オルタネーターお悩み解決&基礎知識

オルタネーターが故障する前触れとして関係ある『4つの症状』とは?

オルタネーター
この記事は約8分で読めます。

オルタネーターには故障の前触れを知る4つの症状があるって聞いたけど本当なの?オルタネーターにはどんな症状があるの?自分でも知っておきたいので詳細を教えてほしい

こういった疑問にお答えします。

この記事を読めば、オルタネーターの故障に関連する4つの症状がわかります。合わせて対処法や対策も紹介しているので参考にしてみてください。

この記事のテーマ
オルタネーターが故障する前触れとして関係ある『4つの症状』とは?

故障に関連する4つの症状
実際に症状が起きた場合の対処法
症状を起こさないための対策

症状がわかれば、初心者でも実践しやすくなりますし、トラブルを事前に防ぐきっかけにもなります。

実際に私自身ももともと知識がなく、どんな症状なのだろう?と疑問に思ったこともありました。

ですが、知識をつけたことで故障するリスクを減らす事ができました。

ちなみに、オルタネーターって何ぞや?という方は、先に【オルタネーターって何?ダイナモと呼ばれる事もあるけど何か違うの?】を参考にしてみてください。

オルタネーターって何?ダイナモと呼ばれる事もあるけど何か違うの?
オルタネーターについて今いちわからないと感じるのは、正しい知識を知らない為です。当記事では順を追って分かりやすく解説しているので、性能と知識を理解して実践(カスタム)に役立てて見ましょう!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E2%9C%85%E5%85%83%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E6%95%B4%E5%82%99%E5%A3%AB-2-1.png

よくある『整備士や豊富な知識がないとわからないんでしょ?』という事はないので安心してね。

なのでサクっと記事を読んで、自分でも知識として役立てていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オルタネーターの故障を予想できる4つの症状とは?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-05-13T074223.984-1-1.png

それでは症状について見ていきましょう。

オルタネーターの交換時期は、
10万㎞を目安に交換

これが本来の交換時期となります。

ですが、それ以外にも走行状況。

つまりは、その人の車の乗り方次第でも
交換の目安は変わってしまいます…

その目安というのが以下の4つですね。

・オルタネーターからの異音
・ライトが暗く感じる
・エンジンがかかりにくい
・警告灯が点灯

オルタネーターからの異音

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%B0%8F%E8%A6%8B%E5%87%BA%E3%81%97%E3%82%92%E8%BF%BD%E5%8A%A0-2022-02-28T210727.083-1.png

1つ目はオルタネーターからの異音です。

オルタネーターの異音は、『カリカリ』『カラカラ』や『ウィーン』などの甲高い音ですね。

カリカリ・カラカラ異音

カリカリ・カラカラと異音がした場合、
プーリーの摩耗が考えられます。

プーリーというのは先端についている
赤〇の部分ですね。

プーリーは、本来ベルトからの電力を
伝達して電力を伝えるというものです。

しかし、動力を伝達する過程で徐々に
プーリーがすり減っていきます。

すり減る=摩耗となるので、『カリカリ・カラカラ』と異音が発生するようになります。

ウィーン異音

ウィーンという異音がした場合は、
ベアリングの劣化が考えられます。

ベアリングというのは内部にある
赤〇の部分ですね。

大体10万キロ前後の間になると
異音がではじめ交換が必要となります。

この症状が出る事によって、完全に故障する
前に判断ができるわけですね。

ライト類が暗く感じる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%B0%8F%E8%A6%8B%E5%87%BA%E3%81%97%E3%82%92%E8%BF%BD%E5%8A%A0-2022-02-28T210451.391-1.png

