意しましょう。

②差し込み部分が不十分

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 銅線が見えるように被膜はしっかり剥く-6.png

2つ目はきちんとかしめる事が
できていても、

差し込みがあまくて接触不良
になる場合です。

この場合、画像のように奥まで
差し込めていないので、

振動などによって外れる事があります。

③かしめがあまい

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-08-27T120548.401.png

③つ目はかしめがあまい事が
原因の場合があります。

電工ペンチを使わずに、ペンチなどで挟み込んで
固定した場合をいいます。

端子のかしめに電工ペンチを使用する理由と他の工具では絶対にダメな理由!

この場合、一見固定できている
ように見えますが…

隙間が出来てしまうので振動で
外れる危険性があります。




もし症状を放置したまま走行を続けてしまうと…?

例えばもし、このようになっても気づかないで
走行をしてしまうと、

以下の事が起きてしまいます。

①振動で端子が外れる
②配線がフリーになるので暴れる
③ボディーアース(オーディオなどの金属部分)と接触
④ショートしてヒューズが切れる
⑤場合によってはエンジンが掛からなくなる

簡単に説明すれば、振動で端子が抜ける事で
端子のプラス部分が、

ボディーアースなどの金属部分に触れてしまう事で
ショートしてヒューズが飛びます。

ヒューズは電装品を保護する
役目があるので、

切れると守る事が出来ずに
またショートが起きてしまった時に

電装品を傷つけ壊してしまう危険性があります。

抜けてしまう以外でも、断線などで
銅線がむき出し状態に

なっている場合でも同じ事が言えます。

この場合は、ショートする事で
配線自体に

過電流(想定以上の電気が流れる事)が流れて
最悪の場合は配線が燃えて車両火災

にもなりますね…

失敗しない為に実践できる対応策!

そうならないためには、正しい対策をすることが大切だよ。

電工ペンチを使ってかしめる

1つ目は電工ペンチを使ってギボシをかしめる事です。

電工ペンチは端子をかしめる専用工具で、
正しく使うことで接触不良やショートを防ぎます。

ペンチでも固定ができなくはないですが、
抜ける確率が高いので必ず電工ペンチを使いましょう。

流れに沿って取り付ける

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 銅線が見えるように被膜はしっかり剥く-7.png

また、電気の流れにそって正しく
使い分ける事で、

プラス線=電源側
マイナス線=電装品側

というように作業中に端子が接触して
ショートするのを防ぐことが出来ます。

対応策としては正しいかしめ方も
もちろんですが…

このように向きに注意して取り付ける事も、
対応策と言えるでしょう!

以上の方法を実践する事で、
失敗なくギボシを取り付ける事ができます。

車の電源配線にギボシ端子を使って圧着ペンチでかしめる(取り付ける)方法!

電気の流れに沿って使い分ける事で失敗のリスクを減らせる!

以上今回は、ギボシ端子のかしめ方を
失敗しない為の対策について

ご紹介させていただきました。

今回の記事を読んでいただくと
わかると思いますが、

そもそもの原因には
・つめが被膜にかかり電気を通さない
・差し込みが不十分

2つの事が関係しています。

これは初心者にありがちな事ですが、
間違った方法を実践する事で

失敗を招いてしまいます…

なので、もし『かしめる際に失敗をしたくない
という方は今回の方法を実践してみてください!

(Visited 1,525 times, 3 visits today)
タイトルとURLをコピーしました