お悩み解決&基礎知識

マイナスコントロールとは?言葉は聞いた事あるけど意味や使用例は?

お悩み解決&基礎知識
この記事は約7分で読めます。

マイナスコントロールっていうのがあると聞いたけどどんなものなの?どんな時に使うもの自分でも知っておきたいので詳細を教えてほしい

こういった疑問にお答えします。

この記事を読めば、マイナスコントロールについて詳しく知る事ができます。合わせてカスタムで使える使用例も紹介しているので参考にしてみてください。

この記事のテーマ
マイナスコントロールとは?言葉は聞いた事あるけど意味や使用例は?

マイナスコントロールについて
どんな時に使うものなのか
✅カスタムで使える使用例

マイナスコントロールがわかれば、初心者でも実践しやすくなりますし、カスタムに活用するきっかけにもなります。

実際に私自身ももともと知識がなく、マイナスコントロールの意味さえ知りませんでした。

ですが、詳しくなったことでカスタムの
幅を広げることができました。

その一例が記事の後半でも紹介する

・ルームランプ連動
・ドアスイッチ連動

どちらもいずれかに連動して電装品が
反応する方法ですが…

詳細は記事の後半で触れているので参考にしてみてくださいね。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E2%9C%85%E5%85%83%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E6%95%B4%E5%82%99%E5%A3%AB-2-1.png

今回の内容はよくある『整備士や豊富な知識がないとわからないんでしょ?』という事はないので安心してね。

なのでサクっと記事を読んで、自分でも知識として役立てていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マイナスコントロールとは何か?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-05-13T074223.984-1-1.png

マイナスコントロールはマイナスで電装品を制御する事

まず、マイナスコントロールとは何か?
についてですが…

マイナスコントロールは、マイナス側で電装部品をコントロール(制御)する事を言います。

例えば、

・スイッチで電装品をON/OFF。
・~をしたらこのLEDは消灯する仕組みに。

というようにマイナス側で故意に
制御する事
がそうです!

通常のマイナスとは少し異なる

マイナスコントロール=マイナスと勘違いする
人が初心者に多いですが…

実際は少し違います。

確かに、マイナスってついてるから間違いそうだよね。

実際に私も初めて聞いた時はマイナスと勘違いしてたからね(笑)。

遮断されてしまえばマイナスである事に
代わりありませんが、

マイナスはあくまでボディアース
した時に反応する電源。

マイナスコントロールは、ボディアース
した状態ではただのマイナス。

しかし条件を満たして切り替わった時に
別の電気となります。

つまり、上記で述べた通り故意に切り替えができるマイナスのスイッチと覚えておくといいでしょう。

代表的なマイナスコントロールは?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-04-15T023156.044-1.png

例えるなら代表的なのがルームランプの
配線ですね。

代表的なのはルームランプ

ルームランプは、車内の中間についている明かりで、ドアを開けた時に点灯するのが特徴ですね。

基本構造としては、
ON=点灯
DOOR=ドアを開けて点灯
OFF=消灯

この3つの構造になっています。

ルームランプの電源には、

・プラス
・マイナス
・マイナスコントロール

3つの配線がそれぞれ使われています。

一見見ると『プラスとマイナスだけでいいのでは?』と思うかもしれませんが、

マイナスコントロール線が使われるのには
きちんとした意味があります。

スイッチをよく見るとON DOOR OFF
となっているのが見えるかと思います。

ON/OFFだけでは手動の切り替え
しかできませんが…

DOORの部分の配線。つまりマイナスコントロール線を追加する事により、

ドアを開けた際に、自動でルームランプが点灯する切り替えスイッチの

ような仕組みになっています。

切り替え・減光・消灯なども含めて制御。
つまりはコントロールと言う訳ですね。

ただし、最近の車ではプラスコントロール
制御のものもあるので、

あくまでルームランプのドア開閉連動
限った場合のみです。

参考として、【【画像あり】GDBのルームランプからドア連動配線を探す手順と方法】で実際の取り方を紹介しているので合わせて読んでみてください。

【画像あり】GDBのルームランプからドア連動配線を探す手順と方法
ドア連動で配線を取るのが難しいと感じるのは、正しい知識と手順を知らない為です。当記事では分かりやすく画像付きで解説しているので、知識を吸収して実践(カスタム)に役立てて見ましょう!

プラスコントロールもあるけどその違いは?

他にも似たような言葉で、
プラスコントロール』というのがあります。

意味としては、マイナスコントロール
と同じものですね。

プラス側でスイッチを使用し、任意に制御します。

本来は、電気が流れてしまえば自分では
操作できないものですが、

スイッチを使う事で流れた電気を
自分の意志でコントロールできます。

つまりプラスコントロールとの違いは…

プラスコントロールは、電装品と電源のプラス側
との間にスイッチが入る事。

マイナスコントロールは、電装品とマイナスとの間にスイッチが入る事。

この2つの違いです。

簡単に言えば、マイナス側で制御するかプラス側で制御するかの違いですね!

マイナスコントロールを使用した例とおすすめの取れる箇所!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-04-15T023558.193-1.png

では最後にマイナスコントロールを使用した
例を一部ご紹介したいと思います。

プラスコントロールについては、
スイッチなどと連動する事が多いので

大体想像ができる事から今回は省きます。

上記でマイナスコントロールを使用した
代表的なのはルームランプですよ

とご説明しましたよね?

このルームランプから
マイナスコントロール線を取ると、

画像のようにドアを開けた際に連動して
LEDが点灯する仕掛けができるんです!

勿論特定のドア開閉ではなく、
どのドアを開けても点灯しますよ?

物としては新車や一部のオプションである
ドアを開けたら足元のLEDが点灯。

なんてものと同じですね!

また、私が実際にマイナスコントロールを
取る際に使ったおすすめのポイントについてご紹介します。

ポイントはルームランプと
ドアスイッチの2つあるので、

順にみていきましょう。

ルームランプのマイナスコントロール

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-04-15T023946.253-1.png

1つ目はルームランプのマイナスコントロール線です。

本記事でも紹介しましたが、
手っ取り早く探す場合はおすすめです。

やり方は人それぞれですが、
中央のDOORの位置に合あせた状態で

検電テスターを配線にあて、ドアの開閉具合で
電気の流れを確認します。

ドアが閉まる=LEDが点灯しない
ドアが開く=LEDが点灯する

ドアを開いた時のみテスターの
LEDが反応する場合には、

その配線はマイナスコントロール線となります。

ドアスイッチのマイナスコントロール

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-04-15T024035.355-1.png

2つ目はドアスイッチのマイナスコントロール線です。

ドアスイッチはドアを開閉した際に見られる
ポッチのあるスイッチで、

ドアの開閉に合わせて
ルームランプが点灯・消灯をします。

ドアが閉まる=ルームランプが点灯しない
ドアが開く=ルームランプが点灯する

調べる方法はルームランプと似ていて、
スイッチ裏にある配線にテスターを当てつつ

ドアのポッチを押したり離したりして、
マイナスコントロール線を確認します。

このように、マイナスコントロール線は特定の
箇所を活用する事で簡単に取れます。

ちなみに、

・他にも取り方を見てみたいな。
・ドアに連動させてLEDを光らせたいな。

こんな方は【【使い方自由】車のドア開閉に連動させてLEDを光らせる3つの方法】を参考にしてみてください。

【使い方自由】車のドア開閉に連動させてLEDを光らせる3つの方法
今回の記事を読めば、ドアの開閉に連動させた電装品の光らせ方ができます。初心者でも実践できる内容でもあるので、これから作業に取り入れたい方はぜひ参考にしてみてください。

マイナスコントロール制御を理解すればこれからのカスタムに役立てる!

以上、マイナスコントロールについて
ご紹介させていただきました。

今回の記事を読んでいただければ
わかりますが、

マイナスコントロールとは

マイナス側で電装部品を制御する事です。

通常のマイナスとは違い、切り替わった時のみ
反応し任意で電気の流れを操作します。

マイナスはあくまでボディアース
した時に反応する電源。

マイナスコントロールはボディアース
した状態ではただのマイナス。

しかし条件を満たして切り替わった時に
別の電気となります。

そのためマイナスコントロール制御は、
使い方次第で便利なものでもあります。

似たようなものでドア開閉連動スイッチ
使ったものがありますが、

こちらは連動させたドア以外は
光らない仕様ですね。

ドアの開閉でLEDが点灯?開閉連動スイッチを使った車のドレスアップ!
開閉連動スイッチでお悩みなあなたへ。 当記事では、開閉連動スイッチの仕組みや組み合わせの使用例をご紹介しています。これを見れば(読み終わったその瞬間からでも)自分の知識として役立てるだけでなく実践する事もできますよ。どうぞ最後までご覧下さい。

逆にマイナスコントロール制御は、
どのドアでも連動して点灯します。

このように知識として知るだけでも
電装の弄る幅が広がるので、

自分なりに色々活用してみると
面白いですよ!

(Visited 2,713 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました