【レビュー】プラス・マイナス分岐ターミナル2831のメリット・デメリット

プラスマイナス分岐ターミナル
この記事は約6分で読めます。

プラス・マイナス分岐ターミナル2831を使ってみたいけど使えるパーツなのかわかりません。

このような悩みはありませんか?

特に一度も使ったことがなく購入するか
どうかを検討中の方にありがちな事。

・どんな性能があるのか
・カスタム用のパーツとして期待はできるのかなど。

実際に使った事がなければ購入してみようとは思いませんよね。

中には実際に購入して性能を検証をと言う方もいますが…

ほとんどの人は、『購入してから失敗したくない。』と言う理由から中々一歩を踏み出せない事がほとんどでしょう。

そこでこの記事では、メリット・デメリットを元にプラスマイナス分岐ターミナル2831が実際に使えるパーツなのかをお伝えしていきます。

プラス・マイナス分岐ターミナル2831ってどんなパーツ?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-15-1.png

【仕様】
・DC12V車専用
・使用可能電流(合計):5A
・使用可能電力:
 DC12V車60W以下
 DC24V車使用不可
・適合コードサイズ:0.12sq〜1.25sq相当(AWG26~16)
・付属コードサイズ:0.5sq×約60cm

【内容物】
プラス・マイナス分岐ターミナル×1
・両面テープ:×1
・ギボシ端子付コード×1
・クワ型端子付コード×1

プラス・マイナス分岐ターミナルは電気の分岐ができるパーツ

プラス・マイナス分岐ターミナルは、
名前に分岐とあるように分岐を目的のパーツです。

たとえば

・電源が足りない
・その都度増やすのが面倒

こんな時ってありますよね。

一般的にそうなった場合、専用の端子を使って必要な数分を取り付けて増やしていきます。

ですがこの作業って正直面倒
だと思いませんか?

取り付けるしても端子1つにつき1箇所。

仮に3箇所必要になった場合には
3箇所分と増やす必要が…

どうせなら1つから複数取れればいいのに。

そう思いたくなりますよね。

そこで役立つのが【プラス・マイナス分岐ターミナル】です。

大元の配線を電源側に取り付ければ、最大で4箇所の分岐ができるようになります。

実際に使ってみて(個人的な感想)

実際私も使った事がありますが、面倒な作業がこれ一本で解決出来ました。

通常電源を取ろうと思うと、その都を増やす必要が出てきます。

そのため、電装品を追加する度に
配線を増やすので手間がかかり面倒です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E7%9F%AD%E3%81%84%E5%9E%8B-11-1.png

無理につなげれば画像のようにできない事もないですが…

この方法では接触不良はもちろんの事、
衝撃で抜ける危険性も出てきます。

ならどうすれば?となった時に最適なのが【プラス・マイナス分岐ターミナル】です。

簡単にマイナスを増やすことができるので、手間をかけたくない人に最適です!

プラス・マイナス分岐ターミナルのメリット・デメリット

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-4-1.png

続いてプラス・マイナス分岐ターミナルの
メリット・デメリットについて紹介します。

今回は、メリット⇒デメリットの
順で見ていきます。

メリット

メリットとしては、

・プラス・マイナス両方の電源が分岐できる
・専用工具が必要ない

があります。

プラス・マイナス両方の電源が分岐できる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-25T045857.821-1.png

1つ目はプラス・マイナス両方の分岐ができることです。

本来なら電源を探すのも大変で、

・プラス電源を分岐する
・マイナスを探してアースする

2つの事でつまづいて電装品の
増設が出来ない…

こういった事が多いと思いますが…

プラス・マイナス分岐ターミナルなら1つで両方の電源を取る事が可能です!

