エーモン 接続コネクター(3331)の基本構造と役立つ活用法

接続コネクター
この記事は約5分で読めます。

接続コネクター3331って何?どんな仕組みになってるの?実際に使えるの?

こういった疑問にお答えします。

まずこの記事を書いた自分は

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E2%9C%85%E5%85%83%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E6%95%B4%E5%82%99%E5%A3%AB-2-1.png

この記事がおすすめな人

✅ 接続コネクター(3331)について
✅ 他の接続コネクターとの違い
✅ 接続コネクター(3331)だからできること

この記事では、接続コネクター(3331)を使う上で知っておきたい基本構造について解説していきます。

どんなパーツなのかを事前に理解しておけば、実際に作業で使う場合に正しい使い方を導き出すことができるようになります!

また、記事の後半では他の接続コネクターとの違いや接続コネクター(3331)だからできることも解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

ちなみに、今回紹介する内容については以下の順番で確認していくとわかりやすいからおすすめです。

エーモン接続コネクター(3331)について

まず、タイトルにある【エーモン接続コネクター(3331) 】について。

エーモン接続コネクター(3331)は、電源側の配線と電装品側の配線同士を接続するための部品です。

接続コネクター(3331)は太線に対応したパーツ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E9%85%8D%E7%B7%9A%E3%81%AF%E5%A5%A5%E3%81%AB%E3%81%82%E3%81%9F%E3%82%8B%E3%81%BE%E3%81%A7%E6%8A%BC%E3%81%97%E5%BD%93%E3%81%A6%E3%82%8B-8-1.png

その際に、3330は太線⇒太線(0.5~0.75sq)というようにサイズを変えた状態で取り付けることができます。

0.5~0.75sqの間であれば、問題なく取り付けることができます。

接続コネクター(3331)の構造や仕組み

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%88%83%E3%81%8C%E9%85%8D%E7%B7%9A%E3%81%AB%E9%A3%9F%E3%81%84%E8%BE%BC%E3%82%80%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%A7%E9%80%9A%E9%9B%BB%E3%81%99%E3%82%8B-1.png

そんな接続コネクターですが、電気が流れる仕組みとしては中に配線を食い込ませるための刃があり、この刃に配線の中の銅線部分が触れることで通電。

刃が触れた状態でコネクター同士を接続することで電気が伝わって流れるという仕組みです。

他の接続コネクターとの違い

続いて他の接続コネクターとの違いについて。

エーモン製の接続コネクターには

・3328
・3330
・3331

3つがあります。

3つの違いは対応サイズ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E9%85%8D%E7%B7%9A%E3%81%AB%E5%88%83%E3%81%8C%E9%A3%9F%E3%81%84%E8%BE%BC%E3%82%80%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%A7%E5%B0%8E%E9%80%9A-2-1.png

この違いについては対応できる配線の
太さが違うことです。

エーモン接続コネクター(3328)は、
0.2~0.5sqまで対応のコネクター。

エーモン接続コネクター(3330・3331)は、
0.5~0.75sqまで対応のコネクター。

比較してみると分かりますが、お互いに繋げられる配線の太さが違うことが分かります。

3328は0.2~なのに対してそれ以外は0.5~と、細線から使うことが出来るのか太線だけなのかの違いです。

エーモン接続コネクター3331に関しては脱着ができない

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E6%8E%A5%E7%B6%9A%E3%82%B3%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC3331-1.png

また、エーモン接続コネクター3331に
関してのみ脱着ができないというのがあります。

理由としては3331は一体式なためです。本体が一体式なので、脱着がそもそもできません。

このように簡単ではありますが、接続コネクター
それぞれには2つの違いがあります。

種類によって使う用途も変わってくるので、この機会に覚えておきましょう。

接続コネクター(3331)だからできること

最後になりますが、接続コネクター(3331)にしか出来ないことって何?という方向けに。

接続コネクター(3331)は太線に対応しているので、

・ギボシ端子の代わり
・簡単に取り外したくない箇所に最適

主に2つの場合に便利です。

ギボシ端子の代わりとして使える

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%B0%8F%E8%A6%8B%E5%87%BA%E3%81%97%E3%82%92%E8%BF%BD%E5%8A%A0-2022-02-28T083011.299-1.png

1つ目はギボシ端子の代わりとして使えることです。

ギボシ端子は0.5sq~0.75sq。接続コネクター3330は0.5sq~0.75sq。どちらも対応サイズは同じです。

しかも、接続コネクターならギボシ端子のようにかしめる工程が必要ないので、初心者でも簡単に使いこなすことができます。

簡単に取り外したくない箇所に

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-04-11T095030.443-1.png

2つ目は簡単に取り外したくない箇所に最適です。

接続コネクター3331は、3330と同じく0.5~0.75sqまで対応なコネクターです。

対応サイズが同じということで同じパーツに
思われがちですが、3331の方は一体式なのが特徴です。

そのため、簡単に取り外したくない箇所に取り付けたい場合に最適です。

例えば、古くなった燃料ポンプ側の配線や追加で増やした配線などが当てはまりますね。

圧着端子のようにコネクターの分離が出来ないので、取り外す予定がない場合には3331の方が最適です!

このように使い方次第では接続コネクター3331でしか出来ないこともあるので、上手い具合に使い分けてみましょう。

基本を理解して作業に役立てよう

以上、エーモン 接続コネクター(3331)の
基本構造と仕組みを解説しました。

今回のおさらいです。

エーモン接続コネクター(3331)について
接続コネクター(3331)は太線に対応したパーツ
他の接続コネクターとの違い
3つの違いは対応サイズ
エーモン接続コネクター3331に関しては脱着ができない
接続コネクター(3331)だからできること
ギボシ端子の代わりとして使える
簡単に取り外したくない箇所に

以上のことを知識として覚え、是非充実した
カーライフを送っていただけたら幸いです。

接続コネクター(3331)の基本を理解して
作業に役立ててみましょう!

また、当サイトでは他にもメリットデメリットも解説しているので参考にしてみてください。

接続コネクター(3331)を使った感想と気になる3つのデメリット ≫

(Visited 167 times, 1 visits today)