お悩み解決&基礎知識ヒューズ&ヒューズ電源

【作業時間はたった1分】初心者でも簡単に出来るヒューズ交換方法!

お悩み解決&基礎知識
この記事は約6分で読めます。

ヒューズ交換は初心者でもできるって聞いたけど本当?失敗しない手順が知りたい。自分でも実践したいので方法を教えてほしい

こういった疑問にお答えします。

この記事を読めば、ヒューズ交換の方法がわかります。合わせて注意点や必要なパーツも紹介しているので参考にしてみてください。

この記事のテーマ
【作業時間はたった1分】初心者でも簡単に出来るヒューズ交換方法!

✅交換前に注意する事
✅必要なパーツ
✅交換方法や手順

ヒューズ交換の方法がわかれば、初心者でも実践しやすくなりますし、トラブルが起きた際に防ぐきっかけにもなります。

実際に私自身ももともと知識がなく、ヒューズってどう交換すればいいのだろう?と疑問に思ったことからのスタートでした。

ですが、知識を付けた事で詳しくなり実際にトラブル解決にもつながりました。

そんなトラブル解決に関する記事は【ヒューズが突然切れる(飛ぶ)理由とは?知らないと危険な②つの原因と対策】で解説しているので参考にしてみてください。

ヒューズが突然切れる(飛ぶ)理由とは?知らないと危険な②つの原因と対策
ヒューズが飛ぶ理由が今いちわからないと感じるのは、正しい知識と意味を知らない為です。当記事では順を追って分かりやすく解説しているので、知識を自分なりに吸収して実践(カスタム)に役立てて見ましょう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずヒューズとは?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-13T092548.251-1.png

ヒューズは車にとって必要不可欠なもの

交換にあたる前にヒューズについて
軽く触れていきます。

ヒューズというのは想定以上の
電気が流れた際に、

電装品の代わりになって切れるものです。

アンペア数やサイズを合わせて使う必要がある

車には様々な電装品が使われているので、
場所によってヒューズを設置しています。

その際にアンペア数やサイズが
車によって変わるので、

車にあったヒューズを使う必要があります。

特にヒューズが切れて新しい
ものを差し込む場合。

間違ったヒューズは危険です!

これだけは知っておいて欲しい!注意すべき点

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-04T142009.337-1-17.png

注意すべき点は

・アンペア数の大きいヒューズを差し込む
・逆に小さいヒューズもダメ

最低限このふたつは覚えましょう。

アンペア数の大きいヒューズを差し込む

1つ目はアンペア数の大きいヒューズです。

『数値が大きい方が余裕を持てる』と思い
入れる方がたまに居ますが、

危険なのでやめましょう。

悩む人
悩む人

大きいなら問題ないんじゃないの?

そう思う人もいるんだけど、入れた場合規定値以上の電気が流れても保護してくれなくなるんだよね・・・

というのもヒューズボックスなどで
使われるヒューズは、

この位までの電流なら流れても大丈夫とあらかじめ決められた上で設置されています。

そこに規定値以上のヒューズを
差し込むとどうなるのか?

答えは簡単。

過電流が流れてもヒューズは保護する
ことなく電装品の方へと伝わります。

結果としては

・配線が燃える
・最悪の場合に電装品も壊れる

いずれかですね。

逆に小さいヒューズもダメ

逆に小さいヒューズもダメです。

数値が小さいということは、規定値より
下の状態で切れる事になります。

最初にも言ったように、

ヒューズは決められた上アンペア数で差し込まれたもの。

大きい数値や小さいものは結局
デメリットしか生みません。

まとめると

・アンペア数の大きいヒューズを差し込む
・逆に小さいヒューズもダメ

正解は

アンペア数を必ず合わせることが正しいです。

交換にあたり準備するもの

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%B0%8F%E8%A6%8B%E5%87%BA%E3%81%97%E3%82%92%E8%BF%BD%E5%8A%A0-2022-03-14T030509.497-1.png

ここまで理解することが出来たら、
準備をして交換へと移ります。

今回必要なものは

・交換するヒューズ
・ヒューズクリップまたはペンチ

2つがあれば交換が可能です。

交換するヒューズ

1つ目は交換するヒューズです。

ヒューズには

・平型ヒューズ
・ミニ平型ヒューズ
・低背ヒューズ

3種類があるので、自分の車にはどれが使われているのか事前に確認しておきましょう!

ヒューズクリップ

2つ目はヒューズクリップです。

ヒューズを抜くためのペンチみたいなものと
でも覚えて頂ければいいでしょう。

基本的に新車で買うと付属されているものですが、中古車で購入すると入っていない場合があります。

ペンチ

3つ目はペンチです。

ヒューズクリップがない場合にはペンチで
代用することも可能です。

交換方法(手順)

それでは交換へと移りましょう!

手順としては

①切れたヒューズを確認
②ヒューズを抜きとる
③新しいヒューズと交換
④新しいヒューズを差し込んで完了

④工程で済むので、時間にして1分
かからない程度ですね。

切れたヒューズを確認する

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%88%87%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E4%BA%8B%E3%81%8C%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B-1.png

まず切れたヒューズの確認です。

ヒューズは10A・15A・20Aが基本なので、
切れたヒューズを確認してみましょう。

今回は10Aのヒューズ(左)が切れているので、
同じものを用意します。

ちなみに

10A=ACC電源
15A=イルミ電源
20A=常時電源となります。

合わせて読むとおすすめ

車の電源について分からないことがあれば、
一緒に読んでみてください。

≫ 種類ごとに使える車の電装品と4つの電源(常時・ACC・イルミ・IG電源)まとめ!

ヒューズを抜きとる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%B0%8F%E8%A6%8B%E5%87%BA%E3%81%97%E3%82%92%E8%BF%BD%E5%8A%A0-2022-03-14T021455.163.jpg

切れたヒューズを見つけたらヒューズ
クリップまたはペンチで抜いてみましょう。

ヒューズクリップの場合は、持つところを
つまむとヒューズを離す構造。

手を離せばつかんだ状態です。

ペンチは握れば連動して先端がヒューズをつかみます。

その状態で抜く場合は手前に引っ張ると
スムーズに出来ますよ。

新しいヒューズと交換

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-13T092548.251-1.png

抜くことが出来たら同じアンペア数。サイズであることを確認して交換するだけです。

ちなみに今回はミニ平型ヒューズなので、
画像の物に交換します。

電気が流れている箇所なので交換が怖いと
感じてしまう人もいますが、

手順通りにやればショートの心配は
無いので大丈夫ですよ!

新しいヒューズを差し込んで完了

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%B0%8F%E8%A6%8B%E5%87%BA%E3%81%97%E3%82%92%E8%BF%BD%E5%8A%A0-2022-03-14T022018.799-1.png

差し込む場合は、ペンチでつかんだ
状態で軽く押し当てる。

その後は指で押し当てて完全に
セットして完了となります。

手順通りにやれば1分ほどで完了するので、参考にしてみてね。

交換後にやるべき事

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%B0%8F%E8%A6%8B%E5%87%BA%E3%81%97%E3%82%92%E8%BF%BD%E5%8A%A0-2022-03-14T023212.294-1.png

では最後に交換後の確認です。

確認事項は

①エンジンをかけてヒューズを確認
②切れる場合には原因を見つける

この②つです。

ヒューズが切れないかどうかの確認

まずエンジンをかけた状態で
ヒューズが切れないかの確認をします。

電気の入るタイミングはヒューズの
アンペアによって変わりますが、

そのタイミングで確認をしましょう。

たとえば今回なら10Aのヒューズを使用するので、ACCにキーをひねった時に電気が流れます。

切れる場合には原因を特定する必要がある

もし切れるようなら原因を探しましょう。

見つけやすくするためには

・どのタイミングで流れる電気かを知る
・使われる電装品を知る
・テスターを使って電気の流れを知る

3つの事を実践する事で見つける
ことができます。

このように交換後は確認までしっかりやる事で、
これから先の走行も安全にすることができます。

原因を明確にした上で交換することが大切です

以上、ヒューズの交換方法を紹介しました。

今回の記事をまとめると以下の通りです。

・ヒューズは電装品が壊れるのを保護する物
・交換する場合にはアンペア数やサイズを合わせる
・アンペア数が合わないものは、発火や電装品を壊す元

正しい手順としては

①切れたヒューズを確認
②ヒューズを抜きとる
③新しいヒューズと交換
④新しいヒューズを差し込んで完了

正しい手順で実践する事で、初心者の方
でも簡単に実践が可能です!

今回の記事を参考に、ぜひ自分の
知識として吸収してください!

ヒューズに関連した記事

≫【初心者必見】基礎から学ぶ正しいヒューズの種類や切れるまでの仕組み!

≫車のヒューズboxから電源を取る(10・15・20a)のヒューズ電源おすすめ9選

≫エーモンヒューズ電源を使ってヒューズボックスから10Aの電源を取る方法!

≫【1分で出来る】ヒューズと差し替えるだけで簡単に電源が取れる方法

(Visited 9 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました