オルタネーター

アイドリング不調=オルタネーターではない?原因を確認する手段は?

オルタネーター
この記事は約5分で読めます。

アイドリング不調=オルタネーターとも限らないって聞くけど、本当なの?どんな症状が原因なの?自分でも知っておきたいので詳細を教えてほしい

こういった疑問にお答えします。

この記事を読めば、アイドリング不調の原因がわかります。合わせてもオルタネーターが原因の探し方も紹介しているので参考にしてみてください。

この記事のテーマ
アイドリング不調=オルタネーターではない?原因を確認する手段は?

アイドリング不調の原因
オルタネーターが原因の探し方

原因がわかれば、初心者でも実践しやすくなりますし、トラブルが起きた際に見分けるきっかけにもなります。

実際に私自身ももともと知識がなく、アイドリング不調の原因ってなんなのだろう?と疑問に思ったこともありました。

ですが、知識を付けた事で詳しくなり実際にトラブル解決につながりました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E2%9C%85%E5%85%83%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E6%95%B4%E5%82%99%E5%A3%AB-2-1.png

よくある『整備士や豊富な知識がないとわからないんでしょ?』という事はないので安心してね。

なのでサクっと記事を読んで、自分でも知識として役立てていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アイドリング不調=オルタネーターが原因とは限らない

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-05-13T074223.984-1-1.png

交換に入る前にまずは覚えてほしい事
があります。

それは、エンジンが止まりかける
(アイドリング不調)からといって

必ずしもオルタネーターが原因とは
限らないからです。

何故なら、アイドリング不調
というだけなら、

・スパークプラグの被り
・バッテリー
・ガス欠
・燃料ポンプの故障

など他にも可能性が出てきて
しまうからです!

スパークプラグの被りが原因でアイドル不調

1つ目はスパークプラグの被りです。

スパークプラグの被りは、端子が黒くなって火花が飛ばない状態を言います。

プラグの基本は火花を飛ばすこと。

本来の目的は、火花を飛ばして
エンジン内部で爆発を起こさせることです。

プラグが被る事で、火花が飛ばずに
失火してアイドル不調の原因になります!

アイドル不調以外にも症状が起こりますが、詳しくは【車のプラグ交換をしないと危険?知らないと損する『3つの症状と交換時期』】を参考にしてみてください。

車のプラグ交換をしないと危険?知らないと損する『3つの症状と交換時期』
スパークプラグでお悩みなあなたへ。 当記事では、車のプラグ交換をしない事で起こる直接的な3つの症状や正しい交換時期について解決する方法をご紹介しています。これを見れば(読み終わったその瞬間からでも)交換の必要性や走行する危険性を理解できますよ。どうぞ最後までご覧下さい。

バッテリーが原因でアイドル不調

2つ目はバッテリーが原因の場合です。

バッテリーが原因でアイドル不調を起こす場合は、バッテリーの寿命が近いことを意味します。

バッテリーも消耗品なので、電気の使い過ぎにより電力が弱まりアイドル不調を起こします。

ガス欠が原因でアイドル不調

3つ目はガス欠や燃料ポンプの故障が原因の場合です。

ガス欠が原因でアイドル不調に
なる場合もあります。

ガス欠は車の燃料が尽きることで、燃料がいきわたらずアイドル不調になることです。

この場合は燃料を給油すれば解決できますが、
間違っても水を入れることは止めましょう!

水を入れたらどうなるのか?というのは【車がガス欠した際に水を入れると【走行が可能】と言う噂は本当?それとも嘘?】にて紹介しています。

車がガス欠した際に水を入れると【走行が可能】と言う噂は本当?それとも嘘?
ガス欠時に水を入れると動く噂の真相について今いちわからないと感じるのは、正しい知識を知らない為です。当記事では順を追って分かりやすく解説しているので、性能と知識を理解して実践(緊急時)に役立てて見ましょう!

燃料ポンプの故障が原因でアイドル不調

また、4つ目に燃料ポンプの故障が原因でもなります。

燃料ポンプは、燃料を吸い上げて
エンジンまで伝わるようにする部品です。

なので、症状としてはガス欠同様に
アイドル不調となります。

この場合で探すなら、範囲が広すぎて
特定する事が困難です…

これでもし交換をしても、症状が変わらなかったら意味ないですからね…

いざ出かけようと思ってエンジン
をかけた際に、

エンジンが掛からない
かかっても数分で止まる

こうなったら焦りますよね?

仕事や用事で車を動かさないといけない
用事だったら尚更です…

なら特定する事は困難なの?』と
思われるかもしれませんが、

勿論方法がないわけではありません!

オルタネーターが原因の探し方

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-05-24T233538.151-1.png

続いてオルタネーターの原因の探し方です。

原因の探し方、

それはエンジンが止まらないかどうかの確認をする事です。

この確認は、エンジンをかけた状態で
バッテリーのマイナスを抜いて、

5~10分程放置した状態で確認します。

ここで普通の方なら『マイナス抜いたらエンジンが止まるのでは?』と思うかもしれませんが、

オルタネーターが正常なら
エンジンが止まる事はありません!

それは、オルタネーターが
発電機としての役割を持っているからです。

発電機=電気を蓄える機能ですね。

別にバッテリーがあれば大丈夫なんじゃ?
と思われるかもしれませんが…

バッテリーには電力を得て各種電装部品へ
電気を送る事はできますが、

発電機の機能がないためバッテリーの
電力を使い切ったら

自動車は動かなくなります。

そのため、オルタネーターがある訳ですね。

この性質を利用すればオルタネーターか
どうかの確認が簡単にできます。

状態をはっきりさせる事ができれば、
安全に日々の運転ができます。

確認方法については【【たった2分】オルタネーターの作動状況を初心者でも簡単に確認する方法】で紹介しているので、合わせて読んでみてください。

【たった2分】オルタネーターの作動状況を初心者でも簡単に確認する方法
オルタネーターの作動確認が今いちわからないと感じるのは、正しい知識と手順を知らない為です。当記事では順を追って分かりやすく解説しているので、知識と手順を自分なりに吸収して実践(カスタム)に役立てて見ましょう!

正しい方法を覚えておけば損はない!

以上、アイドル不調を確認する手段を紹介しました。

今回の記事を読むとわかる通り、
アイドリング不調の原因には

・スパークプラグの被り
・バッテリー
・ガス欠
・燃料ポンプの故障
・オルタネーター

5つがあります。

知識を少し付けた方ならアイドリング不調=オルタネーターという方が多いですが、

必ずしもオルタネーターという訳ではありません。

アイドリング不調=オルタネーター
が原因ではなく…

アイドリング不調で、エンジン始動中にマイナスを抜いたらエンジンが止まった。

だから原因はオルタネーターで間違いない!

というように正しい方法を覚えておけば、
これからの知識として役立つ事でしょう。

(Visited 816 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました