【ハロゲン・LED・HID】ヘッドランプならどれが最適か徹底比較

ヘッドライト
この記事は約5分で読めます。

ヘッドランプにはハロゲン・LED・HIDがあるけど。つけるならどれがいいのかな。選ぶポイントは?

このような悩みはありませんか?

一般的にヘッドランプと言えば夜間に
点灯させる灯火類の一つ。

その種類にはハロゲン・LED・HIDの3つが
あり、それぞれに良し悪しがあります。

そのため一概に『これだ!』ともいえず悩むこともあるでしょう。

実際過去の私も同じように悩んだ経験があります。

明るそうと思って選んでも実際は暗かったり。明るいけど長く持たない。消費電力が意外と高いなど。適当に選んだだけでは失敗のリスクが高まるだけです。

そこでこの記事では、5つのポイントを元にどのバルブが最適なのか比較しながら厳選していきます。

記事を読むことで知識を得ることはもちろん。これから先のバルブ選びのきっかけ作りにも繋がるので参考にしてみてください。

【ハロゲン・LED・HID】ヘッドランプならどれが最適?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: S25%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%96%E3%81%AE%E7%A8%AE%E9%A1%9E%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6-14-1.png

それではまず、タイトルにある【【ハロゲン・LED・HID】ヘッドランプならどれが最適か徹底比較】について。

いきなり〇〇のが最適ですよ〜と言ってもいいのですが、せっかくなので今回は1つづつ比較しながら確認していきましょう。

今回はランプは白に統一した状態で
比較となります。

ヘッドランプの明るさで比較

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-07-03T154440.487-1.png

1つ目はヘッドランプの明るさ比較です。

明るさ=夜間走行においてまず必要
不可欠と言えます。

明るければ安全に走れ、暗ければ視界不良で事故になりやすくなります。

で、結局どれがいいと?

1番はHIDその次はLED→ハロゲンて順番だね。

3つの中では唯一w(電力)の選択ができる
HIDがダントツで1位です。

その次がLED。HIDに比べれば性能は劣るものの、ハロゲンより明るくできるというのが魅力ですね。

最後がハロゲン球。パッと見は明るそうと見えますが、雨天時などはやはり見えにくくなってしまいます。

立ち上がりの良さ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-07-03T155005.764-1.png

2つ目は立ち上がりの良さです。

3つとも使った事がある人ならわかると思いますが、それぞれ点灯までにラグ(時間)が生じます。

・ハロゲンであればじわ〜っとゆっくり。
・ハロゲン程ではありませんが、HIDもゆっくり点灯。

その逆にLEDは瞬時に点灯するので、ゆっくりが嫌な方はLEDが最適です。

消費電力

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-07-03T160838.725-1.png

3つ目は消費電力です。

w(ワット)で表され、点灯時にどれくらい
消費するのかを示します。

・ハロゲンは60w
・HIDは35wor55w
・LEDは28w

LEDに関しては純正で着いてる車に乗ったことがなかったので、使ったことのある社外品で代用しました。

fcl(エフシーエル)のLEDヘッドランプなので消費は28wとなります。

比較するとわかる通り、ダントツでLEDの方が消費が少ないことがわかります。

寿命

4つ目は寿命です。

寿命に関しては消費電力に比例して変わるので、
消費が少ない=長い。消費が大きい=短い。となります。

そうすると自ずと答えは見えてきます。
LED→HID→ハロゲンの順ですね。

使う頻度にもよりますが、

・LEDは1〜30000時間。
・HIDは2〜3000時間ほど。
・ハロゲンは500時間ほど。

LEDが省エネとよく言われる理由も
これで分かりますよね!

交換の難易度

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%B2%E3%83%B3-1.png

5つ目は交換の難易度です。

電球と言えど、それぞれ性能も見た目も変わってくるので、交換の難易度にも影響します。

結果としては

ハロゲンが一番簡単。

LEDもハロゲン同様に交換ができる。

HIDはバラストなど。パーツがほかよりも多く、
取り回しに手間がかかる。

今までの事を簡単にまとめると以下のようになるね。

・明るさ=HID
・立ち上がりの良さ=LED
・消費電力=LED
・寿命=LED
・交換の難易度=ハロゲン

明るさだけで選ぶならHIDがダントツですが、
総合的に考えるとLEDがいいという結果になりました。

ただし、季節(冬)で選ぶならハロゲンがいい?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: S25%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%96%E3%81%AE%E7%A8%AE%E9%A1%9E%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6-15-1.png

ただし、雪の降る季節にはハロゲンの方が
最適となる場合もあります。

どうしてハロゲンなの?

ハロゲンの性能が大きく関わってくるからだね。

ハロゲンならではの性能が関係

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E7%A4%BE%E5%A4%96%E3%81%AEHID%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88-7-1.png

雪の日にハロゲンがいいと言われる理由。それは、レンズが熱をもちやすい為です。

ハロゲン球と言えば、フィラメントに電流を流し電気抵抗により、電球内部の金属の線(繊条(せんじょう))に電気を流す事で点灯する仕組み。

ハロゲン球はその点灯方法により、ライトを明るくすることができます。

ですが、その反面で熱をもちやすくレンズ
周りが熱くなるデメリットがあります。

このデメリットこそが雪の日にはメリットに変わります。

熱をもちやすい=レンズに積もった雪が溶ける。

ということは、ヘッドライトに雪がかぶさって視界が悪くなるのを防ぐことが出来る訳です!

季節に合わせてバルブを使い分けるのがおすすめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E7%A4%BE%E5%A4%96%E3%81%AEHID%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88-8-1.png

そのため、雪の日にはHIDやLEDよりも
ハロゲンが使いやすいと言えます。

ただ、雪の季節以外では消費電力が高いだけのバルブになってしまうので、

面倒でなければ季節によって使い
分けるのも1つの手ですね!

ヘッドランプごとの性能を理解して自分に合ったものを使おう!

以上、【ハロゲン・LED・HID】ヘッドランプならどれが最適か徹底比較について解説しました。

今回の記事のおさらいです。

・明るさ=HID
・立ち上がりの良さ=LED
・消費電力=LED
・寿命=LED
・交換の難易度=ハロゲン

明るさで選ぶならHIDがおすすめ。
総合的ならLEDが最適。

それぞれ性能によって良し悪しがあるので、
自分に合ったバルブ選んでみましょう!

次はHIDが暗く感じる原因についても確認してみよう。

(Visited 1,338 times, 1 visits today)