2つ目はライトが暗く感じる症状です。

車のヘッドライトやメーターなどを
確認した際に、

いつもより暗く感じる』といった
症状が出た場合は要注意です。

というのも、オルタネーターには本来
各電装部分に安定した電気を供給する

という役割があります。

そのため、オルタネーターに異常が
見られると、

電圧が不安定になるので安定した
電気を供給できなくなります。

結果としてライト類が暗くなる訳です。

ただ、この場合バッテリーの可能性も出てくるので、他の症状と合わせて確認する事が大切です。

エンジンがかかりにくい

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%B0%8F%E8%A6%8B%E5%87%BA%E3%81%97%E3%82%92%E8%BF%BD%E5%8A%A0-2022-02-28T210910.360-1.png

3つ目としてエンジンがかかりにくい症状です。

エンジンを始動しようとした際に、
いつもよりかかりが悪い』『エンジンが掛からない

こういった症状になったことは
ありませんか?

季節によっては判断しにくい
場合もありますが、

この症状が出た時は、
オルタネーターが原因の場合があります。

この症状が関係する理由は、
供給する電気にあります。

先ほどご説明した通り、オルタネーターの
役目は電気を供給する事です。

本来はエンジン始動の際に、
セルモーターと呼ばれる

部品を介してエンジンを始動させます。

※セルモーター
エンジン始動の際に必要となるモーターで、
役目としてはエンジンを始動させる事です。

電気を流すとモーターが回り始め、
エンジンが始動と共にその役割を終えます。

このセルモーターは、電気を大量に必要とするため、供給する電気が不安定になるとエンジンのかかりが悪くなります。

初期症状は、キーをひねった時に
エンジンがかかりにくい状態になります。

さらに症状が進むにつれ、
信号待ちのたびに止まるようになります。

警告灯が点灯

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%B0%8F%E8%A6%8B%E5%87%BA%E3%81%97%E3%82%92%E8%BF%BD%E5%8A%A0-2022-02-28T210954.175-1.png

4つ目として警告灯の点灯です。

警告灯はバッテリーの形を
したものですね。

この警告灯は、オルタネーターもしくはバッテリーの電気トラブルが起きた際に点灯します。

警告灯の本来の点灯目的は
危険を知らせる事です。

つまりバッテリー警告灯が点灯する理由は、

バッテリーもしくはオルタネーターが
正しく作動していないので危険ですよ。

というのを知らせています。

ただ、バッテリーなのかオルタネーターなのかが
ぱっと見では分かりません。

しかし逆に考えれば、バッテリーかオルタネーター。2つにまで絞ることができるので、

症状から導き出すことができるようになります!

警告灯について、さらに詳しく知りたい方は【エンストにつながる【バッテリー警告灯】の原因が電圧低下って本当?】を参考にしてみてください

エンストにつながる【バッテリー警告灯】の原因が電圧低下って本当?
バッテリー警告灯について今いちわからないと感じるのは、正しい知識を知らない為です。当記事では順を追って分かりやすく解説しているので、性能と知識を理解して実践(緊急時)に役立てて見ましょう!

4つの症状が起きた時に対処すべき事

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-02-28T014440.916-1-7.png

続いて、4つの症状が起きてしまった際に
どう対処すればいいのかを解説します。

対処方法としては

・プーリー事態を交換する
・オルタネーター本体の交換

プーリー事態を交換する

1つ目はプーリー事態を交換する事です。

当てはまる症状としては異音ですね。

オルタネーターの異音は、『カリカリ』『カラカラ』や『ウィーン』などの甲高い音です。

この症状が起きる原因としてプーリーの
摩耗が関係しているので、

どこの部品なのかを明確にしたうえで対処します。

構造を知らない人からすると、
『分解できるの?』と思われがちですが…

実は工具さえあれば分解できるので、
プーリーを交換する事もできます。

ただ、初心者でやろうと思った場合は
工具が必要となるので、

あまりお勧めはできません!

オルタネーター本体の交換

悩む人
悩む人

ならどうすればいいの?

答えは簡単で、オルタネーター自体を交換すること。

リビルトや新品にしてしまえば分解する
手間が省けるので、取り付けるだけで済みます。

また、本体を交換する事で弱り切った
電力の復活にもなるので、

使用期間が長い車の場合は交換した方がお得です。

交換する事で、

・ライトが暗く感じる
・エンジンがかかりにくい
・警告灯の点灯

3つの対処ができます。

ただし、エンジンがかかりにくい。
警告灯が点灯の2つに関しては、

エンジンがかからない他の原因も関係してくるので要注意です!

オルタネーターが完全に故障しないために実践できる事!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-05-24T233538.151-1.png

症状を知る事ももちろん意味のある事ですが、
知るだけではなく

自分でも実際に点検する事が大切です。

その点検内容というのが、以下の3つです。

異音の確認をする

エンジンを始動し、オルタネーター付近に
耳を近づけ異音がしないか確認しましょう。

異音として多いのが、『カラカラ』『カンカン』といった高い機械音ですね。

この症状の場合、出初めは走行に支障が
あまりありませんが、

走行とともに異音が大きくなり支障が出てきます。

※あまりにも異音が大きくなる場合は、故障の兆しが高いので早めの交換もしくは整備工場に依頼しましょう。

ライト類・メーター類の確認

ライト類もしくはメーター類が暗くなって
いないか確認しましょう。

メーター類やヘッドライトを見た時に
問題がなければ大丈夫ですが、

少しでも暗いと感じる場合には
様子を見てください。

バッテリー電圧の確認

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: FF%E8%BB%8A%E3%81%AF%E3%83%87%E3%83%95%E3%81%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%8C%E7%89%B9%E5%BE%B4-75-1.png

テスターもしくは電圧計を使って
バッテリーの電圧を確認します。

電圧が13.7以上なら正常です。

それ以下の場合弱っている
可能性があります。

もう1つの方法ですと、
電圧計を取り付ける事です。

エンジンが始動していれば常に
確認する事ができるので

見落とすことがありません。

エンジン始動中にマイナス端子を抜く

一見この方法を使うと、エンジンが止まるのでは?と思われがちですが、

オルタネーターには発電機としての
役割があるので

正常なら貯められた電気でしばらく動き続けます。
逆に、オルタネーターが壊れている場合
マイナスを外した時点でエンジンが止まります。

やり方は簡単ですが、工具で外す時に
プラス側にあたってしまうと

ショートしてしまうので
注意しましょう。

ちなみに、手順がわからない方は、【たった2分】オルタネーターの作動状況を初心者でも簡単に確認する方法で詳しく解説しているので、
合わせて読んでみてください。

【たった2分】オルタネーターの作動状況を初心者でも簡単に確認する方法
オルタネーターの作動確認が今いちわからないと感じるのは、正しい知識と手順を知らない為です。当記事では順を追って分かりやすく解説しているので、知識と手順を自分なりに吸収して実践(カスタム)に役立てて見ましょう!

記事のまとめ

以上、オルタネーターが
故障する前に知るべき

『4つの症状』についてご紹介
させていただきました。

今回の記事を読んでいただければ
わかると思いますが、

1.オルタネーターからの異音
2.ライト類が暗く感じる
3.エンジンがかかりにくい
4.警告灯が点灯

4つの症状が関係ある症状と言えます。

オルタネーターが電気を供給=ライト類やエンジン始動で電気を使用

本来はこうなる仕組みなので、
上記のいずれかの症状が出れば

『オルタネーターの故障の前触れかも?』と
わかるわけです!

なので、もしこのような症状が
出た場合には、

症状に合わせて早めの交換を
心がけましょう。

ちなみに、交換方法については、【GDB₋F/G型のオルタネーターを【簡単10分】で交換する方法!】を参考にしてみてね。

GDB₋F/G型のオルタネーターを【簡単10分】で交換する方法!
・GDBのオルタネーは簡単10分で交換できるって聞くけど、どうやるの?・どうやって交換する物なの?・自分でも知っておきたいので詳細を教えてほしいそんな悩みにお応えします。確かに初心者からしてみれば、『どうやって取り付けるのだろう?』となりま
(Visited 5,676 times, 3 visits today)
タイトルとURLをコピーしました