オイル缶やオイルの処分をオートバックスなどに依頼すると掛かる費用

オイル
この記事は約5分で読めます。

オイル缶の処分方法について聞きたいんだけど。業者に依頼するとどのくらい費用がかかるの?

以上のような疑問にお答えします。

まず、この記事を書いた自分は

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E2%9C%85%E5%85%83%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E6%95%B4%E5%82%99%E5%A3%AB-2-1.png

この記事がおすすめな人

✅ オイル缶の処分を業者に依頼するとかかる費用が知りたい
✅オイルの処分費用が知りたい
✅オイル缶やオイルの処理は依頼する場合と自分でする場合お得なのはどっちなのか

この記事では、車に乗る上で知っておきたい。オイル缶やオイルの処分をオートバックスなどに依頼すると掛かる費用について解説していきます。

掛かる費用を事前に理解しておけば、知識として覚えておく事も出来ますし、オイル缶を使い終わった時にお得に処理する事ができます!

また、記事の後半ではオイル缶やオイルの処理は依頼する場合と自分でする場合お得なのはどっちなのかも合わせて解説しているのでぜひ最後までご覧ください。

ちなみに、今回の内容は以下の順で読み進めるとわかりやすいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 オイル缶の処分を業者に依頼するとかかる費用について

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB%E7%BC%B6%E3%81%AE%E5%87%A6%E5%88%86%E3%82%92%E6%A5%AD%E8%80%85%E3%81%AB%E4%BE%9D%E9%A0%BC%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%8B%E3%81%8B%E3%82%8B%E8%B2%BB%E7%94%A8-1.png

まず、タイトルにあるオイル缶の処分を業者に依頼するとかかる費用について。

基本的にオイル缶の処分を依頼する場合、
購入したお店にて依頼ができます。

例えば代表的なのは

・オートバックス
・ガソリンスタンド

この2つですね。

 オートバックス

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-10-04T100849.750-1.png

オートバックスは全国的に有名なカー用品店。

車の整備からカー用品の販売まで
様々やっているお店です。

そのうちオイル缶の処分について。

一般的には、オイル缶を購入した店舗であれば無料で引き取りが出来ます。

それ以外の場合は店舗により処分費用がかかる場合があるので、その都度確認が必要です。

ガソリンスタンド

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-10-04T100951.410-1.png

ガソリンスタンドは、ガソリンの給油や車の整備などやっているお店です。

合わせてタイヤ・オイル・バッテリーなども販売している店舗もあるので、1度は利用したことがある方もいるでしょう。

ガソリンもオートバックス同様にオイル
缶の処分が出来ます。

一般的には、オイル缶を購入した店舗であれば
無料で引き取りが出来ます。

それ以外の場合は店舗により処分費用がかかる場合があるので、その都度確認が必要です。

2つをまとめると

・オイル缶の処分は基本的に無料
・店舗によっては費用がかかる

そう覚えておくといいでしょう。

スポンサーリンク



オイルの処分費用について

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB%E7%BC%B6%E3%81%AE%E5%87%A6%E5%88%86%E3%82%92%E6%A5%AD%E8%80%85%E3%81%AB%E4%BE%9D%E9%A0%BC%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%8B%E3%81%8B%E3%82%8B%E8%B2%BB%E7%94%A8-2-1.png

続いてオイルの処分費用についてです。

オイル缶と一言で言っても、オイル交換後は
抜いた後のオイルもあるわけで…

そのまま流す訳にもいかないので正しく
処分する必要があります!

オイルについてもオートバックスやガソリンスタンドで処分可能です。

オートバックスでオイル処理を依頼する場合

オートバックスでオイル(廃油)の処理を依頼する場合、基本無料になります。

ただしオイル缶同様に、他店舗で依頼すると
別途で費用がかかる事があります。

そのため、実際に依頼する場合は事前に調べておくといいでしょう。

ガソリンスタンドでオイル処理を依頼する場合

ガソリンスタンドでオイル処理を依頼
する場合はほとんどが4Lまで無料です。

なお、決められたL数を超えた場合に費用が
かかる場合があります。

まとめると

・基本的に費用は無料
・店舗によっては別途で費用が掛かる

オイル缶やオイルの処理は依頼する場合と自分でする場合お得なのはどっち?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB%E7%BC%B6%E3%81%AE%E5%87%A6%E5%88%86%E3%82%92%E6%A5%AD%E8%80%85%E3%81%AB%E4%BE%9D%E9%A0%BC%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%8B%E3%81%8B%E3%82%8B%E8%B2%BB%E7%94%A8-3-1.png

最後になりますが、オイル缶やオイルの処理は依頼する場合と自分でする場合お得なのかについても見ていきましょう。

依頼する手間などを考えれば手っ取り早いのは自分で処理

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E8%B8%8F%E3%81%BF%E3%81%A4%E3%81%B6%E3%81%99%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%A7-12-1.png

まず、依頼する手間などを考えれば手っ取り
早いのは自分で処理することです。

正しい手順さえ知っていれば

・オイルは燃えるゴミの日(可燃ごみ)
・オイル缶は燃えないゴミの日(不燃ごみ)

として処分ができるので、店舗に持って
いくという手間がかかりません。

自分で処理出来なければ依頼する方がお得

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-10-04T103311.734-1.png

逆に、正しい手順でやらないと可燃ごみや不燃ごみとして処分が出来ないので、依頼する方がお得な場合もあります。

特にオイルやオイル缶に関しては。

・オイル=固まらせた状態でないと処分出来ない。

・オイル缶=分解して小さくまとめないと処分できない。

など、ものによって処分方法が決まっているので、手間を考えるなら依頼という手段もあります。

自分もしくは依頼するかは自分次第なので、
その時にあった方法を試してみましょう。

自分にあった最適な方法を見つけて処分をしよう!

以上、オイル缶やオイルの処分をオートバックスなどに依頼すると掛かる費用を解説しました。

今回の記事のおさらいです。

オイル缶の処分を業者に依頼するとかかる費用について
オートバックスやガソリンスタンドは購入した店舗なら基本は無料
オイルの処分費用について
・オートバックスは基本無料。

・ガソリンスタンドは4Lまでは基本無料。それ以上では費用がかかる場合もある。
オイル缶やオイルの処理は依頼する場合と自分でする場合お得なのは
・自分で処分できるなら自分でやる方がお得
・正しい処理ができないなら依頼するのがいい

エンジンオイルやオイル缶は正しい処理方法があるので、自分にあった最適な方法を見つけて処分しましょう!

なお、当サイトでは自分で処理する方法も解説しているので合わせて参考にしてみてください。

(Visited 7,011 times, 1 visits today)