【知らないと損】エンジンオイルの交換時期と交換を過ぎた場合の危険性

オイル
この記事は約4分で読めます。

エンジンオイルの交換時期が知りたいんだけど。DIYでやるにはどのタイミングがいいの?交換を過ぎた場合の危険性は?

こういった疑問にお答えします。

まずこの記事を書いた自分は

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E2%9C%85%E5%85%83%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E6%95%B4%E5%82%99%E5%A3%AB-2-1.png

この記事がおすすめな人

✅オイルの交換時期が知りたい
✅交換を過ぎた場合の危険性が知りたい

この記事では、オイル交換をする前に知りたい。オイルの交換時期や交換を過ぎた場合の危険性についてご紹介します。

オイルの交換時期について事前に知っておけば知識として覚えておく事も出来ますし、実際に交換する場合の目安にもなります。

また、記事の後半では交換時期を過ぎた場合の危険性についても解説しているので合わせて参考にしてみましょう。

実際に『オイル交換の時期がわからない…』といった人がこの記事を読んで解決できたので、参考にしてみてください。

ちなみに、今回紹介する内容については以下の順番で確認していくとわかりやすいからおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エンジンオイルの交換時期について

まず、タイトルにあるオイルの交換時期ですが、

3000Km~5000Km
・走行状態

2つを基準に選択するといいですよ!

3000Km~5000Kmを目安に交換

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E4%BA%A4%E6%8F%9B%E3%81%99%E3%82%8B%E5%A0%B4%E5%90%88%E3%81%AF%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%A7%E3%82%82%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%EF%BC%9F%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%A8%E3%82%82%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E3%81%A8%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%AE%EF%BC%9F-19-1.png

1つ目は3000Km~5000Kmを目安に交換する事です。

基本的には3000Km~5000Km
交換の目安とされています。

実際メーカーでも推奨されている所もあり、私が車関係にいた頃も3000Km~5000Km目安に交換していました。

5000Kmを目安に交換をする事で、
エンジン保護につながります。

走行状態

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E4%BA%A4%E6%8F%9B%E3%81%99%E3%82%8B%E5%A0%B4%E5%90%88%E3%81%AF%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%A7%E3%82%82%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%EF%BC%9F%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%A8%E3%82%82%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E3%81%A8%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%AE%EF%BC%9F-20-1.png

2つ目は走行状態に応じて交換をすることです。

普段からアクセルを強めに踏む方や、エンジンに負荷をかける運転をする方は走行距離にかかわらず早めの交換を心掛けましょう。

エンジンオイルを確認した際に、
真っ黒になっていれば交換目安となります。

エンジンオイルの交換時期はなぜ守らないといけないのか?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-05-13T074223.984-1-1.png

では何故交換時期を守って交換する事が大切なのか?

それには、

①トラブルを回避する
②エンジンを壊さないため

②つの理由が関係あります。

考えられる理由①トラブルを回避するため

まず①つ目はトラブルを回避するためです。

エンジンオイルには、本来

・潤滑作用
・冷却作用
・密封作用
・清浄分散作用
・防錆作用

5つの作用があり、それぞれが機能
する事によってトラブルを防いでいます。

例えば、

・潤滑作用=オイルの膜をつくりスムーズに作動
・冷却作用=エンジン内で発生する熱を吸収・発散して冷却する働き
・密封作用=ピストンリングとシリンダーのすき間から圧力を逃がさない
・清浄分散作用=エンジン内の汚れや不純物をオイル内に取りこむ
・防錆作用=サビや腐食からエンジンを守る

簡単に説明するとこんな働きをしています。

見ればわかりますが、5つのうち冷却作用
特にエンジンにとって重要です!

熱をもちやすいエンジンにとって
冷却が出来ないと言う事は…

常に温度を下げられないことを意味するので、オーバーヒートなどのトラブルの元です。

考えられる理由②エンジンを壊さない為

また、②つ目の理由としてエンジンを
壊さない為というのがあります。

①つ目の理由の延長なんですが…

車にとってのエンジンは心臓。
オイルは人間にとって血液です。

例えば人間の血液は、
状態がいいほどサラサラですよね?

逆にドロドロになってしまうと、体内で詰まりやすく循環が悪くなります…

車もこれと同じで、トラブルなく維持するにあたって、オイルはサラサラな良好状態でなくてはいけません!

交換時期が遅れるもしくは交換しない事が多く続けば、当然エンジンの状態は悪くなり最終的には壊れる事に…

なのでそうならない為にも、血液と同じエンジンオイルは交換時期を守って定期的に交換する事が大切です!

正しい交換時期を理解してオイル交換の目安にしましょう!

以上、エンジンオイルの交換時期と交換を過ぎた場合の危険性を解説しました。

今回の記事のおさらいです。

エンジンオイルの交換時期について
3000Km~5000Kmを目安に交換
走行状態
エンジンオイルの交換時期はなぜ守らないといけないのか?
考えられる理由①トラブルを回避するため
考えられる理由②エンジンを壊さない為

正しい交換時期を理解する事でエンジンが壊れる前に取り換える事ができるので、この機会にぜひ覚えておきましょう。

次はオイルとエレメント交換するなら同時?それとも別々どっちなのかも見ておこう。

(Visited 103 times, 1 visits today)