オイル

【オイル交換に役立つ】安全に作業する上で役立つ補助パーツ12選!

オイル
この記事は約9分で読めます。

オイル交換には作業に合ったパーツがあるって聞くけど。どんなパーツがいいの?自分で交換する目安にしたいから教えてほしい

以上のような疑問にお答えします。

まずこの記事を書いた自分は

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E2%9C%85%E5%85%83%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E6%95%B4%E5%82%99%E5%A3%AB-2-1.png

この記事がおすすめな人
✅ パーツを選ぶポイントが知りたい
✅ おすすめの補助パーツが知りたい

この記事では、オイル交換をする上で知っておきたいおすすめのパーツについてご紹介します。

おすすめなパーツを事前に理解しておけば、ストックとして揃えておくこともできますし、実際に作業をする際にスムーズに終わらせることができます。

オイル交換=パーツがあれば自宅でもできるので、参考として覚えておきましょう。

パーツを選ぶポイント

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%92%E9%81%B8%E3%81%B6%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88-8-1.png

まず初めに選ぶポイントを見ていきましょう。

どんな方法で交換するのかで選ぶ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2023-01-16T222102.500-1.png

1つ目はどんな方法で交換するのかで選ぶことです。

オイル交換には上から抜く方法と下から抜く方法の2つの抜き方があります。

例えば

・上から抜く場合はフィラーキャップに専用工具を差し込んで抜く。

・下から抜く場合はドレインボルトを外して抜く。

というようにやり方が異なります。

それに加えて必要となる工具も変わってくるので、作業に合わせて揃えるといいでしょう。

オイル交換なのか。エレメント交換なのかを明確にする

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2023-01-16T222257.174-1.png

2つ目はオイル交換なのか。エレメント交換なのかを明確にすることです。

オイル交換と一括りに行っても

・エンジンオイル交換
・エレメント交換

2つがあります。

・エンジンオイル交換は、古くなったオイルを抜いて新しいオイルと入れ替える作業。

・エレメント交換は、オイルエレメントと呼ばれるパーツを新しいものと取り替える作業。

どちらもオイルが抜けるという点ではさほど違いはありませんが…

取り替える上で外すパーツが異なるので、どちらを交換するのかを明確にするといいでしょう。

このように簡単ではありますが、どんな作業をするのか事前に決めておけば選びやすくなります。

おすすめのパーツ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%92%E9%81%B8%E3%81%B6%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88-9-1.png

それでは実際におすすめのパーツについて見ていきましょう。

オイルジョッキ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-10-01T123331.443-1.png

オイル交換時に重宝するオイルジョッキになります。

古いオイルを抜いた後の、
新油補充時に使用する道具です。

先端が細いノズル上になっているので、
オイルをこぼすことなく簡単に補充できます。

オススメとしては、蓋やこし網付きのものを選ぶといいですよ!

異物混入を未然に防ぐ事が可能です。

オイルチェンジャー

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-17-1024x536.png

上からオイルを抜くための専用道具になります。

通常オイルパンのドレインボルトを外し下からオイルを抜くのが一般的ですが、オイルチェンジャーを使用する事で上から抜くことが可能です。

使い方も簡単で、オイルレベルゲージと呼ばれるオイル量をチェックするゲージ穴から差し込み、手動にてオイルを抜き取ります。

車にもよりますが、だいたい10分程で交換は完了します。

井上商店フロムアール
¥12,450 (2023/01/27 11:59時点 | 楽天市場調べ)

オイルうけ皿

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-16-1024x536.png

オイル交換時に便利なオイル受け皿になります。

オイルパンの下に設置しておくことで、
床を汚すことなくオイルを受け取ります。

使い方によっては、エンジンオイル以外にもブレーキオイルやオートマオイルなどにも使用可能です!

廃油処理パック(ポイパック)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-15-1024x536.png

エーモン工業からでている廃油処理パック。
ポイパックと呼ばれるものです。

見た目は普通の段ボールのようですが、中を開けると袋に敷き詰められた吸収材が出てきます。

下からオイルを抜く際に設置しておくことで、
吸収材がオイルを吸収します。

交換後はそのままごみに捨てられる
という優れものですね!

