カー用品端子&電工ペンチ端子

エーモン ギボシ端子ってどうなの?実際に電源分岐に使った感想とダブルギボシ端子との比較

カー用品
・ギボシ端子は使いやすいって聞くけど実際どうなの?
・実際どうやって使うもの?
・自分でも知っておきたいので詳細を教えてほしい

そんな悩みにお応えします。

確かに初心者からしてみれば、『どんなパーツなのだろう?』となりますよね。

でも実際は、手順通りに使うことができれば簡単に電源の分岐が可能となるものなのです。

詳しい詳細については、また順を追って説明していきます。

実際に私も以前は知らない時期はありました。

以前の私は知識も疎く、免許についてよく知りませんでした。

しかし、ふと調べた際に『こんな使い方があるのか』ということを知りました。

それから自分なりに試してみたり、詳しい人に聞いてさらに詳細を知る事ができました。

そこで学んだ知識を活かして
この記事では、

実際に電源分岐に使った感想とダブルギボシ端子との比較を紹介します。

・ギボシ端子について知りたい
・知識として学びたいので詳細を教えてほしい

そんな人に向けて執筆していきます。

この記事を最後まで読むことで、
ギボシ端子とは何か?

性能やダブルギボシ端子と比較した場合どう違うのかを知ることが出来るので、

ぜひ最後まで読んでみてください。

エーモンギボシ端子とは?

ギボシ端子とは?

エーモンギボシ端子は電源を確保する際に、
電源側のオスまたはメス端子と繋げることで

電気の伝達ができるパーツです。

どういった仕組みのパーツ?

一般的な使い方としてはオーディオ裏などの電源から特定の電源を探し、

ギボシ端子同士を繋ぐというものです。

繋いでる間は繋げた電源で電気がながれ、
条件を満たした時のみ消灯する仕組みです。

ギボシ端子を使うメリットとは?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2022-01-11T000809.552.png

続いてギボシ端子のメリットデメリットについてみていきましょう。

今回はメリット⇒デメリットの順で紹介します。

まずはメリットから

・端子同士を繋いで電源の確保ができる
・脱着が可能なのでいつでも電装品を取り外せる

メリット1:端子同士を繋いで電源の確保ができる

1つめは端子同士を繋いで電源の
確保ができることです。

ギボシ端子は、端子とむき出しの銅線が触れることで端子全体に電気が伝わります。

電源側のギボシ端子も同じ構造に
なっているため、

お互いを繋ぐことで全体に電気が分散され
電源の確保に繋がるというわけです。

メリット2:脱着が可能なのでいつでも電装品を取り外せる

2つ目は脱着が可能なのでいつでも電装品を取り外せるということです。

ギボシ端子は冒頭でも言ったように、
オスとメスをつなげるもの。

なので、電装品とギボシ端子を
組みあわせて繋げることで、

いつでも脱着が可能となります。

ギボシ端子を使うデメリットとは?

逆にデメリットは

・接触不良
・ショート

2つがあります。

デメリット1:接触不良

1つ目として接触不良があります。

接触不良は取り付けが不十分で、
ギボシ同士が接触せずに

不良を起こしてしまう症状ですね。

初心者の方や慣れていない方に
起こりやすいです。

デメリット2:ショート

2つ目はショートです。

ショートは、『バチっ』という音と共に
金属同士が触れて火花が散る症状ですね。

ショートは異なる極性同士が触れて
しまった時になります。

簡単に言えばプラス端子とマイナス端子
が触れてしまう事で起こります。

どちらも間違った取り付け方をした場合に起こりやすくなる症状です!

その原因としては決まってはいますが、
長くなるので別記事にてまとめてあります。

詳しい原因までを知りたい方は、
以下記事も一緒に読んでみてください。

接触不良やショートになる詳しい原因

ギボシ端子の間違った取り付けで起こる本当に危険な2つの症状と対策
ギボシ端子で配線繋げたら『電装品が反応しない』 『反応する時としない時がある』 といった事はありませんか? 実はその症状…あなたの端子のかしめ方が 原因かもしれません… 正しくかしめる(圧着)事ができて いるかどうかで 反応するかが決まります。 それに間違った知識のまま 取り付ける事は後々危険です… 今回ご紹介する方法を知れば、 あなたでもきっと危険なく 失敗しない取り付けが出来る事でしょう。

ざっと簡単に説明しましたが、メリットとは逆で使い方を間違えることでこのようなことになります。

ただあくまで間違った使い方をと言うだけで、
ギボシ端子自体は役立つパーツです。

電装品を取りたくなったらギボシを
抜けばいい訳ですから、

その都度別の電装品を追加する度に配線を作り直すと言ったこともありません。

なので、私個人としては重宝しているパーツと言えます。

毎月5と0のつく日はポイント5倍

楽天市場でチェック

Amazonプライムデーは対象商品がお得

Amazonでチェック

毎月5のつく日はTポイント還元1%

PayPayボーナスライト4%の合計5%還元

Yahooショッピングでチェック

ギボシ端子の類似品ダブルギボシ端子との比較

最後に類似商品との比較を
見ていきましょう。

類似商品には同じくエーモンの
ダブルギボシ端子があります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2022-01-11T000010.602.png

ダブルギボシ端子は電装品の
電源確保に役立つパーツで、

比較を簡単にまとめると

【ダブルギボシ端子】
・配線同士を接続可能
・専用工具が必要
・使い方を間違えると接触不良になる
・脱着可能
・オスの端子を2つ繋げられる
【ギボシ端子】
・配線同士を接続可能
・専用工具が必要
・使い方を間違えると接触不良になる
・脱着可能
・繋げられる端子は1つ

性能的にはギボシ端子なのでさほど
変わりはありませんが、

注目すべきポイントは繋げられる端子の数です。

ギボシ端子が1つなのに対して、ダブルギボシ端子は2つまで接続ができます。

こうしてみると『ダブルギボシ端子の方がお得なのでは?』と思われがちですが…

個数の割にギボシ端子よりもやや
高めな設定となっているので、

電装品を多くつける予定がないのなら
ギボシ端子を購入する方がお得と言えます。

記事のまとめ

以上、ギボシ端子を実際に使った
レビューや性能を紹介しました。

今回の記事を読むとわかる通り、

ギボシ端子は、オスとメス端子をつなげることで電源側から電気を確保出来るパーツです。

多少の知識があれば接触不良なく
取り付けができるので、

これからカスタムで電源確保用のパーツを探している方は、ギボシ端子を検討してみるのもひとつの手ですよ!

記事で紹介した商品

今回紹介したパーツは、わかりやすく以下でまとめてあるから参考にしてみてね。

【ギボシ端子】

毎月5と0のつく日はポイント5倍

楽天市場でチェック

Amazonプライムデーは対象商品がお得

Amazonでチェック

毎月5のつく日はTポイント還元1%

PayPayボーナスライト4%の合計5%還元

Yahooショッピングでチェック

ダブルギボシ端子

毎月5と0のつく日はポイント5倍

楽天市場でチェック

Amazonプライムデーは対象商品がお得

Amazonでチェック

毎月5のつく日はTポイント還元1%

PayPayボーナスライト4%の合計5%還元

Yahooショッピングでチェック

(Visited 3 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました