カー用品

LED電源ボックス(1891)ってどんな部品?実際使ってわかった性能と効果を解説

カー用品
・LED電源ボックス(1891)は使いやすいって聞くけど、これって何?
・どんな場面で使うものなの?
・自分でも知っておきたいので詳細を教えてほしい

そんな悩みにお応えします。

確かに初心者からしてみれば、『どうやって使うものなのだろう?』となりますよね。

でも実際は、うまく活用できればLEDの作動確認や電源として使えるパーツなのです。

詳しい詳細については、また順を追って説明していきます。

実際に私も以前は知らない時期はありました。

以前の私は知識も疎く、詳細について知りませんでした。

しかし、ふと調べた際に『こんな使い方があるのか』ということを知りました。

それから自分で実際に使ってみたり、詳しい人に聞いてさらに詳細を知る事ができました。

そこで学んだ知識を活かして
この記事では、

LED電源ボックス(1891)を使った性能と効果を紹介します。

・LED電源ボックスについて知りたい
・知識として学びたいので詳細を教えてほしい

そんな人に向けて執筆していきます。

この記事を最後まで読むことで、これから自分で作業をする初心者にとって、

どのような構造なのか?どんな手順で
使用すればいいのか。

などを知る事ができるのでぜひ
最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LED電源ボックス(1891)とは?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2022-01-08T012456.359.png

どんな部品?

LED用電源ボックスは本体から電源を
取れるというもので、

ボタンを押す(ON)事で12Vが流れ
離す(OFF)事で電気が遮断されます。

つまり、バッテリーに繋いで確認
するのと同じ状態になる訳です。

どんな使い方ができる?

使い方としては、電源の確認用や電装品と
組み合わせて任意で点灯・消灯があります。

電源の確認用として使う場合には、

単三電池を2本セットしてプラス・マイナスの
配線を差し込んでスイッチを押すだけです。

スイッチ押す=ONとなるので電源が入る
スイッチ離す=OFFとなるので電源が切れる

逆に電装品と組み合わせる場合には、
別売りの開閉スイッチを活用します。

開閉スイッチは磁石を離す・近づけるの
動作で接点が変るもので、

LED電源ボックスと組み合わせることで
電源とスイッチの役割ができます。

開閉スイッチの使い方については
別記事で紹介しているので、

合わせて読んでみてくださいね。

開閉スイッチの使い方

開閉連動スイッチを使用して実際に電装品(LED)を光らせてみよう!
今回の記事では、開閉連動スイッチを使い、実際に電装品(LED)を光らせる方法をご紹介していきます。『開閉連動スイッチの配線方法がわからない』『使い方がいまいちわからない』こんな風に思っている方は、ぜひ今回の記事で参考にしてみてください...

この2つを組み合わせることで、初心者でも簡単に電装品の取り付けが可能となります。

毎月5と0のつく日はポイント5倍

楽天市場でチェック

Amazonプライムデーは対象商品がお得

Amazonでチェック

毎月5のつく日はTポイント還元1%

PayPayボーナスライト4%の合計5%還元

Yahooショッピングでチェック

LED電源ボックス(1891)のメリット

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-09-07T035608.353.png

続いてLED電源ボックスを使う上で、知っておきたいメリット・デメリットについて見ていきましょう。

今回はメリット⇒デメリットの
順で紹介していきます。

まずメリットから。

・単三電池2本で12V電源が確保できる
・電装品と組み合わせるとスイッチでON/OFFができる

メリット1:単三電池2本で12V電源が確保できる

1つ目は単三電池2本で12V電源の確保ができる事です。

本来車の電源というのは、バッテリーだったり。
オーディオ裏から引いてくるのが一般的です。

慣れてくれば難しくはないですが、
初心者にとっては

電源を確保するのって難易度が高いですよね?

特に、失敗のリスクを考えた時。

ショートしたらどうしよう
電装品が壊れたらどうしよう

少なからずこのように考え、
実践に移すことが難しい方がいる事でしょう。

ですが、LED電源ボックスなら電池で電源を
生み出すことができるので、

初心者でもリスクを負うことがありません!

たとえるならサブバッテリーと
でも思えばいいでしょう。

ショートのリスクが少ない。バッテリー上がり
にもならないともなれば、

使って損はない部品と言えるでしょう。

メリット2:電装品と組み合わせるとスイッチでON/OFFができる

2つ目は電装品と組み合わせると
スイッチでON/OFFができることです。

12Vが確保できるという続きですが…

横のスイッチで操作する事で、電装品とつなげた際に任意でONO/FFが可能となります。

電装品を電源以外で操作したい場合に便利です。

LED電源ボックス(1891)のデメリット

LED電源ボックスのデメリットについては

・24Vには使用できない
・電装品と組み合わせて使う場合、スイッチを手動で押す必要がある

デメリット1:24Vには使用できない

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2022-01-08T013217.656.png

逆にデメリットとしては、24Vには使用できないというのがあります。

つまり、ディーゼル車やトラックは
ダメなわけですね。

電池が2本の段階で当然ではあるんですが、
一本当たり9Vなので2本で18V。

=12Vでは使えても24V不可となります。

もし無理やり24Vに使った場合は
流れる電流が変るので、

本体の故障もしくは電装品の
破壊につながります。

なので、容量を守って正しく使う
ことが大切です!

デメリット2:電装品と組み合わせて使う場合、スイッチを手動で押す必要がある

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2022-01-08T013035.213.png

2つ目は電装品と組み合わせて使う場合、スイッチを手動で押す必要があることです。

メリットでは任意で切り替えが可能と言いましたが、それがデメリットになる事もあります。

特に、毎回の切り替えが面倒な人。

本来ならオーディオ裏から電源を取れば、
任意の電源で自動で点灯。

エンジンOFFで一緒に消灯となります。

ですがLED電源ボックスにした場合は、スイッチONの場合はずっと点灯する事になります。

スイッチOFF以外で唯一切れるとなれば、
電池がなくなった時くらいですね…

なら、電源ボックス全然使えなくない?

と思った方!

あるパーツと組み合わせればその
問題を解決できます。

それは、【開閉連動スイッチ】を使うことです。

上記の使い方でも触れましたが、開閉連動スイッチを活用する事で切り替えが可能になります。

ここで簡単に2つをおさらいしてみようね。

LED電源ボックス
・電源の確保(12V)ができる
・スイッチでON/OFFができる
開閉連動スイッチ
・電源を作り出すことはできない
・磁石を近づける・離すことで電装品を点灯消灯できる
悩む人
悩む人

見た感じそれぞれのメリット・デメリットを打ち消す感じかな。

そうだね。2つを組み合わせることで、電源ボックスのスイッチがONの状態でもタイミングでON/OFFが可能になる訳だね。

たとえばドア連動と仮定した場合

スイッチOFF↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-08-07T000817.022.png

スイッチON↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-08-07T000710.345.png

LED電源ボックスと組み合わせた場合↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2022-01-09T021755.522.png

パット見、使えなそうに思うかもしれませんが、
使い方次第でこのように

組み合わせることができます。

特に初心者から始める方にとっては、
小加工で済むので実践してみるといいですよ?

私が勧めるおすすめの使い方!

これで最後なりますが、おすすめの
使い方を見ていきましょう。

LED電源ボックスの使い方。

それは

・電装品の作動確認用として使う
・電装品の電源として活用する

この2つです。

基本的には作動確認用でもいいですが、
せっかくの電源なので

開閉連動スイッチ+LED電源ボックスで
うまく活用しましょう。

おすすめとしては

・ドア開閉連動
・グローボックス証明

この2つですね。

ドア開閉連動

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-08-07T001843.915.png

ドア開閉連動は、名前の通りドアの
開閉具合でLEDを光らせる方法です。

足元やドア下に仕込むことで、
夜間でも明るく照らします。

もう10年ほど前になりますが、免許取り立ての
ころに私自身もよくやっていました。

グローボックス証明

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-08-07T001259.197.png

もう1つはグローボックスに仕込むことです。

グローブボックスの開く箇所付近に
開閉連動スイッチを仕込むことで、

開けた際にLEDが点灯します。

探し物などをする際に、明るく照らすので
夜間でも役立ちます。

記事のまとめ

以上、LED電源ボックスを実際に使った
レビューを紹介しました。

今回の記事を読むとわかる通り、
LED電源ボックスは

・電装品の作動確認用として使う
・電装品の電源として活用する

2つの用途で活用できます。

単体としてはあまり活躍できませんが、組み合わせ次第でカスタムの幅は大きく広がります!

なので今回の記事を参考に、他のパーツと組み合わせて自分で使いやすい方法で活用してみてください。

記事で紹介した商品

今回紹介したパーツは、わかりやすく以下でまとめてあるから参考にしてみてね。

【LED電源ボックス】

毎月5と0のつく日はポイント5倍

楽天市場でチェック

Amazonプライムデーは対象商品がお得

Amazonでチェック

毎月5のつく日はTポイント還元1%

PayPayボーナスライト4%の合計5%還元

Yahooショッピングでチェック

組み合わせて使うと最適な部品

①LED電源ボックス+開閉連動スイッチ

毎月5と0のつく日はポイント5倍

楽天市場でチェック

Amazonプライムデーは対象商品がお得

Amazonでチェック

毎月5のつく日はTポイント還元1%

PayPayボーナスライト4%の合計5%還元

Yahooショッピングでチェック

②LED電源ボックス+開閉連動スイッチ+LED(グローブボックス用)

毎月5と0のつく日はポイント5倍

楽天市場でチェック

Amazonプライムデーは対象商品がお得

Amazonでチェック

毎月5のつく日はTポイント還元1%

PayPayボーナスライト4%の合計5%還元

Yahooショッピングでチェック

LED電源ボックス用(電池)

毎月5と0のつく日はポイント5倍

楽天市場でチェック

Amazonプライムデーは対象商品がお得

Amazonでチェック

毎月5のつく日はTポイント還元1%

PayPayボーナスライト4%の合計5%還元

Yahooショッピングでチェック

(Visited 2 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました