【レビュー】検電テスター(A49)を使って感じたメリット・デメリット

レビュー記事
この記事は約8分で読めます。

検電テスター(A49)を使ってみたいけど使えるパーツなのかわかりません。

このような悩みはありませんか?

特に一度も使ったことがなく購入するか
どうかを検討中の方にありがちな事。

・どんな性能があるのか
・作業で役立つパーツなのかなど。

実際に使った事がなければ購入してみようとは思いませんよね。

中には実際に購入して性能を検証をと言う方もいますが…

ほとんどの人は、『購入してから失敗したくない。』と言う理由から中々一歩を踏み出せない事がほとんどでしょう。

そこでこの記事では、メリット・デメリットを元に検電テスター(A49)が実際に使えるパーツなのかをお伝えしていきます。

検電テスター(A49)ってどんなパーツ?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-19-1.png

【仕様】
・使用可能電圧:DC6V~DC24V
・コード長:約80cm

【内容物】
検電テスター×1

検電テスター(A49)は電気の通電確認ができるパーツ

検電テスター(A49)は電気の通
電確認ができるパーツです。

一般的に電気は目に見えないため、
実際に通っているのかがわかりません。

もし仮に確認する場合は既存の電装品の
作動状況を見て確認する事になります。

たとえば○○電源の通電確認が知りたい。こんな場合には、○○電源に電気が流れる状態にして電装品が作動しているかを見ます。

実際に電装品が作動すれば目に
見えなくても流れている事がわかります。

ただ『どうせなら目視でも確認できればな』こう考える方もいるでしょう。

そこでおすすめなのが【検電テスター(A49)】です。

調べたい箇所にテスターを当てる事で、
LEDの光によって知らせます。

実際に使ってみて(個人的な感想)

実際に私も使ったことがありますが、カスタムで役立てることが出来ました。

先にも言ったように電気は目に見えないため、
実際に通っているのかがわかりません。

仮に目視でわかるとすればショートした時くらい。

ですが、検電テスター(A49)であれば反応するとLEDの光によって目視でもわかるようになります。

目視でもわかる=失敗するリスクを減らせる。

検電テスター(A49)は失敗のリスクや電気を探す手間をかけたくない人に最適です。

実際に使ったメリット・デメリット

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-4-1.png

ここからはメリット・デメリットに
ついてお伝えしていきます。

流れとしては初めにメリット。
次にデメリットの順。

検電テスターA49のメリット

まずメリットから。

メリットには以下3つがあります。

・電気の流れを確認できる
・電源を探すときに便利
・使い方次第でマイナスの電気も確認できる

電気の流れを確認できる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-23-1.png

通常電気というのは目に見えないもの。

目に見えないことで、ほんとに電気が流れているのかは分からないですよね?

そんな時に役立つのが検電テスターです。

特定の配線にテスターを当てる事で、探している
配線に正常に電気が流れているかどうかを確認できます。

電気の流れがわかる事で、断線した場合に問題個所を特定しやすくできます。

電源を探すときに便利

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2023-01-23T133644.032-1.png

イルミ電源を探しているんだけど、どこの配線に目的の電気が流れているのかわからない。

たとえばこんな時。

イルミ電源は夕間から夜間に使う事が多い電源です。

主にスモールスイッチをONにした時に
反応する電源が当てはまります。

通常通りなら電装品が反応している配線を
探して確認するところですが…

検電テスターを使えば目視でも確認が
出来る為失敗のリスクを減らせます。

使い方次第でマイナスの電気も確認できる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2024-02-25T115448.075-1.png

検電テスター=プラスの電気だけと思われがちですが…

実は使い方次第でマイナスの電気(アース)も調べる事が出来ます。

マイナスもプラス同様に電気が流れていて、
プラスとマイナス2つをつなぐ事で電装品が作動します。

ですがマイナスはどこでもいい訳でなく、間違った箇所に取り付けると電気が流れないので電装品が反応しない原因を作ります。

かといってマイナスの電気も目に見えないので目視で確認はできません。

そこで【検電テスター(A49)】の出番です。

プラスの時同様に、特定の方法でテスターを
当てる事でLEDが反応してマイナスの電気がわかります。

やりかたについて知りたい方は以下を参考に。
検電テスターでマイナスを調べる簡単な方法と電源を見つけるまでの流れ
この記事では、検電テスターを使う上で知っておきたい。マイナスを調べる簡単な方法と電源を見つけるまでの流れについて解説していきます。マイナスの調べ方を事前に理解しておけば、知識を深める事にも役立ちますし、電装品のカスタムとしてマイナスが必要になった時に自分で調べられるようになります!また、記事の後半ではアースを調べるおすすめの検電テスターも解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

検電テスター(A49)のデメリット

逆にデメリットに関しては

・使い方を間違えるとショートする
・ショートが元で最悪メインヒューズが飛ぶことも?

使い方を間違えるとショートする

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-22-1.png

検電テスターにも極性があるので、
間違った電気が流れるとショートします。

たとえば

ワニ口側をアースしている状態で、テスターの先端を別のアース部分に当ててしまった場合。この場合ショートしてヒューズが飛びます。

ショート程度なら大丈夫と
思うかもしれませんが…

場所によっては取り返しのつかない
事にもなりかねません。

ショートが元で最悪メインヒューズが飛ぶことも?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-21-1.png

特にメインヒューズの場合です。

ヒューズには

・切れても支障があまりないヒューズ
・エンジンに影響のあるメインヒューズ

様々ある訳で…

切れても支障があまりないヒューズなら、
走行自体に問題はありません。

しかし、メインヒューズに関しては別です。

もしもメインヒューズが飛んで
しまった場合には特に危険です。

知らずにショートを繰り返してECU(コンピューター)にダメージを与え、エンジンが掛からなくなることも可能性としてはなくはありません。

ただ、その危険性を防いだ上で使うことが
出来れば検電テスターは便利なパーツと言えます。

検電テスター(A49)って実際どう?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2024-01-17T161556.729-1.png

ここまでがメリット・デメリット
についての内容。

ここからはそれぞれを踏まえておすすめな
人とそうでない人についてお伝えします。

ちょっとした電気の流れがわかる程度でいいなら検電テスター(A49)はおすすめ

A49は一般的によく使われるタイプで、
調べる極性に合わせて中のLEDが点灯します。

例えばプラスを調べたいならプラス電源にテスターの先端を当てれば赤く光り、マイナスならボディーアースに先端を当てると赤く光る仕組みになっています。

どちらも調べたい極性で光るので覚えておく必要がありますが、とりあえずなら検電テスターA49でもいいですね。

音やデジタル表記などを求める人にはおすすめしない

逆にそれ以上。

音やデジタル表記などを求める人に
はあまりおすすめしません。

検電テスターにもいくつか種類があり

・LEDの光で電気の流れがわかる
・音と光で確認できる
・デジタル表記によって確認が出来る

など種類の応じて機能が異なります。

そのため、ちょっとした電気の流れがわかる程度でいいなら検電テスター(A49)はおすすめできますが…

それ以上を求めるならあまりお勧めとは言えません。

ただ検電テスター(A49)事態は性能面でも決して使えないパーツではないので、状況に応じて使い分けるのがおすすめです。

検電テスター(A49)の購入方法について

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%81-3-1-7.png

ここからは検電テスターA49の購入方法について。

気になってはいるけどどこで購入出来るんだろ。

こんな方向けに以下でお伝えします。

購入方法①Amazon

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-30T150617.439-1.png

①つ目はAmazonです。

AmazonはTカードが使えるのでポイントで購入する事が出来ます。

また、購入前にAmazonプライム会員になるかどうかで送料に差がつきます。

例えば

・非会員の場合は500円ほど送料かかる
・会員の場合は送料が無料(¥0)

通常であれば商品+送料(500円)がかかるところですが…

事前にAmazonプライム会員になる事で送料の分が免除になるので、実質商品だけの値段で購入ができるようになります。

・少しでも安く購入したい
・送料をどうにかしたい

・お金の代わりにポイントで買いたい

こんな方にAmazonでの購入はおすすめです。

購入方法②楽天

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-30T150514.489-1.png

②つ目は楽天市場です。

楽天市場の特徴はポイントが付きやすい事。

商品が驚くほど安くなると言った事はありませんが、通常よりも倍のポイントがつく事で購入する際にお得になります。

たとえば

・5と0のつく日は2倍
・楽天会員ポイント1倍
・5と0のつく日+会員+楽天カード決済で5倍

というように変化します。

うまく活用すればポイントを貯めて商品を購入する事も、ポイントで割り引いて安く購入する事も出来ます。

・少しでも安く購入したい
・お金の代わりにポイントで買いたい

こんな方に楽天での購入はおすすめです。

※ちなみに、楽天カードへの新規入会がまだの方は新規入会&利用で5000ポイントがゲットできます。

 購入方法⓷ヤフーショッピング

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-30T151157.702-1.png

⓷つ目はヤフーショッピングです。

Yahoo!ショッピングは、楽天同様に5のつく日に商品を購入するとお得になります。

5のつく日キャンペーンは毎月5日・15日・25日に開催されてるもので、Yahoo!ショッピングの全ショップでpaypayポイント還元率が5%になります。

まとめると

・Amazonはプライム会員で送料が無料に
・楽天は5と0のつく日がおすすめ
・ヤフーショッピングは5のつく日にpaypayポイント還元率が5%に

どの購入方法を選ぶかは人それぞれですが…

自分に合った選択をすることで安くお得に入手する事ができます。

THINK RICH STORE
¥638 (2024/06/22 22:05時点 | 楽天市場調べ)

メリット・デメリットを参考に自分に合ったものを選ぼう

以上、検電テスターA49のレビューをお伝えしました。

今回の記事のおさらいです。

検電テスター(A49)ってどんなパーツ?
検電テスター(A49)は電気の通電確認ができるパーツ
検電テスターを使う上でのメリット
電気の流れを確認できる
電源を探すときに便利
使い方次第でマイナスの電気も確認できる
検電テスター(A49)のデメリット
使い方を間違えるとショートする
ショートが元で最悪メインヒューズが飛ぶことも?
検電テスター(A49)って実際どう?
ちょっとした電気の流れがわかる程度でいいなら検電テスター(A49)はおすすめ

音やデジタル表記などを求める人にはおすすめしない

記事でもわかる通り検電テスターA49は
電気の流れを見るのに役立つパーツです。

一般的に電気は目に見えないため、
実際に通っているのかがわかりません。

もし仮に確認する場合は既存の電装品の
作動状況を見て確認する事に。

ですが、検電テスター(A49)であれば反応するとLEDの光によって目視でもわかるようになります。

目視でもわかる=失敗するリスクを減らせる。

検電テスター(A49)は失敗のリスクや電気を探す手間をかけたくない人に最適です。

THINK RICH STORE
¥638 (2024/06/22 22:05時点 | 楽天市場調べ)
(Visited 239 times, 1 visits today)