専用工具が必要ない

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-25T050015.683-1.png

2つ目は専用工具が必要ないことです。

基本的に配線同士を繋げる場合に、
専用工具として電工ペンチを使います。

電工ペンチで正しくかしめることで、
端子から端子に電気が伝わるというもの。

しかし、接続コネクターの場合はかしめるというよりも挟み込むのが正しいので電工ペンチを使う必要がなくなります。

デメリット

逆にデメリットとしては

・複数の電源を取る事はできない
・熱がかかる・雨に濡れやすい場所ではおすすめできない

があります。

複数の電源を取る事はできない

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-25T050134.233.png

1つ目のデメリットは、複数の電源を取る事はできないと言う事です。

とゆうのも、本来プラスマイナス分岐ターミナルは大元の電源は1本づつ。そこから複数の電源に分岐という構造になってる為です。

例)たとえばACC電源を取りたいと思った時。

画像のようにINPUT側の電源はACC電源に繋げます。するとOUTPUT側の分岐配線も強制的にACC電源が流れることになります。

つまり、

・この電源はACC電源に
・こっちはイルミ電源

というように電源を使い分けることは
できないわけです。

なので、もし複数の電源で使いたい場合には
別途でもう一つ用意する必要があります。

熱がかかる・雨に濡れやすいで場所はおすすめできない

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-25T050248.310-1.png

2つ目は熱がかかる・雨に濡れやすい場所ではおすすめできない事です。

プラスマイナス分岐ターミナルはあくまで車内で使用する物なので、エンジンルームなどの社外で使用する事はおすすめできません。

仮に使用した場合、

・エンジンルームの熱でターミナルが溶ける
・防水仕様でない為に雨に濡れると漏電になる

2つの危険性があります。

その行き着く先は発火により配線が燃える。
漏電によりショートです。

こうなってくると車を壊すことにもつながるので、
正しく使い分ける事が大切です。

プラスマイナス分岐ターミナルって実際どう?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2024-01-17T161556.729-1.png

ここまでがメリット・デメリット
についての内容。

ここからはそれぞれを踏まえておすすめな
人とそうでない人についてお伝えします。

一つの電源で複数分岐したい人にはおすすめ

まず一つの電源で複数分岐したい人に
プラス・マイナス分岐ターミナルはおすすめです。

大元の電源を経由して複数(最大4つ)電源の分岐が出来るので、電装品などのカスタムをメインとする方には重宝するパーツと言えます。

複数電源を取りたい人にはおすすめできない

逆に複数電源を取りたい人にはおすすめできません。

プラスマイナス分岐ターミナルが電源の
分岐が出来るとはいえあくまで1種類。

・○番目はACC電源
・○番目はイルミ電源
・○番目は常時電源

というように複数電気が取れるわけではありません。

そのため1種類以上の電源確保を目的とした人には適しません。

あくまで1種類。○○電源を4つに分岐して使いたいこんな方に【プラス・マイナス分岐ターミナル】おすすめできます。

記事のまとめ

以上、プラス・マイナス分岐ターミナルのメリット・デメリットを紹介しました。

今回の記事のおさらいです。

プラス・マイナス分岐ターミナルを選んだ理由について
電装品の分岐が複数できるから
プラス・マイナス分岐ターミナルを使うメリット
・プラス・マイナス両方の電源が分岐できる
・専用工具が必要ない
プラスマイナス分岐ターミナルのデメリット
・複数の電源を取る事はできない
・熱がかかる・雨に濡れやすいで場所はおすすめできない

紹介したプラス・マイナス分岐ターミナルを
実際に使って良かった点は以下3つです。

・電源を4つに分配できる
・プラス・マイナスの電気がとれる
・簡単脱着が可能

本来、電装品を取り付けるとなると
その都度追加配線が必要となるのが一般的です。

特に初心者から始める方にとっては、
電源を取るだけでも大変…

私自身も慣れない頃に経験済みなので、
気持ちはわかります。

ですが今回使用した【プラスマイナス分岐ターミナル】を活用すれば、1から電源を複数作る必要がありません!

その逆に電源が1つ以上使えないという欠点はありますが、電源側の配線をつなぐだけで最大4つまで分岐できるともなれば作業時間の短縮にもなります。

取り付けるたびに電源を取るのが手間
・簡単に電源を取る方法が知りたい

という方はこの方法で電源をとるのはどうでしょう?

取り付けも簡単で、使用しなくなったらその配線だけ脱着ができます。電源配線を追加する事が多い方には重宝するものですね!

また、別売りの補助パーツと一緒に購入する事で購入後に即使えます。補助パーツについては別記事でまとめているので参考にしてみてください。

【おすすめ】プラス・マイナス分岐ターミナル(2831)使用に伴う補助パーツ5選
購入後すぐにプラス・マイナス分岐ターミナルを作業で使いたい。こんな方向けに、おすすめする補助パーツをお伝えします。
(Visited 1,607 times, 1 visits today)