私も交換の際に使用しますが、オイルうけ皿のように交換後に一度オイルを吸収させて捨てるといった手間が省けるので便利ですね。

オイル量のサイズは、2.5~6.5Lまで様々対応しています。

軽自動車なら2.5Lほど。

普通車なら4L~6.5Lというように
使い分けるといいでしょう。

ドレインワッシャー

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-10-01T123652.744-1.png

オイルのドレインボルトの間にかませる専用のワッシャーですね。

中古のまま使い続けるとオイルが漏れるので、必ず新品を用意しましょう。

ワッシャーについては、

・スバル
・ホンダ
・マツダ
・日産
・スズキ

などメーカーによって種類が分かれるのでその都度確認しましょう。

パーツクリーナー

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E8%B8%8F%E3%81%BF%E3%81%A4%E3%81%B6%E3%81%99%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%A7-26-1.png

パーツクリーナーは油分などの汚れを簡単に落としてくれるもの。

即効性なので、吹いてから数秒で乾きます。

※セット購入したい方はこちら

ペーパーウエス

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-10-01T131540.989-1.png

オイルなどの汚れを拭くためのウエスになります。

おすすめのパーツ(補助工具)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%92%E9%81%B8%E3%81%B6%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88-11-1.png

合わせておすすめなパーツ(補助工具)も見ておきましょう。

オイルフィルターレンチ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2023-01-16T210340.251-1-1.png

オイルエレメントを外すための専用工具になります。

ラチェットハンドルと組み合わせる事で、
簡単にエレメントを外す事ができます。

サイズは64~101と様々ですが、車種によってサイズが違うので事前に適合表で調べるかセットで揃えるといいでしょう。

ガレージジャッキ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2023-01-16T212136.224-1.png

車体を持ち上げるための工具です。

基本的には車に付属されているパンダジャッキでも交換はできますが、交換スピードを上げる目的で使用するならガレージジャッキの方がおすすめです!

ジャッキスタンド

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2023-01-16T212438.228-1.png

ジャッキスタンドは、ジャッキで車体を
持ち上げた時に左右に挟んで車体を支える工具です。

実際交換自体はなくてもできますが、
あるかないかでは大きく変わります。

何故ならジャッキスタンドとは、
本来車体を支えるという機能がある為です。

車体を支える=ジャッキが倒れるのを防ぐ

ジャッキスタンドがないと、ジャッキが倒れた時に車体の下敷きになってしまうので、危険を回避するなら持っておいて損はありません!

フェンダーカバー

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2023-01-16T212754.382-1.png

クルマの整備や点検をする際に
便利なカバーになります。

通常作業をするとどうしても避けられないのが傷や汚れです。

・工具や部品などが作業中に当たってしまって傷がつく。
・オイル交換の際にオイルが飛び散って汚れが残る。

作業をすればこのような事は
日常的に起こります。

ですが、その際に便利なのが
フェンダーカバーですね!

作業をする付近に事前に設置しておけば、傷や汚れから車を守ります。

工具

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-10-01T123007.537-1.png

基本はメガネレンチもしくはラチェットハンドルを使用しますが、工具一式で揃えておくとどちらも使えるので便利です!

これ一つでほとんどの一般的な整備ができます。

作業ごとに選ぶならどのパーツがいい?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%92%E9%81%B8%E3%81%B6%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88-10-1.png

最後は作業ごとに選ぶならどのパーツがいいのか?について。

パーツが色々あるのはわかるんだけど、最低限で選ぶならどのパーツがいいのかな?

オイル交換かエレメント交換作業で必要なパーツが変ってくるから以下で紹介するね。

オイル交換におすすめなパーツ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2023-01-16T215131.142.jpg

まずオイル交換だけで選ぶなら最低限以下のパーツがおすすめです。

・ラチェットハンドル&ソケット
(工具セットで買うとおすすめ)
ドレインワッシャー
・ジャッキ
・ジャッキスタンド
・オイル受け皿
・オイルポイパック

DIYでオイル交換をする場合は、ドレインボルトを
外して下から抜くのが一般的です。

そのため、必ず準備するのがラチェットハンドル&ソケット。とドレインワッシャー。

ドレインボルトが17mmのボルトが使われている事があるので、外す際に使います。

ドレインワッシャーはボルトの間に差し込むもの。

主にオイルの漏れ防止としての役目があるので、
必要不可欠となります。

オイル受け皿は抜いたオイルを受け止める物。オイルポイパックはそのまま捨てられるようにできる物。

オイルエレメント交換におすすめなパーツ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2023-01-16T215317.456-1.png

逆にオイルエレメント交換だけで選ぶなら最低限以下のパーツがおすすめです。

・ラチェットハンドル
(工具セットで買うとおすすめ)
・ジャッキ
・ジャッキスタンド
フィルターレンチ
・オイル受け皿
・オイルポイパック

オイルエレメント交換をする場合には、フィルターレンチと呼ばれる専用工具が必要になるので必ず準備する必要があります。

 

※ちなみに、フィルターレンチはそのままでは使えないのでラチェットハンドルと組み合わせる必要があります。

あとはオイル交換と同じように

・ジャッキ
・ジャッキスタンド
・オイル受け皿
・オイルポイパック

と作業に合わせて準備するといいでしょう。

必要となるパーツはほとんど同じですが、作業によってフィルターレンチやラチェットハンドル&ソケットが必要になるので、どの作業をするかによって準備しておきましょう。

自分に合ったものを選んでスムーズに作業を心がけよう!

以上、オイル交換におすすめの補助パーツを解説しました。

今回の記事のおさらいです。

パーツを選ぶポイント
どんな方法で交換するのかで選ぶ
オイル交換なのか。エレメント交換なのかを明確にする
オイル交換におすすめのパーツ12選
作業ごとに選ぶならどのパーツがいい?
オイル交換におすすめなパーツ
・ラチェットハンドル&ソケット
(工具セットで買うとおすすめ)
ドレインワッシャー
・ジャッキ
・ジャッキスタンド
・オイル受け皿
・オイルポイパック

 

オイルエレメント交換におすすめなパーツ
・ラチェットハンドル
(工具セットで買うとおすすめ)
・ジャッキ
・ジャッキスタンド
フィルターレンチ
・オイル受け皿
・オイルポイパック

オイル交換は、車に乗る上で最も必要な作業です。

交換時期や目安も決まっていて、その範囲以内で交換をすれば安心して走行ができる訳です。

ですが、少々手間な作業であるため、
交換を後回しにする方も多い事でしょう。

オイル交換は皆さんが思っている以上に重要な事で、交換しないと取り返しのつかない状態にもなることもあります…

ですので、交換をしないという選択肢は
避けなければなりません。

交換は手間な作業ではありますが、今回紹介した道具を揃える事で作業が格段に良くなる事間違いなしです!

道具の組み合わせ次第では作業時間の短縮にもつながるので、ぜひ活用してみてください!

次は実際の交換方法についても見ておこう。

商品をお得に購入したい人向け

ここからは、商品をお得に購入したい人向けの紹介します。
 
パーツはカー用品店でも購入はできますが、探しに行くのが面倒な人はネットショッピング(楽天やAmazon)でも手軽に購入ができます。
 
その際に、会員やお得になる日を知っておくと損をせずに購入ができます。
 
お得なポイント

・楽天市場⇒毎月5と0のつく日はポイント5倍!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-30T150514.489-1.png

※購入の際に楽天カード会員になると、初回登録のみ5000Pゲット。 カード利用の場合はその都度貰えるポイントが通常時でも2倍(本来は1倍)になります。また、会員でガソリンの給油もお得になります。

※参考記事
楽天カードで【ガソリンの値引き】が出来る2つのスタンドと給油料金 ≫

・Amazon⇒商品購入時の送料がお得!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-30T150617.439-1.png

※購入の際にAmazonプライム会員になると、通常500円かかる送料がその都度無料になります※

・Yahooショッピング⇒毎月5のつく日はTポイント還元1%&PayPayボーナスライト4%の合計5%還元!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-30T151157.702-1.png

ヤフーショッピングは、楽天同様に5のつく日に商品を購入するとお得になります。

5のつく日キャンペーンは毎月5日・15日・25日に開催されてるもので、Yahoo!ショッピングの全ショップでpaypayポイント還元率が5%になります。

(Visited 171 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました